details-banner

農業とその関連活動

農業市場調査レポート

農業はこの1万2千年の間に非常に大きな進化を遂げ、人類の文明は石器時代から産業時代まで農業を中心に発展してきました。現代では、農業は全体的に広い産業となっており、農薬、養鶏、園芸、養蚕、酪農、畜産など、さまざまなカテゴリーがこれに該当します。

北米のオレンジ市場 - 成長、動向、予測(2020年 - 2025年)
By Mordor Intelligence
in Agriculture and Allied Activities
July, 2023
北米の植物成長調整剤市場 - 成長、動向、予測(2020 - 2025)
By Mordor Intelligence
in Agriculture and Allied Activities
July, 2023
北米の有機肥料市場:成長、動向、予測(2020~2025年)
By Mordor Intelligence
in Agriculture and Allied Activities
July, 2023
北米の米市場:成長、動向、予測(2020年 - 2025年)
By Mordor Intelligence
in Agriculture and Allied Activities
July, 2023
北米のチアシード市場 - 成長、動向、予測 (2020 - 2025)
By Mordor Intelligence
in Agriculture and Allied Activities
July, 2023
北米のオリーブ市場:成長、動向、予測(2020年 - 2025年)
By Mordor Intelligence
in Agriculture and Allied Activities
July, 2023
北米のバイオ農薬市場:産業の成長、動向、予測(2020~2025年)
By Mordor Intelligence
in Agriculture and Allied Activities
July, 2023

農業産業ー数多くのチャンスに恵まれた領域

農業はこの1万2千年の間に非常に大きな進化を遂げ、人類の文明は石器時代から産業時代まで農業を中心に発展してきました。現代では、農業は全体的に広い産業となっており、農薬、養鶏、園芸、養蚕、酪農、畜産など、さまざまなカテゴリーがこれに該当します。

様々なパラメータについて網羅的な農業市場調査を提供している企業があります。農業市場調査報告書を作成する際に行われる調査には、様々な種類があります。その要因の一部は以下のとおりです―

1. 一次調査

一次調査とは、ターゲットとなる市場に様々な方法で直接出向いて収集する調査のことです。プライマリーリサーチから得られる結果には、次の2種類があります-

  • 探索的な情報ーこれは、まだ明確に定義されていない問題の本質を見極めるものです。
  • 結論ありきの情報ーこれは、探索的調査から明らかになった問題を解決するために実施さ れます。

この方法は、一度に多数の人の意見を聞くのに適しています。インタビュアーは、回答を蓄積し、これらの回答を記録する方法を準備しなければなりません。アンケートは、参加者がインタビュアーに同席する必要がないため、一次調査を実施するための顕著な方法です。

2. 二次調査

二次調査とは、過去に蓄積・分析・公表されたデータを活用することです。ほとんどの情報は自由に入手できますが、そのため、この種の調査に関連するコストは少なくなります。二次調査は通常、一次調査活動の準備として行われます。また、大量の情報を手作業で管理するのは骨が折れるため、大規模なデータセットを扱える記録ソリューションに必要なロジスティクス計画もあります。二次調査にも一次調査にもデメリットとメリットがありますが、この2つはセットで使うのがベストです。

3. 定性調査

定性市場調査は、非数値的で測定が困難な二次データおよび一次データの蓄積です。調査者がこのタイプの市場調査を行うのは、一般的にデータに深みを持たせるためです。質的市場調査は、新しく発売された製品やサービスに対する最新のターゲット市場の反応を分析するために行われることがあります。

4. 定量調査

定量調査とは、二次データまたは一次データの収集のことで、数値的な性質があり、簡単に収集することができます。調査者がこの市場調査を行う理由は、数値や事実の証拠に基づく歴史的なベンチマークを提供することができるからです。さらに、調査、世論調査、ウェブ統計、机上調査、財務記録など、本質的に探索的なデータを収集する方法は数多くあります。これは、調査者が仮説を探求するために必要な知識の基礎を作るものです。

5. ブランディング調査

ブランディング市場調査は、企業のブランドを管理し、創造し、維持するためのアイデアを提供します。調査は、調査、インタビュー、フォーカスグループなど、さまざまな方法で実施することができます。この調査では、次のような点を理解するよう努めます。―

  • 他の競合他社と比較して、ブランドはどのように機能しているのですか?
  • ブランド活動を改善できる部分は何ですか?
  • ブランドのイメージを高めるためにアピールすべきポジティブな点は何ですか?

6. 顧客調査

顧客市場調査では、ターゲットとなる顧客に与える主な影響と、企業が売上を上げるためにどのように変革や変化をもたらすことができるかを調べます。調査の目的は、以下の点についてお客様を理解することです。―

  • 顧客満足度: 顧客の満足度が高ければ高いほど、顧客維持率を高めることができます。
  • 顧客ロイヤルティ: 顧客の経験、特に顧客ロイヤルティの向上につながる経験を調査します。
  • 顧客セグメンテーション調査: 顧客は誰なのか、その行動や嗜好、共通の特徴などを明らかにします。

7. 競合他社調査

競合他社の市場調査は、競合他社、その弱点、強みを理解することが目的です。また、競合の提供する商品や新しい市場にアプローチするための戦略についても調査することができます。この調査の目的は、組織を際立たせる方法を分析し、顧客の好みに応じて健全な将来戦略を立てることです。

8. 商品調査

製品市場調査は、サービスや製品が発売時に適しているかどうか、またその性能はどうなのかを確認するための有力な手段です。リサーチの目的は、その製品が顧客にどのように認知されているかを確認することです。製品調査の対象となる多くの領域は、以下のように書かれています。―

  • 製品のブランディング: 製品のデザインやブランドは、望ましい形で顧客を惹きつけることができますか?
  • プロダクトデザイン思考: 顧客の問題を解決するソリューションとは何ですか?
  • 製品の機能テスト: 開発初期や開発の各工程で、改良された機能や新しい機能に対して肯定的な反応があるかどうかを確認するために行われることがあります。
  • 製品のマーケティング: マーケティング機能は、製品の販売に役立っていますか?

この他にも、農業界では様々な慣行があり、その中には飛躍的に発展したものもあります。

  1. 農薬―それは農業産業の下位部分です。世界の農薬市場は、2022年には2,240億ドルに達すると予想され、3.1%のCAGRで成長することにより、今後数年間で約2,810億ドルに達すると予想さ れます。
  2. 水産業―水産加工品および魚類市場の売上は、2022年に180億米ドルを達成しました。魚のマーケティングは、農家から消費者への魚製品または魚のプロセスにおけるすべての活動を含みます。
  3. 酪農―乳牛の繁殖、飼育、乳製品を生産する農業の一分野です。世界の乳製品市場は、2022年には約8,940億米ドルとなり、5.8%のCAGRで成長すると予想されています。
  4. 畜産業―それは、繁殖の手段によって人間が望む品質を向上させることを伴う、家畜の制御された栽培、管理、生産の過程で す。
  5. 養蚕―養蚕とは、蚕を育て、そこから絹を取り出す作業です。家蚕の毛虫であるBombyx Moriは、養蚕で広く使用されているカイコの種です。 世界のシルク市場は、2022年に170億米ドルと評価され、281億米ドルに達すると予測されています。
  6. 園芸―それは、価値の高い栽培された観賞用および食用植物品種の持続可能な生産、マーケティング、および使用の開発の科学です。世界の園芸市場は、2021年に210億米ドルと予測され、今後数年間で約420億米ドルに達すると予測されています。

農業産業の市場規模、シェア、成長の視点 ―

世界の農業市場は、2022年の12,222億米ドルから、今後数年間で約13,200億米ドルに成長しました。

農業は、世界のGDP(国内総生産)の4.1%を占め、経済成長にとって極めて重要です。実際、後発開発途上国の中には、農業がGDPの25.1%以上を占めている国もあります。

農業産業の市場プレーヤー―

農業市場の主要企業には、以下の企業が含まれますー

  1. Cargill Incorporated
  2. Dairy Farmers of America
  3. Bayer AG
  4. Bunge Limited
  5. WH Group Limited
  6. Wens Foodstuff Group Ltd
  7. Charoen Pokphand Foods PCL
  8. Corteva Inc
  9. Olam International

日本の農業では、Root Inc.が有名で、Ferma.ge、Aroma Bit、Citi inspire the mind、Water Design Japanなどです。

アグリ業界の傾向分析 ―

アグリ業界の最新動向として、以下のようなものがあります:

  1. 衛星データがアグリテックの進歩を促進することが期待さ れます。
  2. 農業におけるクラウドコンピューティングの影響はますます大きくなる可能性があります。農業ビジネスが多数のテクノロジーソリューションを効率的に管理できるようになります。
  3. 高速5Gネットワークが世界のアグリエコシステムをつないでいます。
  4. アグリ・エコシステムの統合が進んでいます。
  5. 人工知能の融合は、今後もバズワードであり続ける可能性があります。その一例として、以下のようなものがあります。
    • Arva intelligenceは、AIを活用したプランニングを提供します。
    • Ask Attisは、植物の病気検知に特化しています。
  6. ドローンは、農場の生産性を高め、コストを削減するために大いに活用さ れます。
  7. 制御された環境での農業は、いくつかの企業によって実施されています。例えば、米国のスタートアップであるOne Point Oneは、垂直エアロポニックスに特化しています。

アグリ産業の地域別データ網羅―

農業および食品関連産業は、米国のGDPに約1.262兆米ドルの貢献をしています。

農業部門は、EUのGDPに約1850億ユーロの貢献をしています。

農業レポート市場分析 ―

農業分野の市場調査は、市場のすべての重要なパラメータを作成するための全体的なアプローチです。これらの調査報告書には、市場に関連する様々な情報が記載されており、市場プレーヤーが市場の複雑さを理解するのに役立ちます。

よくある質問(FAQ)

農業市場調査では、信頼できる情報源から農業セクターに関する重要な情報を収集し、その重要な分析を図解で提示します。これは主に、企業が現在の市場動向を理解し、成長に向けた実りある戦略を策定できるようにすることを目的としています。

農業産業は、食料を供給するだけでなく、世界人口の大きな割合に雇用を生み出します。市場に関する洞察は、生産性を向上させるための費用対効果の高い技術を生み出すのに役立ちます。SDKI は、企業が抱える問題の解決策を見つけ、日本だけでなく海外にも市場を拡大できるよう支援することに尽力しています。

日用消費財市場は、2035 年までに世界で約 36,7881 億米ドルに達すると推定されています。

農業市場は、タイプ、性質、流通チャネルに基づいて分類されています。タイプに基づいて、畜産物、農作物生産、農村活動の 3 つのセグメントに分類されています。本質的に、それはオーガニックと従来型に分類されます。流通チャネルごとに、電子商取引、スーパーマーケット、食品小売店、その他のサプライチェーンに分類されています。

農業の主なプレイヤーは、Cargill Incorporated, Corteva Inc., Dairy Farmers of America, Bayer AG, AGCO Corporation, Agribotix LLC, Charoen Pokphand Foods PCL, WH Group Limited, Trimble inc., Bunge Limited, Wens Foodstuff Group Co. Ltd., Olam International, および Land O'Lakes Inc., などです。

農業市場の主なトレンドには、収量生産性を高めるための精密農業、垂直農業、水耕栽培などの持続可能な農業法の導入が含まれます。また、作物栽培にはロボット、ドローン、自動トラクターを、食料生産には 3D プリントを採用することも、農業市場の主要なトレンドです。

人口の急速な増加と食料および農産物の輸出額の最高額により、アジア太平洋地域の農業市場は2035年までに最大のシェアを占めると予想されています。この分野への政府投資の増加により、ヨーロッパ市場と北米市場がこれに続きます。

我々の顧客

hitachi
accenture
sony
kyocera
dupont
tuot
sumitomo-electric
huawei
nichia
nissan
agc
panasonic
itri
toppan
fujifilm
lixil
nitto
akebia
Facebook
Twitter
LinkedIn