お好きな市場調査レポートを10%割引でご購入いただけます。
Booklet
  • Dec 2023
  • 2023-2035年
  • 48-72営業時間
品質と信頼の証
Certified 27001 2013
scotland-accredited
certified-iso-9000

ペクチン市場調査ーソース別(シトラスフルーツ 、シュガービート、 その他)、アプリケーション別(パーソナルケア、食品・飲料、医薬品 、その他)および地域別ー予測2023-2035年

ペクチン 市場規模

ペクチン市場規模とシェアは、2022年に約10億米ドルを獲得しており、予測期間中に約 8% の CAGR で成長すると予想されます。さらに、世界のペクチン市場調査分析によると、2035 年までに約30億米ドルに達すると予想されています。

1702987143_1057.pectin-market.webp
この市場とその成長に影響を与えたレポートが必要ですか? PDFをダウンロード

ペクチン 市場分析

ペクチンは植物由来の水溶性食物繊維で、白色や淡褐色の粉末として食品に使用するために製造されます。また、医薬品の原料としても使用されることがあります。腸内で物質を結合させ、便のかさを増やす働きがあります。当社の調査によると、医薬品、化粧品、食品、飲料などの産業におけるペクチンの多様な用途が、調査対象市場の成長に寄与しています。伝統的に、ペクチンはジャムやゼリーのゲル化剤として使用されています。ペクチンの主な用途は、ジャム、ゼリー、マーマレードです。技術の進歩に伴い、調査した市場のプレーヤーも様々な用途に適したペクチンを開発しています。例えば、CP KelcoのGENUペクチンは、天然由来の皮膚感触補助剤、安定剤、pHバランス成分として、パーソナルケアおよび美容市場で地位を確立しています。

ペクチン市場の主要な動向

2022年3月、世界的な自然由来成分のコンサルタント会社であるCP Kelcoと、食品素材のスタートアップであるShiru, Inc.は、精密さを活かした植物性タンパク質の発見と開発の成功を通じて、発酵技術の普及のために、より持続可能なフードシステムへの移行を促す新たなパートナーシップを開始したと発表しました。

2022年7月、Herbstreith & Fox Group of companiesは、新たに「Pectin Classic AS 519」を発売しました。グミキャンディーの製造に使用されます。その機能は、酸やミネラルなどの難しい成分にも柔軟に対応します。

ペクチン市場の成長要因

ペクチンは、本物の果物や野菜から抽出されるハイドロコロイドの一種です。多くの消費者は、動物性のゼラチンではなく、果物由来のペクチンのような植物性原料を好み、クリーンな風味を好むため、市場の成長を後押ししています。ペクチンメーカーは、加工食品メーカー向けにクリーンラベルの原料を提供する取り組みを行っています。例えば、デュポン社は、カルシウム塩の必要性をなくし、ラベルをきれいにする還元フルーツスプレッド、ジャム、アイスクリーム用のペクチンを提供しています。クリーンラベルの原料は、健康に役立ち、地球にも優しいと認識されているため、世界中の消費者の間で人気が高まっています。消費者は、自然で、認識しやすく、シンプルで、加工度の低い原材料を含む製品を優先しています。例えば、2021年6月、国際食品情報評議会(IFIC)によると、米国の消費者の64%がクリーンな原材料を使用した食品を好み、成人の63%が食品・飲料製品に含まれる原材料が自分の購買行動に少なくとも中程度の影響を及ぼすと回答しています。

さらに、消費者は人工的な合成成分や加工された不自然な食品がもたらす悪影響についてますます認識するようになり、食品・飲料メーカーがよりクリーンでオーガニック、より自然な原料を選び、食品成分に関する透明性を提供することができるようになってきています。さらに、消費者はクリーンラベルの食品を、シンプルでわかりやすく、健康的で、保存料や人工添加物を含まない原材料と結びつけて考えています。そのため、食品の保存性を向上させ、加熱時に製品を保存するために、食品加工における増粘剤、ゲル化剤、テクスチャライザー、安定剤として、ペクチンなどの天然保存料の需要が高まっている。食品・飲料メーカーにおけるクリーンラベル原料やペクチンのような天然食品添加物に対する需要の高まりと、食品における天然添加物の使用を推奨するさまざまな政府機関の規制が、調査期間中の市場の成長を後押ししています。

ペクチン市場の課

ペクチンは食品・飲料業界で広く使用されているため、FDAや欧州連合などの規制機関が課す厳しい規制の対象となっています。このような規制は、ペクチンメーカーのコンプライアンスコストを増加させることにより、市場の成長に影響を与える可能性があります。

1702987143_1499.pectin-market-size.webp

サンプル納品物ショーケース

この市場の主要な成長要因のいくつかを理解します。 PDFをダウンロード

ペクチン 市場レポートの洞察

 主要な市場の洞察

 CAGR

 8%

 予測年

 2023-2035年

 基準年 

 2022年

 予測年の市場価値

 約30億米ドル

世界のペクチン市場のセグメント

ソースに基づいて、2035年末までに最大の市場シェアを占めると予想されるのが、シトラスフルーツセグメントで す。オレンジ、レモン、グレープフルーツなどの柑橘類はペクチンを豊富に含んでおり、商業的なペクチン生産に広く利用されています。シトラスペクチンは、ゲル化剤、増粘剤、安定剤として、食品・飲料業界で広く使用されています。天然成分です。ジャム、ゼリー、フルーツフィリング、焼き菓子の製造に広く使用されています。今日、人々は、ほとんどが天然素材やオーガニック製品を含む食品を好んでいます。国際食品情報評議会(IFIC)によると、2021年6月時点で、米国の消費者の64%が天然物から作られた食品を好み、成人の63%が、少なくとも健康に中程度の効果をもたらす食品・飲料成分を好むようになるということであります。

アプリケーションに基づいて、ペクチンは、ゲル化剤、増粘剤、食品安定剤として食品産業で使用されているため、食品・飲料セグメントが最も高いシェアを占めています。また、ジャムやマーマレードのシネレシス低減や、低カロリージャムのゲル強度向上にも役立っています。ペクチンはジャムの0.8~1%を占めます。

 ソース別

  • シトラスフルーツ
  • シュガービート
  • その他

 アプリケーション別

  • パーソナルケア
  • 食品・飲料
  • 医薬品
  • その他

世界のペクチン市場の地域概要

予測期間中に、ペクチン市場で、ヨーロッパ地域が最大のシェアを占めると予想されます。同市場の成長は、ベーカリー製品やジャム・ゼリーの消費拡大とともに、コンビニエンスフードや無酸ミルクドリンクへの幅広い需要に起因していると考えられます。さらに、この地域では菜食主義者の人口が増加していることも、市場を形成しています。例えば、英国では肉食を控え、ビーガンや植物性の食事に切り替えているため、ペクチンなどの植物性化合物の需要が高まっています。同様に、近年では、ペクチンの多様な用途と特性により、ロシアの食品産業における開発と応用が市場を牽引しています。

北米地域の市場は、予測期間中に大きな市場シェアを占めると推定されます。ペクチンはマシュマロ、ゼリー、ジャムの製造に主に使用され、また、同国は柑橘類の生産によりペクチンのハブとなっています。また、ペクチンは、血糖値の低下、腸内環境の改善、コレステロール値の低下など、さまざまな健康効果があるといわれています。これらの利点が、北米におけるペクチンの需要拡大に寄与しています。Journal of Agricultural and Food Chemistryに掲載された研究によると、ペクチンは低グリセミック指数食品の開発において機能性成分として使用することができます。

 北米

  • 米国
  • カナダ

 ヨーロッパ

  • ドイツ
  • フランス
  • イギリス
  • イタリア
  • スペイン
  • オランダ
  • ロシア
  • その他のヨーロッパ

 アジア太平洋地域

  • 中国
  • 日本
  • インド
  • 韓国
  • オーストラリア
  • シンガポール
  • その他のアジア太平洋地域

 ラテンアメリカ

  • ブラジル
  • アルゼンチン
  • メキシコ
  • その他のラテンアメリカ

 中東とアフリカ

  • GCC
  • イスラエル
  • 南アフリカ
  • その他の中東とアフリカ

アジア太平洋地域の市場は、予測期間中に、控えめな市場シェアが見込まれます。アジア太平洋地域には、中国、インド、日本など、世界最大級の食品・飲料市場が存在します。ペクチンは多くの食品に含まれる重要な成分であるため、同地域の食品・飲料産業の成長はペクチンの需要を押し上げると予想されます。統計によると、食品・飲料産業はペクチンの最大消費者で50%のシェアを占めており、アジア太平洋地域は食品・飲料の消費量が最も伸びている地域です。食品における機能性成分や天然成分の需要の高まりが、この地域におけるペクチンの需要を押し上げると予想されます。

日本では、ペクチンは様々な医薬品に使用されるため、製薬業界によって市場が大きく牽引されています。日本では、いくつかの製薬会社がペクチンベースの医薬品を製造・販売しています。例えば、武田薬品工業はファクトイドと呼ばれるペクチンベースの便秘薬を製造しています。この製品はペクチンや他の天然繊維を含み、便秘の治療に使用されます。

ペクチン 調査の場所

北米(米国およびカナダ)、ラテンアメリカ(ブラジル、メキシコ、アルゼンチン、その他のラテンアメリカ)、ヨーロッパ(英国、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、ハンガリー、ベルギー、オランダおよびルクセンブルグ、NORDIC(フィンランド、スウェーデン、ノルウェー) 、デンマーク)、アイルランド、スイス、オーストリア、ポーランド、トルコ、ロシア、その他のヨーロッパ)、ポーランド、トルコ、ロシア、その他のヨーロッパ)、アジア太平洋(中国、インド、日本、韓国、シンガポール、インドネシア、マレーシア) 、オーストラリア、ニュージーランド、その他のアジア太平洋地域)、中東およびアフリカ(イスラエル、GCC(サウジアラビア、UAE、バーレーン、クウェート、カタール、オマーン)、北アフリカ、南アフリカ、その他の中東およびアフリカ)

1702987143_4166.pectin-market-share.webp
重要な地理市場に関する分析を取得します。 PDFをダウンロード

競争力ランドスケープ

ペクチン市場の主なプレーヤー・メーカーには、DuPont Nutrition & Health、FMC Corporation、CP Kelco、Cargill Inc. 、Herbstreith & Fox、Devson Impex Private Limited、Yantai Andre Pectin Co. Ltd.、B&V srl. などがあります。この調査には、世界のペクチン市場におけるこれらの主要企業の詳細な競合分析、企業プロファイル、最近の動向、および主要な市場戦略が含まれています。

ペクチン 主な主要プレーヤー

主要な市場プレーヤーの分析

1
CP Kelco
2
Tate & Lyle
3
Cargill Incorporated
4
DuPont
5
DSM
6
BASF SE
7
Lonza
8
Glanbia Plc
9
ADM
10
Lallemand
Graphs
Source: SDKI Analytics

目次

目次

我々の顧客

nitto
nitto
nitto
nitto
nitto
nitto
nitto
nitto
nitto
nitto
nitto
nitto
nitto
nitto
nitto
nitto
nitto
nitto
Facebook
Twitter
LinkedIn