お好きな市場調査レポートを10%割引でご購入いただけます。
Booklet
  • Sep 2023
  • 2023-2035年
  • 48-72営業時間
品質と信頼の証
Certified 27001 2013
scotland-accredited
certified-iso-9000

幼児置き去り検知システム市場調査―センサータイプ別(レーダーセンサー、 圧力センサー、 超音波センサーおよびその他)販売チャネル別(OEM、アフターマーケット)車両推進別(セダン、SUV、 ハッチバックおよびその他)車両タイプ別(電気自動車、 ICE車両)および地域別ー予測2023-2035年

幼児置き去り検知システム 市場規模

幼児置き去り検知システム市場は2022年に900百万米ドルの市場価値から、2035年までに5,370百万米ドル達すると予測されています。幼児置き去り検知システム市場は2023 -2035年間に 40% の CAGR で成長しています。

1681887716_1469.Child Presence Detection Systems Market Report
この市場とその成長に影響を与えたレポートが必要ですか? PDFをダウンロード

幼児置き去り検知システム 市場分析

幼児置き去り検知システムは、車内に子どもがいることを検知し、音声と映像でドライバーに警告する安全システムです。さまざまなセンサーを使用して車内の子供の存在を検出し、シートベルト リマインダーなどの他の安全システムと組み合わせて使用​​できます。子どもの安全を確保するための先進的なソリューションへの人気が高まりが幼児置き去り検知システム市場領域の成長を促進する主な要因です。監視されていない子供のホットカー死亡を回避するために、「子供の存在検出」システムを義務付ける可能性があります。衝突試験を評価する欧州新車評価プログラム(Euro NCAP)は、2022年以降、子供の存在を検出するための評価を提供することをすでに発表しています。これらの評価では、車内に残された子供を検知し、所有者や救急隊に通知して死亡事故を回避する機能を備えていることが必要です。

市場の主要な動向

XP Semiconductors と Foxconn Industrial Internet Ltd. は2021 年 12 月 20 日に戦略的パートナーシップにより、自動車が究極のエッジ デバイスに変わります。このパートナーシップは、自動車のインテリジェント化、コネクテッド化、セキュア化を実現する次世代の自動車用エッジコンピューティング技術およびプラットフォームの開発に重点を置くものです。

Continental AG は、2021年10月13日にキャビン センシング技術のソリューションを開発しました。新しいバージョンには、安全性を強化するインテリア センサーが搭載されています。新しいシステムの一部として、カメラデータはレーダーセンサーとインテリジェントアルゴリズムと組み合わされ、車内全体をカバーすることを可能にしています。

成長要因

子供の安全とセキュリティに対する需要の高まりと、車に閉じ込められた子供が関与する事故の増加は、幼児置き去り検知システム市場領域の成長を促進する主な要因です。米国では2020年に12歳以下の子ども同乗者の死亡が607人、負傷が63,000人以上を記録したことが確認されています。事故死した子どもの約38%は固定されていなかった。親が子どもを一人で車内に残すことの危険性を認識するようになった、そのため、子どもの安全を確保するために、幼児置き去り検知システム導入しています。このシステムは、子どもが車内に置き去りにされたことを検知し、保護者や救急隊にいち早く通報することで、危害の可能性を未然に防ぐことができます。さらに、センサーと無線通信ネットワークの技術的進歩と保育サービスの需要の高まりも幼児置き去り検知システム市場領域の成長を促進する主な要因です。

課題

検知システムのコストが高いことが、幼児置き去り検知システムの市場成長を阻害する要因のひとつになると予想されます。例えば、幼児置き去り検知システムは、ASME(アメリカ機械学会)やSAE(自動車技術会)などの国際規格に準拠する必要があります。その結果、幼児置き去り検知システムを製造するために使用される高品質の原材料とコンポーネントは、より高価になります。幼児置き去り検知システムのメリットに関する認知度の低さ、技術的な複雑さによる正確なデータの取得の難しいことも市場成長を阻害する要因になると予想されます。

1681887716_6809.Child Presence Detection Systems Market Size

サンプル納品物ショーケース

この市場の主要な成長要因のいくつかを理解します。 PDFをダウンロード

幼児置き去り検知システム 市場レポートの洞察

 主要な市場の洞察: 

 CAGR 

 約40% 

 予測年 

 2023-2035年 

 基準年 

 2022年 

 予測年の市場価値 

 約5,370百万米ドル

幼児置き去り検知システム市場セグメント

センサータイプに基づいて、幼児置き去り検知システムにおけるレーダーセンサーセグメントは、2035年までに最大の市場シェアを占めると予想されています。このセンサータイプの需要は、歩行者、物体、および車両を正確に検出できるため、増加すると予想されます。レーダーセンサーは航続距離が長く、悪天候でも物体を検知できるため、幼児置き去り検知システムに適しています。たとえば、極端な環境で最大 60 メートルの距離を測定する最小のレーダー センサーは、狭いビーム コーンのみを使用して、非常に長い測定範囲を可能にします。さらに、レーダーセンサーはカメラなど他のセンサーに比べて消費電力が少ないため、エネルギー効率やコスト面でも優れています。さらに、レーダーセンサーは信頼性と耐久性に優れ、メンテナンスも非常に少なくて済みます。そのため、近い将来、幼児置き去り検知システム市場を支配すると予想されます。

販売チャネルに基づいて幼児置き去り検知システムにおけるOEMサブセグメントは、2035年までに最大の市場シェアを占めると予想されています。このサブセグメントの成長の主な理由は、特に発展途上国において、子ども向けの安全対策への需要が高まっていることです。OEMは、他の販売チャネルよりも低コストで高品質な製品を製造することができるため、このような需要に対応するのに適しています。OEMは一貫して、幼児置き去り検知システムにおけるを専門とする企業と提携しています。これにより、消費者がより簡単に技術にアクセスし、使用することができるよう、製品に組み込まれた形で技術を提供することができます。例えば、2022年9月、低公害レーダーによる車両乗員監視システムを開発するCAARESYS社は、自動車、消費者、企業市場向けのコネクテッドテクノロジーを専門とするHARMAN International社に買収されています。CAARESYSは、大手OEMとのパートナーシップの成功の結果、バイタルサイン検出、乗客のローカライズ、幼児置き去り検知など、客室モニタリングの量産ソリューションを提供しています。

 センサータイプ

 販売チャネル

  • OEM
  • アフターマーケット

 車両推進別

  • セダン
  • SUV
  • ハッチバック
  • その他

 車両タイプ別

 

市場地域概要

アジア太平洋地域は、予測期間中に最も速い速度で成長するはずであるため、幼児置き去り検知システム最も有利な機会を提供すると予想されます。2035 年まで、アジア太平洋地域の市場は 約 37% CAGRで成長すると予想されます。この地域の成長は、子どもの安全およびセキュリティソリューションに対する需要の増加、子どもに関連する事件の増加、子どもの安全およびセキュリティソリューションの導入の増加に起因しています。さらに、車線逸脱警報などの安全装備の存在感を高めたこと、高級車のブラインドスポットディテクションやチャイルドプレザンスディテクションシステム、また、日本や中国では政府のインセンティブによりEVの導入が進んでいることが、アジア太平洋地域における幼児置き去り検知システム市場の成長を促進すると予想される主要因です。例えば、日本では、軽自動車の低価格化により、電気自動車の販売が急拡大しています。日本では、2023 年 3 月に終了した 1 年間に 77,230 台の電気乗用車が販売され、前年度の 3 倍を記録しました。

 北米 

  • 米国 
  • カナダ 

 ヨーロッパ 

  • ドイツ 
  • フランス 
  • イギリス 
  • イタリア 
  • スペイン 
  • オランダ 
  • ロシア 
  • その他のヨーロッパ 

 アジア太平洋地域 

  • 中国 
  • 日本 
  • インド 
  • 韓国 
  • オーストラリア 
  • シンガポール 
  • その他のアジア太平洋地域 

 ラテンアメリカ 

  • ブラジル 
  • アルゼンチン 
  • メキシコ 
  • その他のラテンアメリカ 

 中東とアフリカ 

  • GCC 
  • イスラエル 
  • 南アフリカ 
  • その他の中東とアフリカ 

北米地域も、予測期間中に世界市場の収益で大きなシェアを占めると予想される地域です。この地域は、親や介護者が子供を無人の車に乗せることの関連リスクに対する認識を深めているため、2022年には市場の約28%の売上シェアを占めています。また、政府やNGOが様々な啓発キャンペーンを展開し、問題意識の浸透を図っています。さらに、この地域では、働く親が増加していることが、市場を牽引しています。保育の需要が高まり、より効率的に子どもを保護する方法が求められています。社会進出する親が増える中、留守中の子どもの安全や面倒を見る方法を模索しています。

ヨーロッパ地域も幼児置き去り検知システム市場で著しい成長を示すと予想されるもう 1 つの地域です。ヨーロッパの幼児置き去り検知システム市場は、保護者の安全に対する懸念の高まり、モノのインターネット (IoT) の普及、スマート ホーム システムの需要の増加により、予測期間中に最大 18% の成長を示すと予想されます。さらに、この地域の政府は、子供の保護に関する意識を高め、自動車の安全性を向上させるための取り組みを行っており、これが市場の成長をさらに後押ししています。たとえば、自動車の安全性能の評価は、ベルギーのルーベンに拠点を置く欧州新車評価プログラムによって実施されます。実際の事故を想定した複数のテストに基づき、新車の安全性能を評価するものです。これらのテスト結果は比較されて公表され、消費者にさまざまなクルマの安全性を伝えるのに役立っています。

幼児置き去り検知システム 調査の場所

北米(米国およびカナダ)、ラテンアメリカ(ブラジル、メキシコ、アルゼンチン、その他のラテンアメリカ)、ヨーロッパ(英国、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、ハンガリー、ベルギー、オランダおよびルクセンブルグ、NORDIC(フィンランド、スウェーデン、ノルウェー) 、デンマーク)、アイルランド、スイス、オーストリア、ポーランド、トルコ、ロシア、その他のヨーロッパ)、ポーランド、トルコ、ロシア、その他のヨーロッパ)、アジア太平洋(中国、インド、日本、韓国、シンガポール、インドネシア、マレーシア) 、オーストラリア、ニュージーランド、その他のアジア太平洋地域)、中東およびアフリカ(イスラエル、GCC(サウジアラビア、UAE、バーレーン、クウェート、カタール、オマーン)、北アフリカ、南アフリカ、その他の中東およびアフリカ)

1681887716_8957.Child Presence Detection Systems Market Share
重要な地理市場に関する分析を取得します。 PDFをダウンロード

競争力ランドスケープ

幼児置き去り検知システム市場の主なプレーヤー・メーカーにはXP Semiconductors、Foxconn Industrial Internet Ltd.、HARMAN International、Optiv PLC、Continental AG、Robert Bosch GmbH、ZF Friedrichshafen AG、vale、Infineon Technologies AG、Magna International AGです。この調査には、世界の幼児置き去り検知システム市場におけるこれらの主要企業の詳細な競合分析、企業プロファイル、最近の動向、および主要な市場戦略が含まれています。 

幼児置き去り検知システム 主な主要プレーヤー

主要な市場プレーヤーの分析

1
XP Semiconductors
2
Foxconn Industrial Internet Ltd
3
HARMAN International
4
Optiv PLC
5
Continental AG
6
vale
7
Robert Bosch GmbH
8
ZF Friedrichshafen AG
9
Infineon Technologies AG
10
Magna International AG.
Graphs
Source: SDKI Analytics

目次

目次

我々の顧客

nitto
nitto
nitto
nitto
nitto
nitto
nitto
nitto
nitto
nitto
nitto
nitto
nitto
nitto
nitto
nitto
nitto
nitto
Facebook
Twitter
LinkedIn