One Stop Solution For In-Depth Market Research Reports

詳細な市場調査レポートのワンストップソリューション

Home    >    AGRICULTURE AND ALLIED ACTIVITIES   >   Japan Floriculture Market

[ 英語タイトル ] 日本の花卉栽培市場:成長、動向、予測(2020~2025年)


製品コード : MDAG0083353
調査 : Mordor Intelligence
公開 : 14, June, 2022
調査 : Mordor Intelligence
カテゴリー : Agriculture and Allied Activities
レポート形式 : PDF
販売価格オプション(消費税込み)
シングルユーザー USD3250 / 質問形式
法人ユーザー USD3750 / 質問形式
エンタープライズユーザー USD6500 / 質問形式

[レポートの説明]

日本の花卉栽培市場は、予測期間(2020-2025)にわたって2.3%の安定したCAGRで成長すると予測されています。日本市場では、生産者や他国の輸出業者が切り花や植物を卸売市場で取引し、小売業者がこれらの製品を購入して消費者に販売しています。切り花は日本の花卉栽培部門における輸入の最大の部分を占めており、切り花の輸入は長年にわたって継続的に増加しており、特に花瓶の寿命を改善した品種の入手可能性のために菊やカーネーションなどの花について

主な市場動向

若い農家が花の栽培を取り上げている

日本では商業世帯農家が減少する一方で、花畑を営む若い農家が増えています。花の生産に携わっているのは45歳未満の割合で、稲作に携わる人の約2倍です。現在の日本の年齢の中央値が46歳前後であることを考慮すると、若者が花卉栽培市場に積極的に関わっており、国内市場の発展に大きな役割を果たす可能性が高いことが明確に表れています

球根植物の下での面積の減少

耕作面積の減少は、これらの種類の作物の生産と輸出量の減少につながり、したがって、市場規模は今後数年間で減少すると予想されます。新潟県は、球根植物の栽培面積が全国各都道府県の中で最大規模です。オランダ、ニュージーランド、フランスが2017年の日本へのこれらのタイプのプラントの主要な輸出国であり、オランダ、ブラジル、中国は日本からの球根植物の主要輸入国でした

このレポートを購入する理由:

- エクセル形式の市場予測(ME)シート
- 3ヶ月のアナリストサポート

渋谷データカウント

渋谷データカウントは、最も信頼性が高く最新の調査分析レポートを確実に提供する経験豊富な調査専門家のグローバルチームが提供する、さまざまな業界のさまざまな市場調査レポートを提供する再販代理店です。

Recommended reports

+