お好きな市場調査レポートを10%割引でご購入いただけます。
Booklet
  • Nov 2022
  • (2020 - 2025)
  • 48-72営業時間
品質と信頼の証
Certified 27001 2013
scotland-accredited
certified-iso-9000

インドのカーペットおよびラグ市場:成長、動向、および予測(2020 - 2025)

この市場とその成長に影響を与えたレポートが必要ですか? PDFをダウンロード

インドのカーペットおよびラグ 市場分析

カーペットやラグは、インドの住宅や商業の場所で装飾的なホームフローリング製品として広く使用されています。インドのカーペットとラグ市場の需要を牽引する主な要因は、都市化、建設の増加、中産階級人口の基盤の急速な成長、設備の整った家具の家の需要、ライフスタイルの変化、家庭用家具やインテリアへの支出の増加です。国の成長は、主にカーペットフローリングではなく装飾用および装飾用のラグの需要によって推進されています.

建設業界の台頭は、住宅および非住宅セグメントにおけるカーペットおよびラグの成長を牽引するもう1つの主要な要因です。カーペットやラグは、主にその場所に快適さ、暖かさ、クッションを加えることによって場所の構造を変える材料として見られます。寝室の敷物、リビングルームの敷物、シャグの敷物、オフィスの敷物、ウールの敷物、編組の敷物、および他のフローリングの敷物のような絨毯の様々な種類は、市場で好まれています。ジュート、リネン、麻などの新しい繊維から作られたカーペット、技術の助けを借りてブレンドされた材料が市場でトレンドになっています。環境問題への懸念の高まりに伴い、市場の消費者は、リサイクルされた原材料、廃棄物、使用済み、廃棄された製品で構成されたカーペットやラグに関心を示しています.

主な市場動向

インドは手作りカーペットのグローバルリーダーです

インドは現在、手作りカーペットの生産において、量と価値の両面でリーダー的です。手作りのカーペットのその遺産は、世界の輸出におけるその認識可能なシェアで世界で認識されています。実際、インドで生産されるカーペットの90%は輸出されています。2019年4月から11月にかけて、インドからの手作りカーペットの輸出は64407.19ルピー(9億1615万米ドル)で

インドは世界70カ国以上にカーペットを輸出しています。インドの織物カーペットの主な輸入国は、米国、ドイツ、カナダ、英国、オーストラリア、南アフリカ、フランス、イタリア、ブラジルなどです。グローバリゼーションの到来により、発展途上国のインド絨毯市場に新たな機会が開かれています

織物カーペットが市場を支配し、房状カーペットの需要は増加すると予想され

カーペット織りは、16世紀のペルシャのカーペットやラグからその起源をたどる古代インドの伝統です。製造されたカーペットは通常手編みで結ばれており、デザインにはさまざまなモチーフがあります。インドのカーペット産業は、農村部を拠点とし、労働集約的な手工芸品産業です。バイヤーと織り手は、その独創性、色、品質、デザイン、耐久性のためにインドのシルクカーペットを非常に好んでいます.

しかし、房状カーペットdの需要は、合成材料の使用により市場に増加すると予想され、安価になり、カーペットの製造も労働集約的ではない。消費者の嗜好は市場で動的に変化しており、洗濯可能で手頃な価格のカーペットを好みます

競争環境

インドのカーペットとラグ市場は非常に競争が激しく、本質的に細分化されています。市場には2000以上のメーカーがあります。様々なデザイン、色、モチーフ、花のデザインのカーペットがインドで製造されています。製造業者は、市場での競争力を維持し、消費者に多様性を提供するために、革新的な技術と研究に投資しています。したがって、インドの織り手は、現代の消費者の好みや市場のライフスタイルに合わせて、デザインと織りの技術を絶えず進化させています。サイフカーペットはデスコと編組ラグを発売し、これらのカーペットのユニークな特徴は、環境にやさしく、耐水性があり、布や拭き取りを使って掃除が簡単であることです.

このレポートを購入する理由:

- エクセル形式の市場予測(ME)シート
- 3ヶ月のアナリストサポート

Slide2

サンプル納品物ショーケース

この市場の主要な成長要因のいくつかを理解します。 PDFをダウンロード

  • 北米地域では、米国が 2033 年までにライオン シェアを維持し、優勢を維持します。前年比の成長率は、カナダと比較して米国でより良い需要を示すと予測されています
  • 2021 年、米国の医療費は 2.7% 増加し、4.3 兆米ドルに達しました。医療費は国の GDP の 18.3% に達しました。SDKI は、医療費 (%) が 2033 年までに GDP シェアの約 19% に達すると推定しています
    ドイツはこの地域で有利な市場であり続けます。2033 年までに需要を押し上げるために、国のヘルスケア システムにおけるヘルスケア イニシアチブとコネクテッド テクノロジーへの投資があります
    ドイツに続いて、現在、フランスは 2 番目に最大の市場です。ドイツは GDP の 12.6% をヘルスケアに費やしましたが、これは、フランスの場合 12.4% でした

インドのカーペットおよびラグ 調査の場所

北米(米国およびカナダ)、ラテンアメリカ(ブラジル、メキシコ、アルゼンチン、その他のラテンアメリカ)、ヨーロッパ(英国、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、ハンガリー、ベルギー、オランダおよびルクセンブルグ、NORDIC(フィンランド、スウェーデン、ノルウェー) 、デンマーク)、アイルランド、スイス、オーストリア、ポーランド、トルコ、ロシア、その他のヨーロッパ)、ポーランド、トルコ、ロシア、その他のヨーロッパ)、アジア太平洋(中国、インド、日本、韓国、シンガポール、インドネシア、マレーシア) 、オーストラリア、ニュージーランド、その他のアジア太平洋地域)、中東およびアフリカ(イスラエル、GCC(サウジアラビア、UAE、バーレーン、クウェート、カタール、オマーン)、北アフリカ、南アフリカ、その他の中東およびアフリカ)

Slide3
重要な地理市場に関する分析を取得します。 PDFをダウンロード

アジア太平洋地域は、2033 年までに最も有望な地域です。中国が最大の市場シェアを保持し、インドがそれに続きます。
日本は常に有利な市場であり、2033 年までに需要の主要国の一つになると予測されています。日本の医療費は、国の GDP の 10.74% を占めています。SDKI は、ヘルスケアへの GDP シェア支出が 2033 年までに 14% に達すると予測しています。
市場のニーズを推進するために政府による支出が増加しています。しかし、反中国感情は、国内の中国市場プレーヤーに打撃を与える可能性があります。ヨーロッパ、アメリカ、国内の企業が日本での市場シェアを拡大するために押し上げます

目次

目次

我々の顧客

nitto
nitto
nitto
nitto
nitto
nitto
nitto
nitto
nitto
nitto
nitto
nitto
nitto
nitto
nitto
nitto
nitto
nitto
Facebook
Twitter
LinkedIn