お好きな市場調査レポートを10%割引でご購入いただけます。
Booklet
  • Mar 2024
  • 2024―2036 年
  • 48-72営業時間
品質と信頼の証
Certified 27001 2013
scotland-accredited
certified-iso-9000

内視鏡検査装置市場調査レポート、規模とシェア、成長機会、およびトレンド洞察分析―タイプ別、アプリケーション別、エンドユーザー別、および地域別―世界予測2024―2036 年

内視鏡検査装置 市場規模

内視鏡検査装置市場に関する当社の調査レポートによると、市場は予測期間中に約 6.62% の CAGR で成長し、2036 年までに約 456億米ドルの価値に達すると予想されています。さらに、2024年の内視鏡検査装置市場規模は適度なペースで成長すると予想されます。しかし、当社の調査アナリストによると、2023 年の 内視鏡検査装置市場の収益は 353億米ドルになると記録されています。

1709788823_6162.global-endoscopy-equipment-survey-report.webp
この市場とその成長に影響を与えたレポートが必要ですか? PDFをダウンロード

内視鏡検査装置 市場分析

ヘルスケア分野が世界的に直面している大きな課題のひとつは、病気を正確かつ迅速に診断することです。毎年、約 378,000 人が誤診により死亡しており、そして約 440,000 人が後遺障害を負っていると推定されています。がんなどの病気が早期に発見されれば、生存率は向上します。しかし、癌の約50%は診断された時点で進行期であり、それが回避可能な死亡例の増加につながっています。ここで、内視鏡検査装置市場は、世界的に診断と治療の課題に対処するための極めて重要なソリューションとして浮上しています。これらの革新的で先進的な機器は、低侵襲処置において重要な役割を果たしており、病気の早期かつ正確な発見に役立っています。これは、患者の術後の早期回復とともに、さまざまな病気の効果的かつ改善された治療に役立ちます。人口の約30%を占める高齢化社会が進む日本では、医療需要がますます高まっています。内視鏡検査装置では、診断と治療に非侵襲的なアプローチを提供しており、患者の不快感と回復時間を軽減します。婦人科腫瘍学の低侵襲手術を受けた患者の当日退院率は、導入後の約28―73%に上昇したと推定されています。企業とその他の様々な組織が先進医療技術の重要性を認識する中、内視鏡検査装置市場は成長を続けており、世界と日本の両方でより良い医療アクセスと転帰を促進しています。

当社の内視鏡検査装置市場分析によると、以下の市場傾向と要因が市場成長の中核要因として寄与すると予測されています。

  • 世界的に増加する癌患者の有病率 ― 世界中で癌の症例が増加していることが、様々な種類の治療や診断処置における内視鏡検査装置の利用を刺激しています。国際癌研究基金によると、2020年には世界で約18.1百万人の癌患者が発生しました。このうち、9.3百万人が男性、880万人が女性でしました。さらに、癌の有病率はここ数年で大幅に上昇しており、癌の発見と診断のための生検の需要を高めています。内視鏡超音波検査と内視鏡による生検は、癌の診断に最もよく用いられる方法の2つです。これらすべての要因が内視鏡検査装置の世界的な成長を後押ししており、予測期間中に市場にプラスの影響を与えます。例えば、当社の市場分析によれば、浸潤性癌の内視鏡診断の精度は約94.9%です。
  • 世界中で老年人口が拡大 ― 高齢者人口の増加は、内視鏡検査機器市場の世界的な成長を刺激する主な要因の1つです。年齢が上がるにつれており、健康に関連した障害への感受性が高まり、診断と治療介入への需要が高まります。高齢者の医療ニーズに対応しており、消化器疾患と癌などの病気を発見と治療するためには、低侵襲性の内視鏡検査装置が非常に重要です。高齢化社会における医療の質を向上させるこれらの装置の重要性は、人口動態の変化により、大腸内視鏡検査と胃内視鏡検査などの内視鏡処置の需要が増加していることで浮き彫りになっています。

日本の地元プレーヤーにとっての内視鏡検査装置市場の収益創出ポケットは何ですか?

日本の内視鏡検査装置市場は、輸出の可能性、政府の支援政策、革新的な企業戦略に後押しされており、国内プレーヤーに大きな収益機会を提供しています。

輸出データは、世界の内視鏡検査装置市場における日本の積極的な参入を浮き彫りにしています。2020年度、日本は全世界に29億米ドルの内視鏡検査製品を輸出したが、これは、その高度で優れた品質による日本製製品とサービスへの旺盛な需要を示しています。     

日本政府は、全国で様々な政策を実施することにより、内視鏡検査装置分野をさらに強化しています。“ヘルスケアイノベーション戦略”と“ヘルスケア産業の振興”などの取り組みでは、先進医療技術の開発と導入が優先されています。これにより、国内外企業がその国の市場に参入しており、投資するようになりました。

国内企業は、内視鏡検査装置技術の革新と進歩に積極的に参加しています。Olympus Corporation、Fujifilm Corporationなどの日本の著名企業は、内視鏡画像処理および治療能力を向上させるための研究開発に多額の投資を行っています。日本のNEC Corporationは、大腸内視鏡用AI診断支援医療機器ソフトウェア「WISE VISION Endoscopy」を開発しました。内視鏡処置中に撮影された画像から病変の可能性のある部分を自動的にマークするためにAIを使用する一環として、既存の内視鏡検査機器と接続します。企業、研究開発機関、様々な政府機関の共同努力は、患者の転帰と医療提供効率を改善する高度な内視鏡検査装置の開発に重点を置いています。

内視鏡検査装置市場課題

しかし、世界中の内視鏡検査装置市場の成長を妨げている主な課題の1つは、初期費用が高いことです。内視鏡検査装置は非常に高価であるため、医療機関にとって経済的な障壁となり、特に中低所得国では患者のこうした技術へのアクセスを制限する可能性があります。

1709788823_4077.global-endoscopy-equipment-segmentation-research.webp

サンプル納品物ショーケース

この市場の主要な成長要因のいくつかを理解します。 PDFをダウンロード

内視鏡検査装置 市場レポートの洞察

内視鏡検査装置市場規模とシェアレポートの洞察

CAGR

6.62%

予測年

2024-2036年

基準年

2023年

予測年の市場価値

約456億米ドル

内視鏡検査装置市場セグメンテーション

当社は、内視鏡検査装置市場に関連するさまざまなセグメントにおける需要と機会を説明する調査を実施しました。当社は、タイプ別、アプリケーション、 および エンドユーザー別ごとに市場を分割しました。

世界の内視鏡検査装置市場は、タイプに基づいて、内視鏡、内視鏡可視化システム、アクセサリ、その他に分類されています。このうち、内視鏡サブセグメントは、予測期間中に約42%の最大市場シェアを占めると予想されています。これは、切開が小さい低侵襲処置においては、内視鏡が患者の回復を早めるのに役立つためです。同社の高度な画像技術により、リアルタイムの高解像度の視覚表示を通じて正確な診断と効果的な治療計画が可能になります。内視鏡は診断と治療的介入を同じ手技で行うことができるため、外科手術の回数を減らすことができます。例えば、当社の市場分析者によると、高解像度または高精細(HD)内視鏡は、870,000画素から1.6百万画素以上の解像度の信号画像を生成することができます。

当社の世界内視鏡検査機器市場分析では、エンドユーザーに基づいて、病院、外来患者施設、その他に分割されています。このうち、病院のサブセグメントが予測期間中に最大の市場シェア約48%を占めると予想されています。消化器疾患の診断と治療において、消化管スコープと大腸内視鏡は、直接可視化と治療介入を提供します。肺の問題を診断し、生検を行い、肺に介入するためには、気管支鏡を用いた消化管内視鏡検査が不可欠です。泌尿器科では、尿路検査と低侵襲手術に膀胱鏡を使用します。

タイプ別

  • 内視鏡
  • 内視鏡可視化システム
  • アクセサリ
  • その他

アプリケーション

  • 消化器内視鏡検査、
  • 腹腔鏡検査、
  • 気管支鏡検査、
  • 泌尿器科内視鏡検査
  • その他

エンドユーザー別

  • 病院、
  • 外来施設、
  • その他

内視鏡検査装置市場の動向分析と将来予測:地域概要

世界の内視鏡検査装置市場の分析によると、アジア太平洋地域は、予測期間中に市場全体の収益の約25%の市場シェアを保持すると予想されています。これは人口が急速に増加しており、内視鏡装置に対する需要が旺盛であるためです。これは、病気の増加と一般国民の健康意識の高まりによるものです。中国では、消化器疾患の罹患率が上昇しており、市場の拡大に寄与しています。例えば、当社の分析者によると、中国の上部消化管癌の患者数は、1990年には約498,029人であったが、2019年には約898,990人となりました。それは約188.49%の増加です。内視鏡検査装置の日本市場は、効果的な結果と医療費の削減により、病気の診断や治療において低侵襲手術への嗜好が高まっているため、予測期間中に成長すると予想されます。例えば、当社の市場分析者によると、日本における低侵襲手術(MIS)治療の割合は、2015年の約20.3%から2019年には35.5%に上昇します。

北米

  • 米国
  • カナダ

ヨーロッパ

  • ドイツ
  • フランス
  • イギリス
  • イタリア
  • スペイン
  • オランダ
  • ロシア
  • その他のヨーロッパ

アジア太平洋地域

  • 中国
  • 日本
  • インド
  • 韓国
  • オーストラリア
  • シンガポール
  • その他のアジア太平洋地域

ラテンアメリカ

  • ブラジル
  • アルゼンチン
  • メキシコ
  • その他のラテンアメリカ

中東とアフリカ

  • GCC
  • イスラエル
  • 南アフリカ
  • その他の中東とアフリカ

内視鏡検査装置の世界市場動向では、北米市場が、予測期間中に最大市場シェア約33%を占めると予想されています。この地域の国々は、糖尿病、癌、心血管疾患、消化器(GI)疾患のような複数の慢性疾患の有病率の上昇により、内視鏡検査装置市場を支配しています。さらに、技術革新と進歩、有利な償還政策、長期的な病状を抱える高齢者人口の増加が、この地域の市場成長を刺激する主な要因となっています。

内視鏡検査装置 調査の場所

北米(米国およびカナダ)、ラテンアメリカ(ブラジル、メキシコ、アルゼンチン、その他のラテンアメリカ)、ヨーロッパ(英国、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、ハンガリー、ベルギー、オランダおよびルクセンブルグ、NORDIC(フィンランド、スウェーデン、ノルウェー) 、デンマーク)、アイルランド、スイス、オーストリア、ポーランド、トルコ、ロシア、その他のヨーロッパ)、ポーランド、トルコ、ロシア、その他のヨーロッパ)、アジア太平洋(中国、インド、日本、韓国、シンガポール、インドネシア、マレーシア) 、オーストラリア、ニュージーランド、その他のアジア太平洋地域)、中東およびアフリカ(イスラエル、GCC(サウジアラビア、UAE、バーレーン、クウェート、カタール、オマーン)、北アフリカ、南アフリカ、その他の中東およびアフリカ)

1709788823_9731.global-endoscopy-equipment-market-growth-impact-analysis.webp
重要な地理市場に関する分析を取得します。 PDFをダウンロード

競争力ランドスケープ

内視鏡検査装置業界の概要と競争のランドスケープ

SDKI Inc. の調査者によると、内視鏡装置市場は、大企業と中小規模の組織といったさまざまな規模の企業間の市場競争により細分化されています。市場関係者は、製品や技術の発売、戦略的パートナーシップ、コラボレーション、買収、拡張など、あらゆる機会を利用して市場での競争優位性を獲得しています。

世界の内視鏡装置市場の成長に重要な役割を果たす主要な主要企業には、Arthrex, Inc.、 B. Braun SE、 Boston Scientific Corporation、 Cook Medical Inc.、 Medtronic plc、などが含まれます。さらに、日本の内視鏡装置市場のトップ5プレーヤーは、 FUJIFILM Holdings Corporation、NEC Corporation、 Olympus Corporation、HOYA Corporation、 and Ricoh Co.、 Ltd.などです。この調査には、世界の内視鏡装置市場分析レポートにおける詳細な競合分析、企業概要、最近の動向、およびこれらの主要企業の主要な市場戦略が含まれています。

内視鏡検査装置市場ニュース

  • 2023 年 2 月、Boston Scientific Corporationは、米国 FDA が LithoVue Elite 使い捨てDigital Flexible Ureteroscope Systemの認可を与えたと発表しました。このシステムは、尿管鏡検査中に腎内圧をリアルタイムで監視できます。
  • 2023年2月、FUJIFILM Holdings Corporationは、ヘルスケアイメージングと情報システムのグローバルリーダーであるFUJIFILM Indiaが、「BRONCHUS 2023」において、最新の小型超音波プローブシステムPB2020-M2により、内視鏡ソリューションのポートフォリオを拡充すると発表しました。

内視鏡検査装置 主な主要プレーヤー

主要な市場プレーヤーの分析

1
Arthrex Inc.
2
B. Braun SE
3
Boston Scientific Corporation
4
Cook Medical Inc.
5
Medtronic plc

日本市場のトップ 5 プレーヤー

1
FUJIFILM Holdings Corporation
2
NEC Corporation
3
Olympus Corporation
4
HOYA Corporation
5
Ricoh Co. Ltd
Graphs
Source: SDKI Analytics

目次

目次

よくある質問

世界の内視鏡検査装置市場規模は、2024―2036 年間に6.62% の CAGR で成長し、2036 年までに456億米ドルを獲得すると予測されています。さらに、2024 年の 内視鏡検査装置市場規模は緩やかなペースで成長すると予想されます。

2023 年に、世界の 内視鏡検査装置市場は 353億米ドルの収益を獲得しました。

Arthrex, Inc.、B. Braun SE、 Boston Scientific Corporation、 Cook Medical Inc.、 Medtronic plc、などは、世界の内視鏡検査装置市場で機能する主要企業の一部です。

FUJIFILM Holdings Corporation、NEC Corporation、Olympus Corporation、 HOYA Corporation、 Ricoh Co., Ltd.、などは、内視鏡検査装置市場の日本の分野で機能している主要企業の一部です。

ヨーロッパ地域の 内視鏡検査装置市場は、予測期間中に最も高い CAGR で成長すると予想されます。

2024 年には、北米地域が 内視鏡検査装置市場で最大のシェアを獲得すると予測されています。

我々の顧客

nitto
nitto
nitto
nitto
nitto
nitto
nitto
nitto
nitto
nitto
nitto
nitto
nitto
nitto
nitto
nitto
nitto
nitto
Facebook
Twitter
LinkedIn