お好きな市場調査レポートを10%割引でご購入いただけます。
Booklet
  • May 2024
  • 2024―2036 年
  • 48-72営業時間
品質と信頼の証
Certified 27001 2013
scotland-accredited
certified-iso-9000

表面実装技術市場調査レポート、規模とシェア、成長機会、およびトレンド洞察分析―装置別、サービス別、アプリケーション別、および地域別―世界予測2024―2036 年

表面実装技術 市場規模

表面実装技術市場に関する当社の調査レポートによると、市場は予測期間中に約 11.7% の CAGR で成長し、2036 年までに約 153億米ドルの価値に達すると予想されています。さらに、2024年の表面実装技術市場規模は適度なペースで成長すると予想されます。しかし、当社の調査アナリストによると、2023 年の表面実装技術市場の収益は 56億米ドルになると記録されています。

1715840321_3875.Japanese AR IG SMTM.webp
この市場とその成長に影響を与えたレポートが必要ですか? PDFをダウンロード

表面実装技術 市場分析

SMT (表面実装技術) はエレクトロニクス産業において不可欠な成長要素となっており、小型、強力、かつ経済的な電子デバイスを正確に市場に供給しています。電子製品での使用の増加に伴う小型化、軽量化、その他の電力需要の世界的な増加により、SMT は急速に適応しています。売上高の面では、2021 年に家電部門がブームとなりました。今年、英国居住者の 95% 以上が電子製品を購入しました。世界的な半導体不足が、この分野で主導的役割を果たしている日本のエレクトロニクス産業に及ぼす影響を過小評価してはなりません。 SMT 生産には小型化、電力効率、実装密度が不可欠です。したがって、日本のエレクトロニクス企業はこの技術をますます活用しています。この国の表面実装技術市場は、自動車、家電、産業部門が主な推進力となり、ダイナミックな成長を遂げると予想されています。特に、世界の SMT 装置市場のかなりの部分が日本から来ている一方で、SMT 装置の主要メーカーは、動的な業界の要件を満たすためにさらに改良されたモデルを継続的に発表しています。要約すると、小型でエネルギー効率の高い電子機器に対する世界的なニーズの高まりと、日本の先端製造業の発展は、エレクトロニクス産業の成長触媒としてのSMTの重要性を指摘しています。

当社の表面実装技術市場分析によると、次の市場傾向と要因が市場成長に貢献すると予測されています:

  • 自動車および産業用電子機器における需要の高まりー自動車および産業エレクトロニクス業界では、堅牢性、信頼性、スペース効率の期待に応えることができる表面実装技術 (SMT) が採用されています。 SMT は、ADAS や EV コンポーネントなどの革新的なカーエレクトロニクスの製造に使用されます。2024 年、先進運転支援システム (ADAS) 業界は世界中で約 600 億米ドルを生み出しました。産業分野における SMT を通じて、効率と生産性の向上を可能にする複雑な自動化および制御システムの構築が可能になります。小型でありながら高性能の電子部品を組み立てる SMT 技術の能力は、自動車産業および産業産業の要件に完全に適合しています。これが、そのような環境での採用に貢献しました。
  • 効率とパフォーマンスの向上―表面実装技術 (SMT) は、生産コストを最小限に抑えており、最終製品の性能を向上させるため、エレクトロニクス分野のゲームチェンジャーです。 SMT では、穴を開けたり手作業で半田付けしたりする面倒な手順が不要になるため、製造時間とコストが最小限に抑えられており、製造プロセスが短縮されます。この効率により、メーカーはより高いスループット率でより迅速に生産できるようになり、市場のニーズにより迅速に対応できるようになります。さらに、正確な部品の配置とはんだ付けの SMT プロセスは、電子製品の耐久性と信頼性に貢献し、はんだ接合部の故障を最小限に抑えており、製品の品質を向上させます。その結果、SMT は今日のエレクトロニクス製造における主要なテクノロジーとなり、複数の業界の高効率、信頼性、イノベーションに貢献しています。

表面実装技術市場は日本の市場プレーヤーにどのような利益をもたらしますか?

表面実装技術 (SMT) 市場は、さまざまな分野にわたる日本の市場プレーヤーに大きな利益と機会をもたらします。イノベーションと精密エンジニアリングで知られる日本は、SMTの進歩を活用してエレクトロニクス産業と世界競争力を強化する立場にあります。

日本は貿易と並んで、輸出入の両面でSMTの分野でも人気を誇っています。製造プロセスをサポートする機器や材料の交換など、重要なSMT機器やコンポーネントを同国が輸入する主要分野の1つが支援されています。さらに、この国は完成した SMT 製品を販売しています。例えば、日本のSMT装置輸入額は2022年に約25億米ドルと評価されており、国際市場からの最先端技術への依存を示しています。同時に、この国の幅広い技術力により、年間数十億ドルの価格で販売されるSMTエレクトロニクス製品の輸出が促進されており、それが貿易収支と経済発展のプラスにつながります。

さらに、政府の政策はある意味、日本のSMTビジネスの成長を促進するものでもあります。日本政府は、研究資金の付与、税制上の優遇措置、規制上の支援などにより、SMTなどの製造技術の開発を積極的に推進してきました。したがって、これらの政策の目的は、イノベーション、生産性、そして日本の産業が世界市場でより競争力を持つよう奨励することです。

さらに、日本企業は、個々のメーカーと共同企業体の両方で、SMT 関連の研究、開発、生産に積極的に投資しています。業界関係者と研究機関間の協力的な取り組みにより、SMT における技術の進歩、標準化の取り組み、およびスキル開発の取り組みが推進されています。これらの共同の取り組みにより、SMT のイノベーションと優れた製造の主要拠点としての日本の地位が強化されます。

結論として、表面実装技術市場は、有利な貿易動向、政府の政策、業界の取り組みに支えられており、日本の市場関係者にとって魅力的な機会を提供しています。日本企業は、技術的専門知識、協力ネットワーク、政府支援を活用することで、国内のイノベーションと経済成長を推進しながら、世界のSMT市場での足場をさらに強化することができます。

市場課題

表面実装技術市場の成長を妨げる主な要因の 1 つは、初期投資コストです。 SMT を導入するための初期設定コストは、機器、インフラストラクチャ、従業員のトレーニングなどへの投資を含めており、多額になる可能性があります。小規模なメーカーや新興市場のメーカーは、こうした先行投資を行うことが難しく、SMT の採用が妨げられる可能性があります。

1715840321_1216.Japanese AR IG SMTM size.webp

サンプル納品物ショーケース

この市場の主要な成長要因のいくつかを理解します。 PDFをダウンロード

表面実装技術 市場レポートの洞察

表面実装技術市場規模とシェアレポートの洞察

CAGR

11.7%

予測年

2024-2036年

基準年

2023年

予測年の市場価値

約153億米ドル

表面実装技術市場セグメンテーション

当社は、表面実装技術市場に関連するさまざまなセグメントにおける需要と機会を説明する調査を実施しました。当社は、装置別、サービス別およびアプリケーション別ごとに市場を分割しました。

表面実装技術市場は、サービスに基づいて、デザイニング、テストと試作、サプライチェーンサービス、製造、アフターマーケットサービスに分割されています。これらのセグメントのうち、デザイニングセグメントは市場で重要な位置を占めており、2036 年までに市場全体に占める割合は約33% に達します。電子デバイスがますます複雑かつコンパクトになるにつれて、SMT アセンブリのスペース利用、コンポーネントの配置、および信号の整合性を最適化するには、効率的なデザイニング実践が不可欠です。高密度の相互接続、小型コンポーネント、高度な PCB レイアウトなどのデザイニング革新により、メーカーは SMT 製品のより高いパフォーマンス、信頼性、コスト効率を実現できます。さらに、3D プリンティング、フレキシブル エレクトロニクス、組み込みシステムなどの分野におけるデザイン主導の進歩により、SMT テクノロジーの適用範囲が拡大し、さまざまな業界での成長を推進しています。2023 年の 3D プリンティングの世界市場は 224 億米ドルと評価されています。

さらに、表面実装技術市場は、装置に基づいて、検査装置、配置装置、はんだ付け装置、スクリーン印刷装置、洗浄装置、修理とリワーク装置に分割されています。これら 6 つのセグメントのうち、表面実装技術市場は配置装置セグメントによって支配されており、2036 年までに総市場シェアは約 29% 以上になると予想されます。これらの機械は、電子部品をプリント基板 (PCB) 上に正確かつ効率的に配置することを容易にし、高速かつ高精度の組み立てプロセスを可能にします。より小型、軽量、より複雑な電子デバイスに対する需要が高まるにつれ、装着装置は速度、柔軟性、およびコンポーネント処理能力の向上を実現するために進化しています。多機能装着ヘッド、ビジョンベースの位置合わせシステム、ロボット統合などの進歩により、生産効率が向上し、さまざまな種類のコンポーネントの組み立てが可能になります。配置装置の継続的な革新により、業界全体の SMT アプリケーションの拡大が促進されており、市場の成長が促進されます。

装置別

  • 検査装置
  • 配置装置
  • はんだ付け装置
  • スクリーン印刷装置
  • 洗浄装置
  • 修理とリワーク装置

サービス別

  • デザイニング
  • テストと試作
  • サプライチェーンサービス
  • 製造
  • アフターマーケットサービス

アプリケーション別

  • 家電
  • ITと電気通信
  • 自動車
  • 産業
  • 航空宇宙と防衛
  • ヘルスケア
  • その他

表面実装技術市場の動向分析と将来予測:地域概要

アジア太平洋地域の市場は、市場で最も有利で報酬の高い機会を提供すると予想されています。アジア太平洋地域は、2036 年までに市場シェアの約 29% 以上を占めます。これらの国々は堅牢なエレクトロニクス製造エコシステムを誇っており、主要な SMT 装置サプライヤーと部品メーカーの本拠地です。電子機器製造における中国の優位性と、先進的な製造技術を促進する政府の取り組みが SMT の採用を促進しています。中国電子機器製造企業全体の利益は2023年に前年比9%減少し、1,645兆元に達しました。半導体の専門知識とイノベーションで知られる韓国と台湾は、技術の進歩と戦略的パートナーシップを通じてSMT市場の成長を推進しています。この地域のエレクトロニクス産業の繁栄と卓越した技術への取り組みにより、この地域は SMT 市場拡大の主要な貢献者としての地位を確立しています。

日本では、国内のエレクトロニクス産業の成長によって市場の成長が推進されています。 2023 年の日本のエレクトロニクス産業の総生産額は約 70.6億米ドルになると推定されています。

北米

  • 米国
  • カナダ

ヨーロッパ

  • ドイツ
  • フランス
  • イギリス
  • イタリア
  • スペイン
  • オランダ
  • ロシア
  • その他のヨーロッパ

アジア太平洋地域

  • 中国
  • 日本
  • インド
  • 韓国
  • オーストラリア
  • シンガポール
  • その他のアジア太平洋地域

ラテンアメリカ

  • ブラジル
  • アルゼンチン
  • メキシコ
  • その他のラテンアメリカ

中東とアフリカ

  • GCC
  • イスラエル
  • 南アフリカ
  • その他の中東とアフリカ

北米地域の市場も、予測期間中に最大 33% の市場シェアを獲得すると予想されます。 SMT プロセスを必要とするハイエンドエレクトロニクスは、主に自動車、航空宇宙、医療分野で使用されており、これらの分野での SMT の需要が高まります。さらに、技術と研究における革新の最先端は北米であり、SMT マシンと段階的なプロセスの着実な改善を促進しています。

表面実装技術 調査の場所

北米(米国およびカナダ)、ラテンアメリカ(ブラジル、メキシコ、アルゼンチン、その他のラテンアメリカ)、ヨーロッパ(英国、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、ハンガリー、ベルギー、オランダおよびルクセンブルグ、NORDIC(フィンランド、スウェーデン、ノルウェー) 、デンマーク)、アイルランド、スイス、オーストリア、ポーランド、トルコ、ロシア、その他のヨーロッパ)、ポーランド、トルコ、ロシア、その他のヨーロッパ)、アジア太平洋(中国、インド、日本、韓国、シンガポール、インドネシア、マレーシア) 、オーストラリア、ニュージーランド、その他のアジア太平洋地域)、中東およびアフリカ(イスラエル、GCC(サウジアラビア、UAE、バーレーン、クウェート、カタール、オマーン)、北アフリカ、南アフリカ、その他の中東およびアフリカ)

1715840321_8625.Japanese AR IG SMTM survey.webp
重要な地理市場に関する分析を取得します。 PDFをダウンロード

競争力ランドスケープ

表面実装技術業界の概要と競争のランドスケープ

SDKI Inc. の調査者によると、表面実装技術市場は、大企業と中小規模の組織といったさまざまな規模の企業間の市場競争により細分化されています。市場関係者は、製品や技術の発売、戦略的パートナーシップ、コラボレーション、買収、拡張など、あらゆる機会を利用して市場での競争優位性を獲得しています。

世界の表面実装技術市場の成長に重要な役割を果たす主要な主要企業には、Nordson Corporation、MKS Instruments, Inc.、Heller Industries, Inc.、Naprotek, LLC、Koh Young Technology, Inc.などが含まれます。 さらに、日本の表面実装技術市場のトップ5プレーヤーは、Fujikikai Co., Ltd.、OMORON Corporation、Saki Corporation、Panasonic Corporation、JUKI Co., Ltd.などです。 この調査には、世界の表面実装技術市場分析レポートにおける詳細な競合分析、企業概要、最近の動向、およびこれらの主要企業の主要な市場戦略が含まれています。

表面実装技術市場ニュース

  • 2024 年 5 月、Bourns, Inc.、電源、セキュリティ、検出ソリューション用の電子部品の大手メーカーおよびサプライヤーで、モデル TLVR1005T および TLVR1105T シリーズを発表しました。
  • 2023年10月に、JUKI Corporationは、非アパレル製品の生産やJUKIの非アパレルミシンのノウハウを持つMeibishi Technica Co., Ltd.と提携しました。

表面実装技術 主な主要プレーヤー

主要な市場プレーヤーの分析

1
Nordson Corporation
2
MKS Instruments Inc.
3
Heller Industries Inc.
4
Naprotek LLC
5
Koh Young Technology Inc.

日本市場のトップ 5 プレーヤー

1
Fujikikai Co. Ltd.
2
OMORON Corporation
3
Saki Corporation
4
Panasonic Corporation
5
JUKI Co. Ltd.
Graphs
Source: SDKI Analytics

目次

目次

よくある質問

世界の表面実装技術市場規模は、2024―2036 年間に 11.7% の CAGR で成長し、2036 年までに 153億米ドルを獲得すると予測されています。さらに、2024 年の 表面実装技術市場規模は適度なペースで成長すると予想されます。

2023 年に、世界の 表面実装技術市場は 56億米ドルの収益を獲得しました。

Nordson Corporation、MKS Instruments, Inc.、Heller Industries, Inc.、Naprotek, LLC、Koh Young Technology, Inc. などは、世界の 表面実装技術市場で機能する主要企業の一部です。

Fujikikai Co., Ltd.、OMORON Corporation、Saki Corporation、Panasonic Corporation、JUKI Co., Ltd. などは、表面実装技術市場の日本の分野で機能している主要企業の一部です。

アジア太平洋地域の表面実装技術市場は、予測期間中に最も高い CAGR で成長すると予想されます。

2024 年には、北米地域が表面実装技術市場で最大のシェアを獲得すると予測されています。

我々の顧客

nitto
nitto
nitto
nitto
nitto
nitto
nitto
nitto
nitto
nitto
nitto
nitto
nitto
nitto
nitto
nitto
nitto
nitto
Facebook
Twitter
LinkedIn