お好きな市場調査レポートを10%割引でご購入いただけます。
Booklet
  • Jan 2024
  • 2024-2036年
  • 48-72営業時間
品質と信頼の証
Certified 27001 2013
scotland-accredited
certified-iso-9000

ビルディング インフォメーション モデリング (BIM) 市場調査―タイプ別 (ソフトウェア、サービス)、アプリケーション別 (建物、石油およびガス、土木インフラ、産業)、エンドユーザー別 (AEC、請負業者、施設管理者)、および地域別ー予測2024-2036年

ビルディング インフォメーション モデリング (BIM) 市場規模

ビルディング インフォメーション モデリング (BIM) 市場の収益は、2023 年に約 66億米ドルに達しました。さらに、当社のビルディング インフォメーション モデリング (BIM) 市場に関する洞察によると、市場は予測期間中に約 11% の CAGR で成長し、2036 年までに約 190億米ドルの価値に達すると予想されています。

1697717469_2482.building-information-modeling-market-survey-report.webp
この市場とその成長に影響を与えたレポートが必要ですか? PDFをダウンロード

ビルディング インフォメーション モデリング (BIM) 市場分析

市場の定義

ビルディング インフォメーション モデリング (BIM) は、施設の物理的および機能的特性をデジタルで表現したものです。ビルディング インフォメーションマトリックスは、施設に関する情報の共有知識ベースであり、そのライフサイクルにおける意思決定の重要な基盤を形成します。初期の設計から解体まで存在したものとして定義されます。

ビルディング インフォメーション モデリング (BIM) 市場の成長要因

以下は、ビルディング インフォメーション モデリング (BIM) 市場の主な成長要因の一部です。

  • 急速な都市化世界的な都市化の結果、ビルディング インフォメーション モデリング市場は、予測期間中に発展すると予想されます。 2022 年には、世界人口の 60 % が都市化されています。人口と経済成長が増加するにつれて、個人や企業のニーズを満たすためにインフラを改善する必要性が高まっており、世界の建設業界にプラスの影響を与えることになります。
  • BIM導入に対する政府支援の強化建築および建設分野におけるソフトウェアの需要が大幅に増加しています。このソリューションは、建設者と所有者が運用期間にわたる全体的なコストを削減するのに役立ちます。したがって、政府は情報モデリングを構築するためのソリューションの導入を奨励しています。この国のインフラ基盤の強化は、これらの最新テクノロジーの導入によって実現できます。

最新の開発

  • 2022 年 1 月に: The European Rental Association (ERA)は、ビルディング インフォメーション モデリング (BIM) の初心者ガイドをリリースしたと発表しました。このガイドは、あらゆる規模のレンタル会社がテクノロジーの利点を理解するのに役立ちます。
  • 2023年4月に:Obayashi Corporationは、スマートビルディング関連サービスを提供するために、Hitachi Solutions, Ltd.ソリューションズと合弁会社を締結したと発表しました。

課題

ビルディング インフォメーション モデリング (BIM) 市場の成長に対する主な障害の 1 つは、初期コストの高さです。建設プロセスの運用コストを見積もり、削減するために、ビルディング インフォメーション管理ソフトウェアは建設者と所有者を支援します。しかし、このソフトウェアの導入には多額の初期費用がかかります。効率的な結果を提供するには、高度なネットワーク インフラの全体的なコストが増加しますが、高度なソフトウェアには適切なネットワークが必要です。ソフトウェアの定期的なメンテナンスとサービスの必要性により、コストも増加します。

1697717469_2873.building-information-modeling-market-segmentation-survey-report.webp

サンプル納品物ショーケース

この市場の主要な成長要因のいくつかを理解します。 PDFをダウンロード

ビルディング インフォメーション モデリング (BIM) 市場レポートの洞察

レポートの洞察

CAGR

11%

予測年

2024―2036年

基準年

2023年

予測年の市場価値

190億米ドル

ビルディング インフォメーション モデリング (BIM) 市場セグメント

当社は、ビルディング インフォメーション モデリング (BIM) 市場に関連するさまざまなセグメントにおける需要と機会を説明する調査を実施しました。当社はタイプ、アプリケーション、エンドユーザーに基づいて市場を分割しました。

タイプに基づいて、ビルディング インフォメーション モデリング (BIM) 市場は、ソフトウェア、サービスに分割されています。これらのサブセグメントのうち、ソフトウェアセグメントは市場で重要な位置を占めており、2036 年までに市場の総収益に最大 67% の貢献を果たします。AEC 分野におけるデジタル ツールの需要の増加により、BIM ソフトウェアの需要は増加すると予測されています。2022 年の調査によると、約 85% が、今後数年間でデジタル ツールの導入がさらに進み、2020 年と比較して 25% 増加すると予想しています。さらに、このソフトウェアは 3D CAD 設計の操作性を高める BIM 要素を提供し、柔軟性。 BIM サービスの高い需要は、予測期間中に見られると予想されます。このようなサービスに対するニーズの拡大は、コンサルティング、仮想化、文書化サポート、コスト計画市場の拡大によって市場全体で促進されると予測されています。

アプリケーションに基づいて、ビルディング インフォメーション モデリング (BIM) 市場は、建物、石油およびガス、土木インフラ、産業に分割されています。これら 4 つのサブセグメントのうち、ビルディング インフォメーション モデリング (BIM) 市場は、2036 年までに合計市場シェアが約 40% 以上となり、土木インフラセグメントが支配することになります。公共事業における BIM の導入は、より良い結果につながります。というのは、さまざまなシナリオを検討することができ、プロジェクトが予定通り予算内で納品されるというデータに基づいた確信が得られるからです。

タイプ別

  • ソフトウェア
  • サービス

 

アプリケーション別

  • 建物
  • 石油およびガス
  • 土木インフラ
  • 産業

エンドユーザー別

  • AEC
  • 請負業者
  • 施設管理者

ビルディング インフォメーション モデリング (BIM) 市場の地域概要

アジア太平洋地域の市場は、市場で最も有利で報酬の高い機会を提供すると予想されています。アジア太平洋地域は、2036 年までに市場シェアの最大 33% 以上を占めました。主要なインフラおよび建築プロジェクトへの建築情報管理システムの採用が、この地域の成長に貢献しました。 2021 年の当社の分析によると、アジア太平洋地域内の一部の国のインフラに対する満足度に関して、中国の回答者の 80 % が自国のインフラに非常にまたは比較的満足していると回答しました。一方、マレーシアでは、この同じ調査の回答者の 50 パーセントが、自国のインフラに非常にまたはかなり満足していると報告しました。さらに、アジア太平洋地域の BIM 市場は政府の取り組みによって大幅な成長が見込まれています。建築許可に関する新しい法律が地域の政府によって採択され始めています。

日本では、市場の成長は主に国内の民間部門による建設プロジェクトの増加によって推進されました。 2021 年において、建設産業は日本の主要な柱の 1 つであり、GDP の約 6 % を占めています。

北米

  • 米国
  • カナダ

ヨーロッパ

  • ドイツ
  • フランス
  • イギリス
  • イタリア
  • スペイン
  • オランダ
  • ロシア
  • その他のヨーロッパ

アジア太平洋地域

  • 中国
  • 日本
  • インド
  • 韓国
  • オーストラリア
  • シンガポール
  • その他のアジア太平洋地域

ラテンアメリカ

  • ブラジル
  • アルゼンチン
  • メキシコ
  • その他のラテンアメリカ

中東とアフリカ

  • GCC
  • イスラエル
  • 南アフリカ
  • その他の中東とアフリカ

北米地域の市場も、予測期間中に最大 29% の市場シェアを獲得すると予想されます。 GIS ビジネスが 3D モデリングに移行するにつれて、多くの混乱が生じています。この進化は、設計および建設業界が 2D から 3D BIM に移行していることを示しており、GIS と BIM が単一の総合的な環境に統合されつつあることを示唆しており、これが市場を押し上げると予想されています。

ビルディング インフォメーション モデリング (BIM) 調査の場所

北米(米国およびカナダ)、ラテンアメリカ(ブラジル、メキシコ、アルゼンチン、その他のラテンアメリカ)、ヨーロッパ(英国、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、ハンガリー、ベルギー、オランダおよびルクセンブルグ、NORDIC(フィンランド、スウェーデン、ノルウェー) 、デンマーク)、アイルランド、スイス、オーストリア、ポーランド、トルコ、ロシア、その他のヨーロッパ)、ポーランド、トルコ、ロシア、その他のヨーロッパ)、アジア太平洋(中国、インド、日本、韓国、シンガポール、インドネシア、マレーシア) 、オーストラリア、ニュージーランド、その他のアジア太平洋地域)、中東およびアフリカ(イスラエル、GCC(サウジアラビア、UAE、バーレーン、クウェート、カタール、オマーン)、北アフリカ、南アフリカ、その他の中東およびアフリカ)

1697717469_8063.building-information-modeling-market-growth-impact-analysis.webp
重要な地理市場に関する分析を取得します。 PDFをダウンロード

競争力ランドスケープ

世界のビルディング インフォメーション モデリング (BIM) 市場中に主なプレーヤーには、Autodesk Inc.、Asite Solutions Limited、Bentley Systems International Limited、Dassault Systèmes S.E.、Nemetschek Group、などが含まれます。さらに、日本市場のトップ 5 プレーヤーは、KOZO KEIKAKU ENGINEERING Inc.、Izumi System Design Co., Ltd.、KENTIKUSOFT, INC.、Otsuka Shokai Co., Ltd.、Obayashi Corporation 、 などです。この調査には、世界のビルディング インフォメーション モデリング (BIM) 市場におけるこれらの主要なプレーヤーの詳細な競争分析、企業概要、最近の傾向、および主要な市場戦略が含まれています。

ビルディング インフォメーション モデリング (BIM) 主な主要プレーヤー

主要な市場プレーヤーの分析

1
Autodesk Inc.
2
Dassault Systèmes S.E.
3
Asite Solutions Limited
4
Bentley Systems
5
Nemetschek Group

日本市場のトップ 5 プレーヤー

1
KOZO KEIKAKU ENGINEERING
2
Izumi System Design Co.
3
KENTIKUSOFT INC.
4
Otsuka Shokai Co.
5
Obayashi Corporation
Graphs
Source: SDKI Analytics

目次

目次

我々の顧客

nitto
nitto
nitto
nitto
nitto
nitto
nitto
nitto
nitto
nitto
nitto
nitto
nitto
nitto
nitto
nitto
nitto
nitto
Facebook
Twitter
LinkedIn