お好きな市場調査レポートを10%割引でご購入いただけます。
Booklet
  • Dec 2023
  • 2023-2035年
  • 48-72営業時間
品質と信頼の証
Certified 27001 2013
scotland-accredited
certified-iso-9000

使用済みタイヤ(ELT)管理の世界市場:処理技術別(ゴム再生、廃タイヤ処理) ゴム再生用途別(タイヤ由来燃料、地盤ゴム、土木)ー予測2023-2035年

使用済みタイヤ(ELT)管理の世界 市場規模

廃タイヤ(ELT)管理市場規模とシャアは2022年に約90億米ドルの市場価値から、2035年までに約200億米ドルに達すると予測されています。当社の廃タイヤ(ELT)管理市場分析によると、タイヤ(ELT)管理市場は、2023 -2035年間に 約5% の CAGR で成長しています。

1702624943_8599.end-of-life-tires-elt-management-market.webp
この市場とその成長に影響を与えたレポートが必要ですか? PDFをダウンロード

使用済みタイヤ(ELT)管理の世界 市場分析

廃タイヤ(ELT)は安価ですが、さまざまな用途に使用できる循環経済にとって貴重な資源です。世界中で毎年推定 100 万本のタイヤが耐用年数を迎えています。当社の調査によると、土木工学の隆盛は、廃タイヤ(ELT)管理市場の成長を促進する顕著な要因となっています。土木技術者の雇用は 2021 -2031 年間に約 7% 増加すると予測されており、これは全職業の平均とほぼ同じ速度です。

廃タイヤ(ELT)管理市場の主要な動向

  • Geotech International BV は、装飾コーティング、塗料、工芸品向けの新しい持続可能なグリッター製品ラインである Ecoglit® を 2022 年 3 月に発売します。
  • 2022 年 6 月、Conica AG はイタリア陸上競技連盟 FIDAL (Federazione Italiana di Atletica Leggera) と CIAS とパートナーシップを締結し、今後 3 年間イタリアのスポーツ施設を支援と発展させました。

廃タイヤ(ELT)管理市場の成長要因

廃タイヤ(ELT)管理市場の成長は、複数のエンドユーザー産業におけるゴム需要の増加と、商品消費の増加によるゴム需要への間接的な影響などの要因によるものです。可処分所得の増加により、人々は新製品に多くのお金を費とすようになり、これが予測期間中の廃タイヤ(ELT)管理の成長を促進すると予想されます。OCEDの調査によると、covid-19のパンデミックシナリオでは、ほとんどの国で世帯収入とGDPが伸びなかったが、この間、カナダとアメリカはそれぞれ10%、11%と大幅に伸びた。さらに、自動車産業の成長、道路建設の増加がも廃タイヤ(ELT)管理市場の成長を促進する顕著な要因となっています。2022 年 11 月 30 日時点で、インドの国道の総延長は 1,44,634 km でした。

廃タイヤ(ELT)管理市場の課題

グリーンタイヤの利用が増えると、市場の成長に制限がかかることが予想されます。沈殿シリカは、タイヤ製造に伴う環境問題を解決し、タイヤにおけるカーボンブラックの使用を代替する潜在的な資源として、タイヤ業界に認識されています。自動車分野でのグリーンタイヤの登場は、排ガス輸送システムの需要に起因するものです。さらに、関連する健康被害、代替品との競合がの廃タイヤ(ELT)管理市場成長を制限しています。

1702624943_1773.end-of-life-tires-elt-management-market-size.webp

サンプル納品物ショーケース

この市場の主要な成長要因のいくつかを理解します。 PDFをダウンロード

使用済みタイヤ(ELT)管理の世界 市場レポートの洞察

 主要な市場の洞察: 

 CAGR 

 約5% 

 予測年 

 2023-2035年 

 基準年 

 2022年 

 予測年の市場価値 

 約200億米ドル 

廃タイヤ(ELT)管理市場のセグメント

治療技術に基づいて、ゴム修復セグメントは、2035年末までに最大のの廃タイヤ(ELT)管理市場シェアを占めると予想されています。廃タイヤは現在、製造工程の重要な要素としてさまざまな役割を果たしています。廃ゴムは、新しいタイヤ、乗馬マット、遊び場の表面、ゴム引きアスファルトなどのさまざまな製品を製造するために使用されます。一部の最先端メーカーは、廃タイヤと廃プラスチックなどの材料を組み合わせて植木鉢と自動車部品を製造しています。丸ごとまたは細断された廃タイヤの最も一般的な用途はゴム顆粒です。タイヤから元の原料を回収するには、高価で複雑な化学的プロセスが必要です。

 治療技術別

  • ゴムの修復
  • 廃タイヤ処理

 

廃タイヤ(ELT)管理市場の地域概要

当社の廃タイヤ(ELT)管理市場調査によると、アジア太平洋地域の廃タイヤ(ELT)管理市場は、2035 年末までに最大の市場シェアを占めると予想されています。インドにおける廃タイヤリサイクルの 76% はマテリアルリサイクルが占めています。また、生産された材料は主にクラムラバーの製造に使用されます。2016 年、インド政府は廃タイヤの処理に関する規制草案を発表しました。新しい規制は、国内の中古タイヤの取り扱いをより厳格で、より効果的、より体系的で、より環境に優しい管理を行うための枠組みを提供することを目的としています。日本の地理的状況と、自然現象にさらされていることが、イノベーションと解決策としての廃タイヤの利用を促進してきました。これには、地震時の地盤補強と津波に対する堤防の保護などが含まれます。これに伴い、日本自動車タイヤ工業会(JATMA)が廃タイヤ(ELT)の処理状況を監視し、公表しています。

 北米 

  • 米国 
  • カナダ 

 ヨーロッパ 

  • ドイツ 
  • フランス 
  • イギリス 
  • イタリア 
  • スペイン 
  • オランダ 
  • ロシア 
  • その他のヨーロッパ 

 アジア太平洋地域 

  • 中国 
  • 日本 
  • インド 
  • 韓国 
  • オーストラリア 
  • シンガポール 
  • その他のアジア太平洋地域 

 ラテンアメリカ 

  • ブラジル 
  • アルゼンチン 
  • メキシコ 
  • その他のラテンアメリカ 

 中東とアフリカ 

  • GCC 
  • イスラエル 
  • 南アフリカ 
  • その他の中東とアフリカ 

当社の調査によると、ヨーロッパ地域の廃タイヤ(ELT)管理市場は、2035 年末までに大きな市場シェアを獲得すると予想されます。この地域の市場の成長は、ヨーロッパ連合加盟国、スカンジナビアと東ヨーロッパ諸国によってヨーロッパ大陸で生成される大量のスクラップタイヤなどの重要な要因によるものと考えられます。ヨーロッパ大陸では、ヨーロッパ連合加盟国、スカンジナビアと東ヨーロッパ諸国によって毎年約 390 万トンのスクラップタイヤが生産されています。また、ヨーロッパは米国に次ぐ廃タイヤ生産国でもあります。したがって、最も多く使用されているタイヤを生産しているのはドイツで、次いでイギリス、フランス、イタリア、スペインとなっています。これらの国は廃タイヤ生産量の 80% も占めています。

当社の調査によると、北米地域の廃タイヤ(ELT)管理市場は、予測期間において控えめな市場シェアを占めると予想されます。カナダは北米で第 2 位の廃タイヤ生産国です。カナダタイヤリサイクル機関協会の最新データによると、国内では年間約95万トンの廃タイヤが発生しています。さらに、カナダで生成される廃タイヤの割合は毎年 3% ずつ増加しています。国内エンドユーザー市場の需要は増加していますが、その成長は急速ではありません。古いタイヤの処理に関する連邦州のバランスはまちまちです。ノバスコシア州とマニトバ州などの小規模な州ではほとんど在庫がありませんが、オンタリオ州とケベック州などの大規模な州では、まだかなりの在庫があります。

使用済みタイヤ(ELT)管理の世界 調査の場所

北米(米国およびカナダ)、ラテンアメリカ(ブラジル、メキシコ、アルゼンチン、その他のラテンアメリカ)、ヨーロッパ(英国、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、ハンガリー、ベルギー、オランダおよびルクセンブルグ、NORDIC(フィンランド、スウェーデン、ノルウェー) 、デンマーク)、アイルランド、スイス、オーストリア、ポーランド、トルコ、ロシア、その他のヨーロッパ)、ポーランド、トルコ、ロシア、その他のヨーロッパ)、アジア太平洋(中国、インド、日本、韓国、シンガポール、インドネシア、マレーシア) 、オーストラリア、ニュージーランド、その他のアジア太平洋地域)、中東およびアフリカ(イスラエル、GCC(サウジアラビア、UAE、バーレーン、クウェート、カタール、オマーン)、北アフリカ、南アフリカ、その他の中東およびアフリカ)

1702624943_5931.end-of-life-tires-elt-management-market-share.webp
重要な地理市場に関する分析を取得します。 PDFをダウンロード

競争力ランドスケープ

廃タイヤ(ELT)管理市場の主なプレーヤー・メーカーにはAmandus Kahl GmbH & Co KG 、Conica AG 、Credential Environmental Limited 、Denka Company Limited 、Genan A/S 、Geotech International BV、SCANDINAVIAN ENVIRO SYSTEMS AB 、PCBL LIMITED 、LEHIGH TECHNOLOGIES INC 、KLEAN INDUSTRIES INCです。この調査には、世界の廃タイヤ(ELT)管理市場におけるこれらの主要企業の詳細な競合分析、企業プロファイル、最近の動向、および主要な市場戦略が含まれています。 

使用済みタイヤ(ELT)管理の世界 主な主要プレーヤー

主要な市場プレーヤーの分析

1
Amandus Kahl GmbH
2
Conica AG
3
Credential Environmental Ltd
4
Denka Company Limited
5
Genan A/S
6
Geotech International BV
7
SCANDINAVIAN ENVIRO SYSTEMS
8
PCBL LIMITED
9
LEHIGH TECHNOLOGIES INC
10
KLEAN INDUSTRIES INC
Graphs
Source: SDKI Analytics

目次

目次

我々の顧客

nitto
nitto
nitto
nitto
nitto
nitto
nitto
nitto
nitto
nitto
nitto
nitto
nitto
nitto
nitto
nitto
nitto
nitto
Facebook
Twitter
LinkedIn