お好きな市場調査レポートを10%割引でご購入いただけます。
Booklet
  • Nov 2023
  • 2023-2035
  • 48-72営業時間
品質と信頼の証
Certified 27001 2013
scotland-accredited
certified-iso-9000

ドライ真空ポンプ市場調査ー製品別(ロータリーベーン、ルーツ、スクロール、ドライスクリュー、クロー)、エンドユーザー別におよび地域別ー予測2023-2035

ドライ真空ポンプ 市場規模

ドライ真空ポンプ市場規模とシェアは、2022年に約1200百万米ドルを獲得しており、予測期間中に約 19% の CAGR で成長すると予想されます。さらに、世界のドライ真空ポンプ市場調査分析によると、2035 年までに約1397百万米ドルに達すると予想されています。

1700133171_7110.dry-vacuum-pump-market
この市場とその成長に影響を与えたレポートが必要ですか? PDFをダウンロード

ドライ真空ポンプ 市場分析

ドライ真空ポンプ市場とは、油などの潤滑剤を使用せずに動作するポンプを製造・販売する業界を指します。ドライ真空ポンプは、半導体製造、医薬品製造、食品加工、化学処理など幅広い用途で使用されています。当社の調査によると、環境規制はドライ真空ポンプ市場の成長を導く大きな要因となっています。例えば、モントリオール議定書は、クロロフルオロカーボン(CFC)やハイドロクロロフルオロカーボン(HCFC)などのオゾン層破壊物質の生産と消費を段階的に廃止し、オゾン層の保護を目的とした国際協定で す。この議定書の結果、油で密閉された真空ポンプの使用は大幅に制限され、ドライ真空ポンプの採用へとつながりました。油回転式真空ポンプが環境に悪影響を与えるという認識が広まり、さまざまな産業で乾式真空ポンプが採用されるようになりました。ドライ真空ポンプは、オイル交換や廃棄の必要がなく、二酸化炭素排出量を削減できるため、より環境に優しいソリューションといえます。

ドライ真空ポンプ市場の主要な動向

Atlas Copco AB: 2021年、Atlas Copcoは、高い性能と信頼性が求められる産業用途向けに設計された新しいGV Dry真空ポンプシリーズを発表しました。また、2020年にドイツの真空ポンプメーカーLeyboldを買収しました。

Busch Vacuum Solutions(BUSH Vacuum Solutions): 2021年、ブッシュ・バキューム・ソリューションズは、高性能と低メンテナンスを要求される産業・化学用途向けに設計された新しいドライスクリュー真空ポンプ「COBRA NX 0450 A」を発表しました。

ドライ真空ポンプ市場の成長要因

真空ポンプ市場は、自動車、ヘルスケア、オイルとガスの活動の増加により、大きな成長を遂げています。さらに、真空ポンプはエンジンの機能を長時間維持するため、エンジンの耐用年数を延ばすことができ、安全のために自動車で使用されることが増えたことが、市場の成長を後押ししています。さらに、クリーンルームや手術プロトコルを維持するための規制基準の導入、急速な技術進歩、手術件数の増加が、医療分野における真空ポンプの需要を高めています。真空ポンプは、半導体デバイスの製造プロセスにおいて重要な役割を担っています。半導体IC市場全体の需要は、スマートフォンをはじめ、家電、自動車などにまたがるアプリケーションに牽引されています。これらは、無線技術(5G)や人工知能などの技術の変遷が原因となっています。また、モノのインターネットを利用した機器の利用がトレンドになっていることも、半導体業界の同機器への投資を促すと予想されます。これらの要因は、予測期間中の市場成長をさらに後押しするです。

ドライ真空ポンプ市場の

初期投資コストの高さは、ドライ真空ポンプの市場成長を阻害する要因のひとつになると予想されます。ドライ真空ポンプは一般的にオイルシール式に比べて高価であるため、一部のエンドユーザー、特に中小企業にとって参入障壁となる可能性があります。

1700133171_2919.dry-vacuum-pump-market-size

サンプル納品物ショーケース

この市場の主要な成長要因のいくつかを理解します。 PDFをダウンロード

ドライ真空ポンプ 市場レポートの洞察

 主要な市場の洞察

 CAGR

 19%

 予測年

 2023-2035年

 基準年

 2022年

 予測年の市場価値

 約1397百万米ドル

世界のドライ真空ポンプ市場のセグメント

製品に基づいて、2035年にはロータリーベーンが最大の市場シェアを占めると予想されます。半導体・エレクトロニクス産業からの需要拡大により、このセグメントの需要が増加すると予想されます。レポートによると、世界の半導体産業は、2020年の約4650億米ドルから2026年には約8040億米ドルに成長すると予想されています。半導体・エレクトロニクス産業はドライ真空ポンプの最大のエンドユーザーであり、ロータリーベーンポンプはこの産業で広く使用されています。

エンドユーザーに基づいて、医薬品セグメントは予測期間終了までに市場収益の大きなシェアを占めると予想されます。同セグメントは、2035年まで26%の成長率が見込まれています。このセグメントの成長の主な理由は、自動化およびデジタル化の進展です。製薬業界では、効率性の向上とコスト削減のために、自動化とデジタル化の導入が進んでいます。クローポンプやスクロールポンプなどのドライ真空ポンプは、自動化システムと統合することで、プロセス制御を改善し、ダウンタイムを削減することができます。レポートによると、世界の医薬品オートメーション産業は、2025年までに約140億米ドルに達すると予想されています。

 製品別

  • ロータリーベーン
  • ルーツ
  • スクロール
  • ドライスクリュー
  • クロー

 エンドユーザー別

  • 化学品・石油化学品
  • 医薬品
  • フード・ビバレッジ
  • オイルとガス

世界のドライ真空ポンプ市場の地域概要

当社のドライ真空ポンプ市場調査によると、予測期間中に、アジア太平洋地域は、予測期間中に最も速い速度で成長するはずなので、ドライ真空ポンプにおいて最も有利な機会を提供すると予想されます。2030年まで、アジア太平洋地域の市場は24%のCAGRで成長すると予想されています。アジア太平洋地域では、特に中国やインドなどの新興国において急速な工業化が進んでいます。このため、化学、製薬、半導体製造などさまざまな産業でドライ真空ポンプの需要が増加しています。アジア太平洋地域では、環境に優しい真空ソリューションの必要性に対する認識が高まっており、これがドライ真空ポンプの採用を促進しています。日本では、日本政府がさまざまな産業で環境にやさしい真空ソリューションの導入を推進しており、それがドライ真空ポンプの需要を促進しています。例えば、政府の「グリーン調達」プログラムでは、公共調達において真空ポンプを含む環境に優しい製品の使用を奨励しています。日本では、半導体製造業がドライ真空ポンプの主要なエンドユーザーであり、モノのインターネット(IoT)機器や人工知能(AI)技術の導入が進んでいることが需要を牽引しています。日本の総務省の報告書によると、国内で使用されているIoTデバイスの数は、2020年には約16億台と推定され、2025年には45億台に達すると予測されています。

 北米

  • 米国
  • カナダ

 ヨーロッパ

  • ドイツ
  • フランス
  • イギリス
  • イタリア
  • スペイン
  • オランダ
  • ロシア
  • その他のヨーロッパ

 アジア太平洋地域

  • 中国
  • 日本
  • インド
  • 韓国
  • オーストラリア
  • シンガポール
  • その他のアジア太平洋地域

 ラテンアメリカ

  • ブラジル
  • アルゼンチン
  • メキシコ
  • その他のラテンアメリカ

 中東とアフリカ

  • GCC
  • イスラエル
  • 南アフリカ
  • その他の中東とアフリカ

北米地域は、予測期間中に世界市場の収益で大きなシェアを占めると予想される地域です。同地域は、2020年に市場の30%の収益シェアを占めています。北米には、ドライ真空ポンプの主要なエンドユーザーである製薬会社やバイオテクノロジー会社が多数存在します。バイオ医薬品や個別化医療に対する需要の高まりが、これらの地域におけるドライ真空ポンプの需要を牽引すると期待されています。北米では、電子機器・半導体製造業がドライ真空ポンプの主要なエンドユーザーとなっています。人工知能、モノのインターネット、5Gなどの先端技術の導入が進むことで、電子機器や半導体の需要が高まり、ひいてはドライ真空ポンプの需要も促進されると予想されます。

ヨーロッパもドライ真空ポンプ市場の著しい成長が期待される地域の一つです。 ヨーロッパのドライ真空ポンプ市場は、予測期間中に21%の成長を示すと予想されています。ヨーロッパでは、地球温暖化や大気汚染などの環境問題に対する意識が高まっています。ドライ真空ポンプは、漏洩して環境を汚染する可能性のあるオイルを必要としないため、オイルシール式ポンプよりも環境に優しいとされています。ヨーロッパの多くの企業は、ドライ真空ポンプの性能と効率を向上させるために、研究開発に多額の投資を行っています。これが市場のイノベーションを促進し、より高度なドライ真空ポンプの新技術の開発につながっています。

ドライ真空ポンプ 調査の場所

北米(米国およびカナダ)、ラテンアメリカ(ブラジル、メキシコ、アルゼンチン、その他のラテンアメリカ)、ヨーロッパ(英国、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、ハンガリー、ベルギー、オランダおよびルクセンブルグ、NORDIC(フィンランド、スウェーデン、ノルウェー) 、デンマーク)、アイルランド、スイス、オーストリア、ポーランド、トルコ、ロシア、その他のヨーロッパ)、ポーランド、トルコ、ロシア、その他のヨーロッパ)、アジア太平洋(中国、インド、日本、韓国、シンガポール、インドネシア、マレーシア) 、オーストラリア、ニュージーランド、その他のアジア太平洋地域)、中東およびアフリカ(イスラエル、GCC(サウジアラビア、UAE、バーレーン、クウェート、カタール、オマーン)、北アフリカ、南アフリカ、その他の中東およびアフリカ)

1700133171_6268.dry-vacuum-pump-market-share
重要な地理市場に関する分析を取得します。 PDFをダウンロード

競争力ランドスケープ

ドライ真空ポンプ市場の主なプレーヤー・メーカーには、Atlas Copco AB、Busch Vacuum Solutions、Gardner Denver Holdings, Inc.、Pfeiffer Vacuum Technology AG、ULVAC, Inc.、Ebara Corporation、Kashiyama Industries, Ltd.、Agilent Technologies, Inc.、Edwards Vacuum LLC、Anest Iwata Corporationなどがあります。この調査には、世界のドライ真空ポンプ市場におけるこれらの主要企業の詳細な競合分析、企業プロファイル、最近の動向、および主要な市場戦略が含まれています。

ドライ真空ポンプ 主な主要プレーヤー

主要な市場プレーヤーの分析

1
Atlas Copco AB
2
Busch Vacuum Solutions
3
Gardner Denver Holdings
4
Pfeiffer Vacuum Technology
5
ULVAC Inc.
6
Ebara Corporation
7
Kashiyama Industries Ltd.
8
Agilent Technologies Inc.
9
Edwards Vacuum LLC
10
Anest Iwata Corporation
Graphs
Source: SDKI Analytics

目次

目次

我々の顧客

nitto
nitto
nitto
nitto
nitto
nitto
nitto
nitto
nitto
nitto
nitto
nitto
nitto
nitto
nitto
nitto
nitto
nitto
Facebook
Twitter
LinkedIn