お好きな市場調査レポートを10%割引でご購入いただけます。
Booklet
  • Jun 2023
  • 2023-2035年
  • 48-72営業時間
品質と信頼の証
Certified 27001 2013
scotland-accredited
certified-iso-9000

データストレージシステム市場調査―記憶媒体の種類別(ストレージエリアネットワーク、ネットワークアタッチドストレージ、クラウドストレージ、ダイレクトアタッチドストレージ、ソフトウェアデファインドストレージ) アーキテクチャタイプ別、エンドユーザーのタイプ別および地域別ー予測 2023-2035年

データストレージシステム 市場規模

データストレージシステム市場規模とシェアは、2022年に約 2200億米ドルを獲得しており、予測期間中に約15% の CAGR で成長すると予想されます。さらに、世界のデータストレージシステム市場調査分析によると、2035 年までに約9750 億米ドルに達すると予想されています。

1685955416_8018.Data Storage Systems Market.webp
この市場とその成長に影響を与えたレポートが必要ですか? PDFをダウンロード

データストレージシステム 市場分析

データ ストレージ システムは、デジタル データの保存、編成、管理、検索を可能にするハードウェア、ソフトウェア、およびインフラストラクチャ コンポーネントです。これらのシステムは、データへの安全なアクセスを可能にする必要なインフラストラクチャとテクノロジーを利用します。データ ストレージ システムは、エンタープライズ データ センター、クラウド コンピューティング環境、エッジ コンピューティング デバイス、パーソナル コンピューティング デバイスなど、さまざまな環境に実装できます。当社の調査によると、インターネット ユーザーの増加に伴い、データ セキュリティ、プライバシー、コンプライアンスの側面が最前線に置かれるようになりました。これに関連して、多くの著名な組織が高度なセキュリティ テクノロジーとデータ保護プロトコルに積極的に投資しています。これと並行して、政府機関もデータ保護規制を通じてデータ セキュリティの向上に努めています。たとえば、欧州連合の一般データ保護規則、さらには、米国の医療分野向けの医療保険の相互運用性と責任に関する法律、金融分野向けのペイメント カード業界データ セキュリティ基準などの業界固有のデータ保護法です。これは、データストレージシステム市場の成長要因です。

データストレージシステム市場の主要な動向

Microsoft は、月額 1 ギガバイトあたり 0.002 米ドルからの Archive Blob ストレージの開始を発表しました。このストレージは、頻繁にアクセスされるストレージ データを最適化することで、お客様のストレージ コストの削減に役立ちます。

Innovium lnc.は、 データセンター向けのアドバンストバージョンスイッチソフトウェアプラットフォームの立ち上げを宣言した。このソフトウェアにはさまざまな機能があり、最大 12.8 テラバイトのパフォーマンスを実現します。高効率かつ堅牢で優れたパフォーマンスのデータ ストレージの採用により、データ ストレージ システム市場の成長が促進されると予想されます。

データストレージシステム市場の成長要因 

  • データ生成量の急速な増加―私たちの生活におけるデジタル技術の浸透により、生成されるデータの量はかつてないほど大幅に増加しています。国際データセンターによると、IoT の広範な普及により、作成、取得、複製されるグローバル データは 2025 年までに 175 ゼタバイトのマークを超えると推定されています。現在、世界中のインターネット ユーザーの数は 50 億人を超えており、これは世界人口の 60% に相当します。インターネットの使用により、オンライン ブラウジング、ソーシャル メディア インタラクション、電子商取引、マルチメディア ストリーミングなどのアクティビティを通じてデータが生成されるため、この増え続けるデータに対応して管理するためのスケーラブルなストレージ ソリューションの必要性が生じています。
  • エンドユーザーが個人データの生成―特に携帯電話のカメラに簡単にアクセスでき、インターネット上で無料のオーディオおよびビデオ データが入手できるため、消費者は毎年驚くべき量のデータとメディア ファイルを生成しています。さらに、モノのインターネット (IoT) の出現とその後の普及により、個人データの量は増加する一方です。 このモバイル コンテンツの増加により、データ ストレージ システム市場のベンダーに収益の道が生まれています。データストレージシステム市場の現在の傾向の1つは、組織によって生成されるテラバイトおよびペタバイト単位のビッグデータのストレージ容量の増加により、広く人気があり、需要が高まっていることです。大量のデータを処理し、成長に合わせてスケーリングを続けることができ、分析ツールに入力データと出力データを提供して分析できるため、広く使用されています。
  • クラウドサービスの浸透―クラウド コンピューティングはもはや新しいツールではなく、多くの組織がすでにクラウド サービスに加入しています。 BSA、The Software Alliance による Global Cloud Computing Scorecard によると、 クラウドコンピューティングは24カ国に普及し、IT業界シェアの80%を占めています。現在、これらのクラウド サービスにはシステム内の外部ハード ドライブや内蔵ハード ドライブなどのデータ ストレージ デバイスが必要であり、これがデータ ストレージ システム市場の成長に寄与する最も効果的な原動力となっています。 高度に仮想化されたインフラストラクチャに基づくハイブリッド クラウド ストレージ システムの注目度が高まっており、デジタル データは論理プールに保存されます。データストレージとは、ストレージメディアに情報を記録することです。 企業における集中型およびマイクロモバイルデータセンターの採用の増加とクラウドの人気の高まりが、データストレージシステム市場の成長を推進しています。
  • ビッグデータ量の増加によりデータストレージソリューションの需要が高まる―デジタル化の進展により、大量のデータが生成されます。医療記録、銀行業務、金融サービス、電子商取引、ビデオ、画像などの大規模産業を通じて生成されるデータが急激に増加したため、企業はメモリ ストレージを維持するためのストレージ能力に対処する必要がありました。 したがって、そのようなデータの保存と処理に対する投資の必要性が高まっています。たとえば、IDC レポート 2021 によると、ビッグ データと分析ソリューションに対する世界の支出は 2020 年に比べて 10.1 % 増加すると予想されています。この予測では、ビッグデータが 2025 年までに 12.8% の CAGR で強化されることも示唆されました。データの保存と管理には、ネットワーク接続ストレージ、直接接続ストレージ、ソフトウェア デファインド ストレージ、クラウド ストレージ、サーバー エリア ネットワークなどのいくつかのストレージ システムとサービスが利用できます。 したがって、ビッグデータの量の増加は市場の拡大を促進しています。

データストレージシステム市場の課題

技術の陳腐化:データ ストレージ システム市場の急速な技術進歩により、進化するビジネス ニーズを満たすために必要なパフォーマンス、容量、機能が不足しているいくつかの古いストレージ システムが時代遅れになっています。これは、最終的には、最新のデータ ストレージ テクノロジと互換性がない可能性があるレガシー システムやインフラストラクチャの課題にもつながります。IDC のレポートによると、調査対象の IT 意思決定者の 32% がストレージ導入における最大の課題として時代遅れのテクノロジーを挙げ、組織の 40% がデータ ストレージ導入における重要な課題としてレガシー システムの統合を挙げています。

  • 多額の設備投資
  • スケーラビリティと柔軟性の低下

1685955416_3592.Data Storage Systems Market Size.webp

サンプル納品物ショーケース

この市場の主要な成長要因のいくつかを理解します。 PDFをダウンロード

データストレージシステム 市場レポートの洞察

 主要な市場の洞察

 CAGR

 約15%

 予測年

 2023-2035年

 基準年

 2022年

 予測年の市場価値

 約9750 億米ドル

データストレージシステム市場のセグメント

記憶媒体の種類に基づくと、ダイレクト アタッチド ストレージ (DAS) セグメントが最大の市場シェアを占めています。DAS は接続されたストレージ デバイスを使用するため、追加のストレージ コントローラーが不要になります。さらに、DAS は、中小企業にとって手頃な価格で、遅延の短縮と転送速度の向上による顕著なパフォーマンスを提供します。DAS は、パフォーマンスの側面に加えて、データがネットワーク経由で送信されないため、不正アクセスやデータ侵害の影響を受けにくいため、信頼性の高いセキュリティを提供します。DAS に加えて、ソフトウェア デファインド ストレージも、パンデミックの長年の間にかなりの数を記録したため、将来性を示しています。

エンドユーザーのタイプに基づくと、増大するデータ要件に対応するのに適したストレージ ソリューションに対する企業のニーズにより、エンタープライズセグメントがデータ ストレージ システム市場を支配すると推定されています。さらに今日のデジタル化された世界では、ストレージ容量をシームレスに拡張し、その後分析する機能が不可欠になっています。スケーラブルなストレージ システムにより、企業は大きな混乱を招くことなく進化するニーズに対応できます。エンタープライズセグメントの広範な商業的有用性に加えて、BFSI (銀行、金融サービス、保険)、電気通信、政府などの他のセクターにも重要なデータストレージ要件があり、予測期間にかなりの量のデータストレージ要件が寄与すると推定されています。

 アーキテクチャタイプ別

  • ファイルストレージ
  • オブジェクトストレージ
  • ブロックストレージ

 記憶媒体の種類別

  • ストレージエリアネットワーク
  • ネットワークアタッチドストレージ
  • クラウドストレージ
  • ダイレクトアタッチドストレージ
  • ソフトウェアデファインドストレージ

 エンドユーザーのタイプ別

  • 産業
  • 政府
  • BFSI
  • 電気通信
  • 教育
  • メディアおよびエンターテイメント
  • エンタープライズ
  • 自動車
  • 消費者
  • その他

データストレージシステム市場の地域概要

当社のデータストレージシステム市場調査によると、北米地域のデータストレージシステム市場は、現在300億米ドルと評価されており、2023-2035年の予測期間中に6%のCAGRで着実に成長すると予測されています。これらの推定値は、国内の国際的なサプライヤーと消費者の地域集中に起因すると考えられ、米国では次世代ストレージ分野が拡大の兆しを見せ始めています。米国は引き続き、世界のデータセンターの主要市場の 1 つです。 Googleはまた、2022年4月に全国のデータセンターとオフィスに95億米ドルを投資する計画を発表した。インターネット大手企業は、ジョージア州、テキサス州、ニューヨーク州、カリフォルニア州などの米国の州に14のデータセンターを建設または拡張する予定です。このようなデータセンターへの投資の増加は、市場の大きな成長の可能性も生み出しています。そして、次世代ストレージのもう 1 つの市場は、データ集約型のモノのインターネット (IoT) ガジェットです。 これらのプログラムは主に幅広い範囲に及びます。さらに、北米の住宅の 66% には少なくとも 1 つの IoT ガジェットが存在し、北米の住宅の 25% には 3 つ以上のデバイスがあります。

このデバイスの普及はインターネット トラフィックとユーザー生成データに大きく貢献しており、北米地域の IP トラフィックは月あたり 108.4 EB と推定されています。

ヨーロッパ地域のデータストレージシステム市場は現在180億米ドルと評価されており、予測期間中に地域のデータストレージシステム市場は9%のCAGRで有望な成長軌道を描くと予測されています。ユーロスタットによると、ヨーロッパの電子商取引業界は、2019 年の 6,800 億米ドルから 2020 年には 7,300 億米ドルへと大幅な収益拡大を記録しました。欧州委員会のデータによると、欧州連合内の世帯の 85% 以上が、少なくとも 30 Mbps の速度の高速ブロードバンド インターネットにアクセスしています。このようなIoTの広範な普及と、地域政策によって推進される有利なデータプロテック規制により、この地域のデータストレージシステム市場の需要が促進されると推定されています。

 北米

  • 米国
  • カナダ

 ヨーロッパ

  • ドイツ
  • フランス
  • イギリス
  • イタリア
  • スペイン
  • オランダ
  • ロシア
  • その他のヨーロッパ

 アジア太平洋地域

  • 中国
  • 日本
  • インド
  • 韓国
  • オーストラリア
  • シンガポール
  • その他のアジア太平洋地域

 ラテンアメリカ

  • ブラジル
  • アルゼンチン
  • メキシコ
  • その他のラテンアメリカ

 中東とアフリカ

  • GCC
  • イスラエル
  • 南アフリカ
  • その他の中東とアフリカ

アジア太平洋地域のデータ ストレージ システム市場の現在の価値は 280 億米ドルで、予測では市場は 8% の CAGR で大幅に拡大すると予想されています。データ ストレージの使用に対する地域の需要の大幅な増加は、デジタル化の進展、急速な経済成長、IT インフラストラクチャの成長などの要因に根ざしている可能性があります。アジア太平洋地域のデータ ストレージ システム市場は 25% 成長すると推定されています。アジア クラウド コンピューティング協会による利害関係者の関心に関する調査では、アジア太平洋地域の回答者の約 93% がクラウド サービスの導入を検討していることが反映されています。さらに、日本を除くアジア太平洋地域のビッグデータおよび分析業界は、2020 年に 147 億米ドルの価値があると IDC によって推定されています。市場は、2021-2024 年に、 12.6% の年間平均成長率 (CAGR) で拡大すると予測されています。 データ ユーティリティの範囲が広がり、より優れた適切なストレージ インフラストラクチャが実現します。

現在、日本のデータストレージシステム市場は70億米ドル相当で、2023―2035年の予測期間中に7%の年間成長率(CAGR)で拡大すると予測されています。日本のデータストレージシステムの成長に関するこの推定は、業界全体のデータ量の増加、デジタルトランスフォーメーションの取り組み、AI、IoT、ビッグデータ分析などの新テクノロジーの採用に起因すると考えられます。さらに、Fujitsu, NEC Corporation, Hitachi, Dell Technologies, NetApp,などの国内外の大手テクノロジー企業の活発な事業も、地域のデータストレージシステム市場の成長に寄与する重要な要因です。さらに、日本政府は業界のデジタルトランスフォーメーションを積極的に推進しており、これがデータストレージインフラストラクチャへの投資の増加につながっています。 Society 5.0 などのイニシアチブは、データ ストレージ システムのアプリケーションの実現可能性と柔軟性を可能にするさまざまな分野にデジタル テクノロジーを統合することに焦点を当てています。

データストレージシステム 調査の場所

北米(米国およびカナダ)、ラテンアメリカ(ブラジル、メキシコ、アルゼンチン、その他のラテンアメリカ)、ヨーロッパ(英国、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、ハンガリー、ベルギー、オランダおよびルクセンブルグ、NORDIC(フィンランド、スウェーデン、ノルウェー) 、デンマーク)、アイルランド、スイス、オーストリア、ポーランド、トルコ、ロシア、その他のヨーロッパ)、ポーランド、トルコ、ロシア、その他のヨーロッパ)、アジア太平洋(中国、インド、日本、韓国、シンガポール、インドネシア、マレーシア) 、オーストラリア、ニュージーランド、その他のアジア太平洋地域)、中東およびアフリカ(イスラエル、GCC(サウジアラビア、UAE、バーレーン、クウェート、カタール、オマーン)、北アフリカ、南アフリカ、その他の中東およびアフリカ)

1685955416_4118.Data Storage Systems Market Share.webp
重要な地理市場に関する分析を取得します。 PDFをダウンロード

競争力ランドスケープ

データストレージシステム市場の主要なプレーヤーは、Hitachi Data System Corporation, Toshiba, Microsoft Azure, Hewlett Packard Enterprise, Equinix, Dell Technologies, NetApp, Huawei, Veritas, Infinidat, Samsung Group, IBM Corporation, Amazon Web Services, Inc., Alphabet, Inc., Microsoft Corp.などです。この調査には、世界のデータストレージシステム市場におけるこれらの主要企業の詳細な競合分析、企業プロファイル、最近の動向、および主要な市場戦略が含まれています。

データストレージシステム 主な主要プレーヤー

主要な市場プレーヤーの分析

1
Hitachi Data System
2
Toshiba
3
Microsoft Azure
4
Hewlett Packard Enterprise
5
Equinix
6
Dell Technologies
7
NetApp
8
Huawei
9
Veritas
10
Infinidat
Graphs
Source: SDKI Analytics

目次

目次

我々の顧客

nitto
nitto
nitto
nitto
nitto
nitto
nitto
nitto
nitto
nitto
nitto
nitto
nitto
nitto
nitto
nitto
nitto
nitto
Facebook
Twitter
LinkedIn