One Stop Solution For In-Depth Market Research Reports

詳細な市場調査レポートのワンストップソリューション

Home    >    AEROSPACE AND DEFENCE   >   Airport Infrastructure Investment in India Market

[ 英語タイトル ] インドにおける空港インフラ投資(インフラ投資、プロジェクト、空港、航空会社、協会)別5カ年計画(第12次計画~第15次計画):動向と予測:2020~2025年


製品コード : MREAD00105760
調査 : Market Research Engine
公開 : 14, June, 2022
調査 : Market Research Engine
カテゴリー : Aerospace and Defence
学習の場 : 北米(米国およびカナダ)、ラテンアメリカ(ブラジル、メキシコ、アルゼンチン、その他のラテンアメリカ)、ヨーロッパ(英国、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、ハンガリー、ベルギー、オランダおよびルクセンブルグ、NORDIC(フィンランド、スウェーデン、ノルウェー) 、デンマーク)、アイルランド、スイス、オーストリア、ポーランド、トルコ、ロシア、その他のヨーロッパ)、ポーランド、トルコ、ロシア、その他のヨーロッパ)、アジア太平洋(中国、インド、日本、韓国、シンガポール、インドネシア、マレーシア) 、オーストラリア、ニュージーランド、その他のアジア太平洋地域)、中東およびアフリカ(イスラエル、GCC(サウジアラビア、UAE、バーレーン、クウェート、カタール、オマーン)、北アフリカ、南アフリカ、その他の中東およびアフリカ)。
レポート形式 : PDF
販売価格オプション(消費税込み)
シングルユーザー USD2250 / 質問形式
エンタープライズユーザー USD4000 / 質問形式

[レポートの説明]

インドの航空産業は、過去数年間にわたって世界の他の産業の中で持続的な成長ペースを持っています。政府のオープンスカイ政策は、インドの航空市場に参入する多くの海外プレーヤーに巨額の支出で役立っています。新興のビジネス拠点、コネクティビティの範囲の拡大、政府のイニシアチブ、航空会社の新しい運営モデル、観光がインドの空港インフラ開発のダイナミックな成長を牽引しています





インドの航空産業は、世界の他の産業の中で一定の成長を遂げています。インド政府のオープンスカイ政策は、多くの海外プレーヤーに巨額の支出で航空市場に参入するよう促しました.




新興のビジネス拠点、コネクティビティの範囲の拡大、政府のイニシアチブ、航空会社の新しい運営モデル、観光は、インドの空港インフラ開発のダイナミックな成長を促進しています。インドへの空港インフラ投資は積極的に行われており、2024年までに200億ドルに達する見込みです





空港は、航空輸送を容易にする重要なインフラとサービスへのアクセスを提供します。さらに、空港は、地方、国、地域レベルでの経済発展に重要な役割を果たします。したがって、空港の効果的かつ効率的な開発と機能は、特に航空輸送の持続可能な発展と経済全体にとって重要です。空港インフラの質は、交通ネットワーク全体の重要な要素であり、国の国際競争力と外国投資の流れに直接貢献しています





市場のプレーヤーの中には、インドの空港局、GMRインフラストラクチャー、GVK Power & Infrastructure、L&Tなどがあり、これらのプレーヤーに加えて、エア・インディア、GoAir、ジェット・エアウェイズ、スパイス・ジェットなどの航空会社もレポートでカバーされています




このレポートはまた、インドの空港インフラ支出を定義してセグメント化し、トレンド、機会、課題に関する洞察を得て、この市場の原動力と制約を特定します。業界をリードするプレーヤーは、ジェットエアウェイズ、エアインディア、インディゴ、スパイスジェット、ゴーエアなどです





市場ダイナミクス




ドライバ
官民パートナーシップ(PPP)モデル
国内、国際、貨物輸送
国をまたいで接続ルートを増加
低コスト航空会社





拘束
メンテナンス、修理、オーバーホール(MRO)施設
不適切な滑走路< />




オポチュニティ< > 新空港の開発
国内での雇用

渋谷データカウント

渋谷データカウントは、最も信頼性が高く最新の調査分析レポートを確実に提供する経験豊富な調査専門家のグローバルチームが提供する、さまざまな業界のさまざまな市場調査レポートを提供する再販代理店です。

Recommended reports

+