banner

ワイヤー・ケーブルプラスチック市場ー業界洞察、主要プレーヤー・企業別、成長機会別、最新傾向別、開発別、主要な成長ドライバー別、主要な課題別によってセグメンテーション、予測 2031年

お客様の要件 についてお知らせください。
ワイヤー・ケーブルプラスチック市場ー業界洞察、主要プレーヤー・企業別、成長機会別、最新傾向別、開発別、主要な成長ドライバー別、主要な課題別によってセグメンテーション、予測 2031年

ワイヤー・ケーブルプラスチック市場は2022年に121.5億米ドルの市場価値から、2031年までに116.3億米ドルに達すると推定され、2022-2031年の予測期間中に4%のCAGRで成長すると予想されています。

調査レポートの詳細内容について

https://www.sdki.jp/reports/wire-cable-plastics-market/110695

ワイヤー・ケーブルのプラスチックは、ポリエチレン、ポリ塩化ビニル、ポリプロピレンなど、いくつかの種類の材料でできています。ワイヤーやケーブルに使用されるプラスチックは、ジャケットや絶縁材料として機能します。これは、設置中およびケーブルの耐用年数を通じて、下にあるケーブルコアを機械的損傷、湿気、および化学物質から保護します。世界の電力需要は2018年に900TWhに達しており、2010年に比べて4%増加しました。再生可能エネルギーと原子力発電は、主にこの電力需要の増加に貢献しました。したがって、住宅、産業、および商業部門からの電力需要の増加は、世界のワイヤー・ケーブルプラスチック市場の成長を牽引しています。

過去数年間、主に発展途上国および発展途上国/サブリージョン(インド、バングラデシュ、ケニア、サハラ以南のアフリカなど)で電力アクセスを提供する需要の高まりにより、電力インフラストラクチャの拡張が必要になりました。したがって、電力アクセスを提供する需要の高まりは、これらの国々のワイヤー・ケーブルプラスチック市場の成長を牽引しています。持続可能な開発目標によると、世界の電化率は2010年の83%から2017年には89%に上昇しました。さらに、政府主導の電化プログラムは電力セクターへの投資を引き付けています。たとえば、インド政府は「農村電化のためのDeendayal Upadhyaya Gram Jyoti Yojana(DDUGJY-RE)」を導入しました。このスキームの下で、電力省は、全国の121,225の非電化村を電化するために921のプロジェクトを認可しました。これは、予測期間中にインドのワイヤー・ケーブルプラスチック市場の成長を推進すると予想されます。

しかし、プラスチックの廃棄に関する懸念の急増は、予測期間中にワイヤー・ケーブルプラスチック市場の成長を抑制する可能性があります。

ワイヤー・ケーブルプラスチック市場セグメント

ワイヤー・ケーブルプラスチック市場は、材質別(誘導体ポリエチレン(PE)、ポリ塩化ビニル(PVC)、ポリプロピレン(PP)等)、電圧別(低電圧、中電圧、高電圧、および超高電圧)、タイプ別(難燃性および標準)、最終用途産業(IT・電気通信、建築・建設、航空宇宙・防衛、自動車、石油・ガス、電力・エネルギー)、および地域別に分割されます。これらのセグメントは、さまざまな要因に基づいてさらにサブセグメント化され、各セグメントおよびサブセグメントの複合年間成長率、評価期間の市場価値およびボリュームなど、市場に関するいくつかの追加情報で構成されます。

ワイヤー・ケーブルプラスチック市場の地域概要

さらに、レポートは北アメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋、ラテンアメリカ、中東・アフリカなどに分割されている、世界のすべての地域をカバーしています。アジア太平洋地域は、2018年に世界のワイヤー・ケーブルプラスチック市場でトップシェアを獲得しました。アジア太平洋地域のエネルギー需要は、予測期間中に急速に増加すると予測されています。これは、産業や運輸などのセクター、およびこの地域の国々の新たに電化された農村地域でのエネルギー使用量の増加に起因しています。これは、今後数年間で、この地域の市場の成長を後押しする可能性があります。一方、ヨーロッパのワイヤー・ケーブル市場は、予測期間中に、大幅な成長が見込まれています。これは、「DigitalAgendasforEurope-2025」などのイニシアチブによるものです。したがって、この地域のIT・電気通信セクターでのワイヤー・ケーブルの使用の増加は、ヨーロッパのワイヤー・ケーブルプラスチック市場の成長を牽引すると予想されます。

さらに詳細な分析のために、各地域はさらに国に分割されます:

  • アジア太平洋(中国、インド、日本、韓国、インドネシア、マレーシア、オーストラリア、ニュージーランド、シンガポール、その他のアジア太平洋)
  • 北米(米国およびカナダ)
  • 中東およびアフリカ(イスラエル、GCC [サウジアラビア、アラブ首長国連邦、バーレーン、クウェート、カタール、オマーン]、北アフリカ、南アフリカ、その他の中東およびアフリカ)
  • ラテンアメリカ(ブラジル、メキシコ、アルゼンチン、その他のラテンアメリカ)
  • ヨーロッパ(英国、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、ハンガリー、ベルギー、オランダ、ルクセンブルグ、NORDIC、ポーランド、トルコ、ロシア、その他のヨーロッパ)

ワイヤー・ケーブルプラスチック市場の主要なキープレーヤー

ワイヤー・ケーブルプラスチック市場の主要なキープレーヤーには、SCG Chemicals Co., Ltd、BASF SE、LyondellBasell Industries Holdings B.V.、Arkema Group、Solvay Group、PolyOne Corporation、SABIC、Borealis AG、SONGWON Industrial Group、BLS Polymers Ltd、Lucobit AG、Repsol、Hanwha Europe GmbH、Zhejiang Wanma Polymer Materials Group Co., Ltd.などがあります。この調査には、ワイヤー・ケーブルプラスチック市場におけるこれらの主要企業の詳細な競合分析、企業プロファイル、最近の動向、および主要な市場戦略が含まれています。

レポートのサンプルURL

https://www.sdki.jp/sample-request-110695

SDKI Inc.会社概要

SDKI Inc.の目標は、日本、中国、米国、カナダ、英国、ドイツなど、さまざまな国の市場シナリオを明らかにすることです。また、リサーチアナリストやコンサルタントの多様なネットワークを通じて、成長指標、課題、トレンド、競争環境など、信頼性の高いリサーチインサイトを世界中のクライアントに提供することに重点を置いています。SDKIは、30か国以上で信頼と顧客基盤を獲得しており、他の手つかずの経済圏での足場を拡大することにさらに注力しています。

Contact info

[ 本件に関するお問い合わせ下記まで]

SDKI.Inc

電話:+ 81 3 45720790  

Eメール:sales@sdki.jp