banner

都市計画ソフトウェア・サービス市場ー業界洞察、主要プレーヤー・企業別、成長機会別、最新傾向別、開発別、主要な成長ドライバー別、主要な課題別によってセグメンテーション、予測 2031年

お客様の要件 についてお知らせください。
都市計画ソフトウェア・サービス市場ー業界洞察、主要プレーヤー・企業別、成長機会別、最新傾向別、開発別、主要な成長ドライバー別、主要な課題別によってセグメンテーション、予測 2031年

都市計画ソフトウェア・サービス市場は、2022年に114.6億米ドルの市場価値から、2031年までに182.7億米ドルに達すると推定され、2022-2031年の予測期間中に6%のCAGRで成長すると予想されています。

調査レポートの詳細内容について

https://www.sdki.jp/reports/urban-planning-software-services-market/110465

都市計画ソフトウェアは、都市環境の3Dモデルを設計しており、都市レイアウトを計画するために使用されます。都市計画者と建築家は、都市計画ソフトウェアを使用して、都市デザインが実際に現実の世界でどのように見えるかを概念化します。都市計画者は、都市のゾーニング規則に従って3D視覚化を使用することにより、都市計画の提案を強化し、都市のレイアウトを設計できます。都市計画ソフトウェアは、建築家、不動産業者、インフラ開発者、都市計画担当者、および都市開発に関連するクリエイティブ部門によってよく使用されます。都市計画サービスは、土地利用の管理と都市環境の設計に関連する政治的および技術的なプロセスです。これには、集落とコミュニティの秩序ある発展を導き、確実にするための輸送ネットワークが含まれます。

スマートシティハブによると、毎週130万人が都市に移動しています。1000万人以上の人口を持つ21のメガシティがあります。約500以上の都市の人口は100万人を超えています。中国だけでも、2025年までに人口100万人以上の221の都市が存在すると予想されています。最近の顧客は、インターネットの使用の増加により、デジタル意識が高まっています。さらに、Web上の情報に簡単にアクセスできます。ユーザーは、日常のトランザクションやオンライン活動のスピードを求めています。

スマートシティは、オンライン政府サービス、アパート共有アプリケーション、e-hailing、家庭用エネルギー自動化、スマートパーキング、リアルタイム道路ナビゲーションアプリケーションなどのソリューションに重点を置いています。スマートシティは、公共情報とサービス、電子サービスの提供、およびインテリジェントな交通管理のソリューションを提供します。いくつかの政府や組織団体によるスマートシティへの投資の増加は、いくつかの都市の都市計画を推進する可能性があります。これは、都市計画ソフトウェア・サービス市場の成長につながります。

都市計画ソフトウェア・サービス市場セグメント

都市計画ソフトウェア・サービス市場は、ソフトウェア別(タイプ(クラウドベース、Webベース、およびアプリケーションベース)、アプリケーション(建築、商業インテリア、都市計画、住宅建設、およびクリエイティブ部門)、およびエンドユーザー(政府および不動産・インフラ企業))、サービス別(タイプ(アドバイザリーサービス、建築計画サービス、デジタルサービス、およびインフラストラクチャ計画サービス)、アプリケーション(都市計画、地域計画、およびプロジェクト/サイト計画)、およびエンドユーザー(政府および不動産・インフラストラクチャー企業))、および地域別に分割されます。これらのセグメントは、さまざまな要因に基づいてさらにサブセグメント化され、各セグメントおよびサブセグメントの複合年間成長率、評価期間の市場価値およびボリュームなど、市場に関するいくつかの追加情報で構成されます。

都市計画ソフトウェア・サービス市場の地域概要

アジア太平洋地域は、都市計画ソフトウェア・サービス市場において非常に魅力的な地域です。これは主に、開発段階にある国々の大規模な存在、と中国、インド、インドネシア、マレーシア、およびその他の発展途上国で行われているインフラストラクチャの増加に起因しています。さらに、進行中のスマートシティイニシアチブと工業化の成長がこの地域の都市計画ソフトウェア・サービス市場の成長を推進しています。たとえば、現在、東南アジア諸国連合(ASEAN)諸国全体で26以上スマートシティプロジェクトが進行中です。2017年1月、インドと日本はスマートシティ開発に関するコラボレーションを発表しました。これも、この地域の都市計画ソフトウェア・サービス市場の成長に貢献しています。一方、北米地域の都市計画ソフトウェア・サービス市場は2020年に3番目に高い収益シェアを占めており、予測期間中その位置を維持すると予想されます。この地域の市場の成長は、地域の市場プレーヤーの存在に起因する可能性があります。

これらの地域セグメントは、北米(米国およびカナダ);アジア太平洋(中国、インド、日本、韓国、インドネシア、マレーシア、オーストラリア、ニュージーランド、シンガポール、その他のアジア太平洋);ラテンアメリカ(ブラジル、メキシコ、アルゼンチン、その他のラテンアメリカ);中東およびアフリカ(イスラエル、GCC [サウジアラビア、アラブ首長国連邦、バーレーン、クウェート、カタール、オマーン]、北アフリカ、南アフリカ、その他の中東およびアフリカ)およびヨーロッパ(英国、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、ハンガリー、ベルギー、オランダ、ルクセンブルグ、NORDIC、ポーランド、トルコ、ロシア、その他のヨーロッパ)などが含まれています。

都市計画ソフトウェア・サービス市場の主要なキープレーヤー

都市計画ソフトウェア・サービス市場の主要なキープレーヤーには、Bentley Systems、Incorporated、Boston Consulting Group、Ramboll Group A/S、Stantec、Town Planning Services、Urban Planning Services、UrbanSim Inc.、Autodesk Inc.、AGENCY9、Agilicity LLC、Environmental System Research Institute Inc.、Holistic City Limitedなどがあります。この調査には、都市計画ソフトウェア・サービス市場におけるこれらの主要企業の詳細な競合分析、企業プロファイル、最近の動向、および主要な市場戦略が含まれています。

レポートのサンプルURL

https://www.sdki.jp/sample-request-110465

SDKI Inc.会社概要

SDKI Inc.の目標は、日本、中国、米国、カナダ、英国、ドイツなど、さまざまな国の市場シナリオを明らかにすることです。また、リサーチアナリストやコンサルタントの多様なネットワークを通じて、成長指標、課題、トレンド、競争環境など、信頼性の高いリサーチインサイトを世界中のクライアントに提供することに重点を置いています。SDKIは、30か国以上で信頼と顧客基盤を獲得しており、他の手つかずの経済圏での足場を拡大することにさらに注力しています。

Contact info

[ 本件に関するお問い合わせ下記まで]

SDKI.Inc

電話:+ 81 3 45720790  

Eメール:sales@sdki.jp