banner

逆浸透(RO)膜市場ー業界洞察、主要プレーヤー・企業別、成長機会別、最新傾向別、開発別、主要な成長ドライバー別、主要な課題別によってセグメンテーション、予測 2031年

お客様の要件 についてお知らせください。
逆浸透(RO)膜市場ー業界洞察、主要プレーヤー・企業別、成長機会別、最新傾向別、開発別、主要な成長ドライバー別、主要な課題別によってセグメンテーション、予測 2031年

逆浸透(RO)膜市場は、2022年に約34億米ドルの市場価値から、2031年までに約73億米ドルに達すると推定され、2022-2031年の予測期間中に10.0%のCAGRで成長すると予想されています。

調査レポートの詳細内容について

https://www.sdki.jp/reports/reverse-osmosis-ro-membrane-market/114978

水および廃水処理におけるRO膜の需要の増加は、市場の成長を推進しています。 さらに、水不足の増大、と産業および都市の廃水の処理を義務付ける政府規制の進展も、逆浸透(RO)膜市場の成長を後押ししています。 APAC、中東およびアフリカ、南アメリカなどの新興経済国における工業用プロセス水の需要の増加と都市化の成長も、市場の成長を牽引しています。

RO膜は、水処理セクターの成長に伴い需要が増加し続けています。 しかし、ファウリングとスケーリングが主な欠点です。 ファウリングは、セルロースベースの複合膜と薄膜複合膜の両方で発生します。膜の表面の塩の飽和は、淡水化プラントのスケーリングとファウリングの主な理由です。これにより、膜の流束と寿命が短くなります。 消毒剤、スケーリング防止、およびその他の前処理を使用することにより、ファウリングをある程度制御できます。これにより、運用コストが増加します。ファウリングが持続することは、膜の品質を改善するための重要な領域であり続けます。これは逆浸透(RO)膜市場の成長を妨げてきました。

逆浸透(RO)膜市場セグメント

逆浸透(RO)膜市場は、タイプ別(薄膜複合膜、セルロースベースの膜)、エンドユーザー産業別(上下水道処理、工業処理)、フィルターモジュール別(スパイラル巻き、中空糸、管状、プレート、フレーム)、用途別(海水淡水化、ユーティリティ水処理、廃水処理と再利用、プロセス水)、および地域別に分割されます。これらのセグメントは、さまざまな要因に基づいてさらにサブセグメント化され、各セグメントおよびサブセグメントの複合年間成長率、評価期間の市場価値およびボリュームなど、市場に関するいくつかの追加情報で構成されます。

タイプに基づいて、薄膜複合膜セグメントは、逆浸透(RO)膜市場で最大のシェアを占めました。

薄膜複合膜は、水および廃水処理に広く使用されています。 薄膜複合膜は、主に浄水または淡水化システムで使用するために製造されています。 これらの膜は、金属イオンや塩などの不要な物質に対する高い除去率、優れた機械的強度、および高いろ過速度を備えています。 さらに、これらの膜は優れた化学的および機械的安定性を備えており、優れた膜成形性特性を示しています。 また、これらの膜は水の浸透を促進することが認められています。 したがって、高い水回収率と高品質の処理水が得られます。

逆浸透(RO)膜市場の地域概要

逆浸透(RO)膜市場は地域に基づいてさらに細分化されており、各国の市場成長が評価されます。これらには、北米(米国、カナダ、およびその他の北米)、ヨーロッパ(ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、英国、およびその他のヨーロッパ)、アジア太平洋(中国、日本、インド、オーストラリア、シンガポール、およびその他のアジア太平洋)およびその他の地域が含まれます。

地域に基づいて、APAC地域は予測期間中に逆浸透(RO)膜市場で最も速く成長すると推定されます。

APAC地域は、価値の面で、2020年にRO膜市場で最も急成長している地域でした。 すべての人に水へのアクセスを提供する政府のイニシアチブの増加、人口の増加、および都市化の進展により、APACの市場成長が促進されています。 中国、日本、インドがこの地域の主要市場です。 さらに、シンガポール、中国、マレーシア、タイ、ベトナム、インドネシア、インドなどの国々での産業活動の拡大と住宅および商業部門の成長も、RO膜産業における上下水道処理の市場成長を推進しています。

逆浸透(RO)膜市場の主要なキープレーヤー

逆浸透(RO)膜市場の主要なキープレーヤーには、DuPont Water Solutions(米国)、Toray Industries(日本)、Suez Water Technologies and Solutions(米国)フランス)、Hydranautics(米国)、LG Chem(韓国)、Koch(米国)、Mann Hummel Water&Fluid Solutions(ドイツ) 、メンブラニウム(ロシア)などがあります。この調査には、逆浸透(RO)膜市場におけるこれらの主要企業の詳細な競合分析、企業プロファイル、最近の動向、および主要な市場戦略が含まれています。

レポートのサンプルURL

https://www.sdki.jp/sample-request-114978 

SDKI Inc.会社概要

SDKI Inc.の目標は、日本、中国、米国、カナダ、英国、ドイツなど、さまざまな国の市場シナリオを明らかにすることです。また、リサーチアナリストやコンサルタントの多様なネットワークを通じて、成長指標、課題、トレンド、競争環境など、信頼性の高いリサーチインサイトを世界中のクライアントに提供することに重点を置いています。SDKIは、30か国以上で信頼と顧客基盤を獲得しており、他の手つかずの経済圏での足場を拡大することにさらに注力しています。

Contact info

[ 本件に関するお問い合わせ下記まで]

SDKI.Inc

電話:+ 81 50 50509159  

Eメール:sales@sdki.jp