banner

臓器移植拒絶反応薬市場ー業界洞察、主要プレーヤー・企業別、成長機会別、最新傾向別、開発別、主要な成長ドライバー別、主要な課題別によってセグメンテーション、予測 2031年

お客様の要件 についてお知らせください。
臓器移植拒絶反応薬市場ー業界洞察、主要プレーヤー・企業別、成長機会別、最新傾向別、開発別、主要な成長ドライバー別、主要な課題別によってセグメンテーション、予測 2031年

臓器移植拒絶反応薬市場は、2022年に51.4億米ドルの市場価値から、2031年までに65.1億米ドルに達すると推定され、2022-2031年の予測期間中に3%のCAGRで成長すると予想されています。

調査レポートの詳細内容について

https://www.sdki.jp/reports/organ-transplant-rejection-medications-market/110454

肝臓、心臓、腎臓、膵臓の慢性疾患や、白血病や再生不良性貧血などの血液疾患の発生率の増加により、臓器の移植や交換の需要が高まっています。老人人口の増加は、主にこの人口の腎臓病や心臓病に対する感受性が高いため、臓器移植の需要に直接影響します。したがって、慢性疾患の発生率の上昇、および世界中の老人人口の増加は、予測期間中に臓器移植拒絶反応薬市場の成長を後押ししています。個人の健康に対する患者の意識の高まりは、医療機器の需要を押し上げます。患者は自分の健康についてより意識的で積極的であり、早い段階で医師のアドバイスを求めています。一人当たりの可処分所得の増加は、人々が医療施設により多くを費やすことを奨励しています。これは、世界の臓器移植拒絶反応薬市場の成長を推進します。広告は、新しいテクノロジーの一般の認知度を増加しており、それにより、慢性患者の間で関心が生まれます。

さらに、中国、インド、ブラジル、南アフリカなどの新興経済国における人口動態の変化は、臓器移植の重要な機会を提供することが期待されています。これらの国々では、公的および民間の医療費が増加すると予想されています。これは、予測期間中に臓器移植拒絶反応薬市場の成長を促進する可能性があります。また、医療費の増加、世界の一人当たりの収入の増加、および先進国と発展途上国における医療インフラと政府の償還プログラムの改善は、今後数年間で、臓器移植拒絶反応薬市場を推進する可能性があります。しかし、ドナー臓器の欠如は、2022ー2031年の予測期間中に臓器移植拒絶反応薬市場の成長を抑制する可能性があります。

世界市場の成長は、基本的な3つのパラメーター、検出、予防、および治療の開発を通じて健康を促進するためのヘルスケア業界のさまざまな重要な進歩に起因する可能性があります。これらのパラメータは、健康状態、生活の質、および全体的な医療システムを測定するために必要です。さらに、医療費の増加も市場の成長を促進しています。経済協力開発機構(OECD)の統計によると、日本の一人当たりの総医療費(政府、強制医療保険、任意医療保険)は、2016年の4297.13米ドルから2019年には4823米ドルに増加しました。同様に、米国では、9880.16米ドルから2019年に11072米ドルに増加しました。ドイツは5668米ドルから6646米ドルへの増加を目撃しており、英国は上記の期間中に3990米ドルから4653.05米ドルへの成長を観察しました。世界的に、医療費は2020ー2024年の間に約5%のCAGRで成長すると予測されています。

ヘルスケアセクターの進歩は、キープレーヤーが今後数年間でこれらの機会を利用できるようにする有利なビジネスチャンスを提供すると推定されています。さらに、いくつかの課題(到達不能で手頃な医療サービス、医療投資の不足、訓練を受けた医師と看護師など)を克服するために医療関係者と政府機関によって取られたいくつかのイニシアチブが予測期間中に市場の成長を後押しすると予想されます。

臓器移植拒絶反応薬市場セグメント

臓器移植拒絶反応薬市場は、医薬品クラス別(カルシニューリン阻害剤、抗増殖剤、mTOR阻害剤、抗体、ステロイド)、移植の種類別(腎臓移植、骨髄移植、肝臓移植、心臓移植、肺移植、その他の移植)、流通チャネル別(病院薬局、小売薬局、オンライン薬局)、および地域別に分割されます。これらのセグメントは、さまざまな要因に基づいてさらにサブセグメント化され、各セグメントおよびサブセグメントの複合年間成長率、評価期間の市場価値およびボリュームなど、市場に関するいくつかの追加情報で構成されます。

臓器移植拒絶反応薬市場の地域概要

臓器移植拒絶反応薬市場は地域に基づいてさらに細分化されており、各国の市場成長が評価されます。これらには、北米(米国、カナダ、およびその他の北米)、ヨーロッパ(ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、英国、およびその他のヨーロッパ)、アジア太平洋(中国、日本、インド、オーストラリア、シンガポール、およびその他のアジア太平洋)およびその他の地域が含まれます。

北米地域は、2018年に臓器移植拒絶反応薬市場の最大の地域でした。これは、この地域での最大数の生存者と死亡したドナーの存在、およびより良い臓器保存の実践によるものです。しかし、高コストと複雑な手順は、予測期間中に臓器移植拒絶反応薬市場に悪影響を及ぼします。一方、アジア太平洋地域の臓器移植拒絶反応薬市場は、予測期間中に4.1%のCAGRで拡大すると予測されています。移植手順は、地域ごと、国ごとに大きく異なります。これは、末端器官の損傷率の違い、移植または他の治療を提供する能力の点での経済的違い、臓器提供および移植を支援または妨害する可能性のある文化の違い、および地域間の合法的な移植の報告などの要因によるものです。

臓器移植拒絶反応薬市場の主要なキープレーヤー

臓器移植拒絶反応薬市場の主要なキープレーヤーには、GlaxoSmithKline plc、Novartis AG、F. Hoffmann-La Roche Ltd.、Astellas Pharma, Inc.、Pfizer, Inc.、AbbVie, Inc.、Allergan plc.、Bristol-Myers Squibb Company (BMS)、Sanofiなどがあります。この調査には、臓器移植拒絶反応薬市場におけるこれらの主要企業の詳細な競合分析、企業プロファイル、最近の動向、および主要な市場戦略が含まれています。

レポートのサンプルURL

https://www.sdki.jp/sample-request-110454

SDKI Inc.会社概要

SDKI Inc.の目標は、日本、中国、米国、カナダ、英国、ドイツなど、さまざまな国の市場シナリオを明らかにすることです。また、リサーチアナリストやコンサルタントの多様なネットワークを通じて、成長指標、課題、トレンド、競争環境など、信頼性の高いリサーチインサイトを世界中のクライアントに提供することに重点を置いています。SDKIは、30か国以上で信頼と顧客基盤を獲得しており、他の手つかずの経済圏での足場を拡大することにさらに注力しています。

Contact info

[ 本件に関するお問い合わせ下記まで]

SDKI.Inc

電話:+ 81 3 45720790  

Eメール:sales@sdki.jp