banner

グリコール酸市場ー業界洞察、主要プレーヤー・企業別、成長機会別、最新傾向別、開発別、主要な成長ドライバー別、主要な課題別によってセグメンテーション、予測 2031年

お客様の要件 についてお知らせください。
グリコール酸市場ー業界洞察、主要プレーヤー・企業別、成長機会別、最新傾向別、開発別、主要な成長ドライバー別、主要な課題別によってセグメンテーション、予測 2031年

グリコール酸市場は、2022年に約349百万米ドルの市場価値から、2031年までに約599百万米ドルに達すると推定され、2022-2031年の予測期間中に7%のCAGRで成長すると予想されています。

調査レポートの詳細内容について

https://www.sdki.jp/reports/glycolic-acid-market/110617

グリコール酸は水溶性が高く、肌の見た目や質感を向上させるため、さまざまなスキンケア製品に広く使用されています。それはしわ、にきびの傷跡、および色素沈着過剰を減らすのに役立ちます。また、光線性角化症、過角化症、脂漏性角化症など、他のいくつかの皮膚状態の改善にも役立ちます。グリコール酸は、繊維産業で染色およびなめし剤として使用されています。また、これは、食品加工業界で香料や防腐剤としても使用されています。さらに、これは、製薬業界でスキンケア剤として使用されています。

グリコール酸は、スキンケアやヘアケアの処方で角質除去および保湿剤として広く使用されています。スキンケアおよびヘアケア製品の需要の増加は、グリコール酸市場の成長を牽引する主要な要因であると予想されます。グリコール酸は、ポリグリコール酸(PGA)の製造など、さまざまな新しい用途にも使用されています。グリコール酸は、低レベルの金属不純物を必要とする用途で広く使用されています。これは、電子機器の銅基板を洗浄するために使用されます。グリコール酸は、金属イオンの良好な錯化、低い腐食速度、効率的なpH調整プロファイル、および環境、安全性、および取り扱い特性を提供します。これらの要因は、予測期間中にグリコール酸市場の成長を後押しすると予測されます。

しかし、皮膚の炎症、発赤、灼熱感などの副作用についての認識の増加は、予測期間中にグリコール酸市場の成長を妨げると予測されます。

価格設定と貿易に関連する生態学的懸念と不確実性を念頭に置いて、さまざまな化学メーカーが新しいビジネスモデルの設計に向けて取り組んでおり、持続可能な目標を達成しています。また、化学メーカーは製品ポートフォリオを拡大しており、それに応じて最新のアプリケーションとイノベーションに投資しています。変革の主な分野は、再生可能資源へのエネルギー供給の変更、研究開発活動への継続的な投資、CO2排出量とプラスチック廃棄物の削減に焦点を当てていると推定されています。また、企業は2050年までに正味ゼロの温室効果ガス排出を目指しています。これらの要因は、経験豊富な専門家の需要を促進しており、既存の市場プレーヤーだけでなく、新規参入者にとっても有利なビジネスチャンスを生み出すと推定されています。一方、建設、コーティング、電子機器、クリーナー、消毒剤用の化学薬品の需要は継続的に成長すると推定されています。中国は世界の化学物質の生産で主導的な地位を占めており、2019年の世界の化学物質販売の約40%のシェアを占めています。世界の化学産業は、ヨーロッパ、日本、米国、およびアジアの発展途上国が世界の化学品販売全体で主導的な地位を獲得することで、競争環境の劇的な変化を目撃しています。日本の化学物質の輸出は、約30%のY-O-Y成長を示しめており、2021年4月に85億米ドルを超えました。一方、これは海外への出荷の全体的な発展を支え、米国と中国が最も高いシェアを占めました。これらの要因は、予測期間中に市場の成長を牽引すると推定されます。

グリコール酸市場セグメント

グリコール酸市場は、グレード別(グリコール酸<= 68%、グリコール酸70%、およびグリコール酸> = 99%)、アプリケーション別(パーソナルケア・化粧品、植物成長刺激、食品香料・保存、ポリグリコール酸(PGA)製造、洗浄剤、石油・ガス、電子機器、皮革染色・なめし、およびその他)、および地域別に分割されます。これらのセグメントは、さまざまな要因に基づいてさらにサブセグメント化され、各セグメントおよびサブセグメントの複合年間成長率、評価期間の市場価値およびボリュームなど、市場に関するいくつかの追加情報で構成されます。

グリコール酸市場の地域概要

アジア太平洋地域は2018年に世界のグリコール酸市場を支配しました。この地域は、予測期間中に、非常に儲かるままであると予測されています。これは、人口の増加、生活水準の向上、および地域での電子商取引活動の増加によるものです。中国やインドなどの国々での急速な工業化は、機器のメンテナンス活動の成長につながっています。グリコール酸は、産業機器を洗浄および洗浄するための硬質表面クリーナーとして使用されます。さらに、それは穏やかな臭いがあり、幅広い溶剤に溶けます。また、他の化学物質と比較して毒性が低く、生分解性です。これらの要因により、硬質表面クリーナーとしてのグリコール酸の需要が高まると予想されます。グリコール酸は、皮革産業で染色およびなめし剤として広く使用されています。この地域の主要メーカーによる繊維セクターへの投資の増加は、皮革産業に活気を与えています。これは、アジア太平洋地域でのグリコール酸の需要を推進しています。

これらの地域セグメントは、北米(米国およびカナダ);アジア太平洋(中国、インド、日本、韓国、インドネシア、マレーシア、オーストラリア、ニュージーランド、シンガポール、その他のアジア太平洋);ラテンアメリカ(ブラジル、メキシコ、アルゼンチン、その他のラテンアメリカ);中東およびアフリカ(イスラエル、GCC [サウジアラビア、アラブ首長国連邦、バーレーン、クウェート、カタール、オマーン]、北アフリカ、南アフリカ、その他の中東およびアフリカ)およびヨーロッパ(英国、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、ハンガリー、ベルギー、オランダ、ルクセンブルグ、NORDIC、ポーランド、トルコ、ロシア、その他のヨーロッパ)などが含まれています。

グリコール酸市場の主要なキープレーヤー

グリコール酸市場の主要なキープレーヤーには、The Chemours Company、Phibro Animal Health Corporation、CABB Group GmbH、China Petroleum & Chemical Corporation (SINOPEC)、Shandong Xinhua Pharmaceutical Co.Ltd.、CrossChem LP

Avid Organics、Zhonglan Industry Co., Ltd.、Water Chemical Co., Ltd、Hebei Chengxin Co., Ltd.、Hefei TNJ Chemical Industry Co.Ltd.、Saanvi Corpなどがあります。この調査には、グリコール酸市場におけるこれらの主要企業の詳細な競合分析、企業プロファイル、最近の動向、および主要な市場戦略が含まれています。

レポートのサンプルURL

https://www.sdki.jp/sample-request-110617

SDKI Inc.会社概要

SDKI Inc.の目標は、日本、中国、米国、カナダ、英国、ドイツなど、さまざまな国の市場シナリオを明らかにすることです。また、リサーチアナリストやコンサルタントの多様なネットワークを通じて、成長指標、課題、トレンド、競争環境など、信頼性の高いリサーチインサイトを世界中のクライアントに提供することに重点を置いています。SDKIは、30か国以上で信頼と顧客基盤を獲得しており、他の手つかずの経済圏での足場を拡大することにさらに注力しています。

Contact info

[ 本件に関するお問い合わせ下記まで]

SDKI.Inc

電話:+ 81 3 45720790  

Eメール:sales@sdki.jp