banner

グローバルスマートラーニング市場ー業界洞察、主要プレーヤー・企業別、成長機会別、最新傾向別、開発別、主要な成長ドライバー別、主要な課題別によってセグメンテーション、予測 2031年

お客様の要件 についてお知らせください。
グローバルスマートラーニング市場ー業界洞察、主要プレーヤー・企業別、成長機会別、最新傾向別、開発別、主要な成長ドライバー別、主要な課題別によってセグメンテーション、予測 2031年

グローバルスマートラーニング市場は、2022年に約444億米ドルの市場価値から、2031年までに約2,040億米ドルに達すると推定され、2022-2031年の予測期間中に21%のCAGRで成長すると予想されています。

調査レポートの詳細内容について

https://www.sdki.jp/reports/smart-learning-market/114977 

インタラクティブで魅力的な学習環境の必要性の高まりは、スマートラーニング市場の成長を促進すると予想されます。スマート学習ツールは、従業員間のシームレスなコミュニケーションを提供することにより、組織を支援します。 これにより、従業員の運用効率と生産性が向上しており、組織がビジネス目標を達成するのにも役立ちます。テクノロジーの進歩に伴い、学習体験を向上させるためのスマートな学習ソリューションに対する需要が高まっています。 スマートラーニングソリューションは、グラフ、画像、チャート、プレゼンテーションなどの視覚的要素を利用して、学生が概念をより迅速に理解できるようにします。 これは、対象の学生に対する学生の関心レベルを高めるのに役立ちます。 したがって、学生は効果的に学習しており、より多くの情報を保持することができます。 また、これは、学生の創造的な想像力を研ぎ澄ますための指導力としても機能します。

スマートクラスルームやスマートキャンパスなどのスマートラーニングソリューションに必要な機器は非常に高価であり、設置と定期的なメンテナンスのために組織による巨額の投資が必要です。 幼児は予測不可能であり、機器の取り扱いを誤る可能性があるため、初等中等教育機関にとって特に高いリスクがあります。 したがって、大企業または大規模な教育機関のみがこの機器を購入することができます。 中小企業や中小企業は、スマートな学習のためのソフトウェアソリューションを採用する傾向があります。

グローバルスマートラーニング市場セグメント

グローバルスマートラーニング市場は、コンポーネント(ハードウェア、ソフトウェア、サービス)、学習タイプ(同期および非同期学習)、エンドユーザー(学術、企業、政府)、および地域別に分割されます。これらのセグメントは、さまざまな要因に基づいてさらにサブセグメント化され、各セグメントおよびサブセグメントの複合年間成長率、評価期間の市場価値およびボリュームなど、市場に関するいくつかの追加情報で構成されます。

学習タイプに基づいて、同期学習セグメントは予測期間中により高いCAGRで成長と予想されます。

学習タイプに基づいて、同期学習セグメントは、予測期間中に高い成長率で成長すると予想されます。 同期学習は、リアルタイムで行われるオンライン学習です。 このタイプの学習では、学習者は進行中のセッション中に講師を中断して質問することができます。 オンラインコミュニケーションは、学習者が教師や仲間の学生と連絡を取り合うのに役立ちます。同期学習には、教室での取り組み、動的学習、指導の深さなど、非同期学習とは異なる機能があります。

グローバルスマートラーニング市場の地域概要

グローバルスマートラーニング市場は地域に基づいてさらに細分化されており、各国の市場成長が評価されます。これらには、北米(米国、カナダ、およびその他の北米)、ヨーロッパ(ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、英国、およびその他のヨーロッパ)、アジア太平洋(中国、日本、インド、オーストラリア、シンガポール、およびその他のアジア太平洋)およびその他の地域が含まれます。

地域に基づいて、アジア太平洋地域の市場は予測期間中に最大のCAGRで成長すると予想されます。

アジア太平洋(APAC)市場の市場は、予測期間中に最大のCAGRで成長すると予測されます。 アジア太平洋地域の市場は、スマートラーニングソリューションの急速な採用により、最も急速に成長する市場になると予想されています。 デジタルインフラストラクチャを促進するための政府のイニシアチブは、この地域でのビデオ会議ソリューションの採用を促進する責任があります。 この地域は学生人口が最も多く、技術の進歩に伴い、eラーニングと遠隔教育の需要が高まっています。 これにより、中国、日本、インド、オーストラリアなどの急成長国でスマートラーニングソリューションが急速に採用されるようになりまします。

グローバルスマートラーニング市場の主要なキープレーヤー

グローバルスマートラーニング市場の主要なキープレーヤーには、Blackboard(米国)、Samsung(韓国)、Adobe(米国)、Microsoft(米国)、Oracle(米国)、SAP(ドイツ)、Google(米国)、BenQ(台湾)、Cornerstone On Demand(米国)、Pearson(英国) )、McGraw-Hill(米国)、Cisco(米国)、Huawei(中国)、Cross Knowledge(フランス)、D2L(カナダ)、Neuro(米国)、Elsian(米国)、Upside LMS(インド)、Edsis(インド)などがあります。この調査には、グローバルスマートラーニング市場におけるこれらの主要企業の詳細な競合分析、企業プロファイル、最近の動向、および主要な市場戦略が含まれています。

レポートのサンプルURL

https://www.sdki.jp/sample-request-114977 

SDKI Inc.会社概要

SDKI Inc.の目標は、日本、中国、米国、カナダ、英国、ドイツなど、さまざまな国の市場シナリオを明らかにすることです。また、リサーチアナリストやコンサルタントの多様なネットワークを通じて、成長指標、課題、トレンド、競争環境など、信頼性の高いリサーチインサイトを世界中のクライアントに提供することに重点を置いています。SDKIは、30か国以上で信頼と顧客基盤を獲得しており、他の手つかずの経済圏での足場を拡大することにさらに注力しています。

Contact info

[ 本件に関するお問い合わせ下記まで]

SDKI.Inc

電話:+ 81 50 50509159  

Eメール:sales@sdki.jp