banner

世界のリチウムイオン電池アノード市場ー業界洞察、主要プレーヤー・企業別、成長機会別、最新傾向別、開発別、主要な成長ドライバー別、主要な課題別によってセグメンテーション、予測 2031年

お客様の要件 についてお知らせください。
世界のリチウムイオン電池アノード市場ー業界洞察、主要プレーヤー・企業別、成長機会別、最新傾向別、開発別、主要な成長ドライバー別、主要な課題別によってセグメンテーション、予測 2031年

世界のリチウムイオン電池アノード市場は、2022年に約100億米ドルの市場価値から、2031年までに約430億米ドルに達すると推定され、2022-2031年の予測期間中に19.9%のCAGRで成長すると予想されています。

調査レポートの詳細内容について

https://www.sdki.jp/reports/lithium-ion-battery-anode-market/114883 

電気自動車の需要の増加、と産業用リチウムイオン電池の高い需要が市場の成長を牽引しています。 さらに、リチウムイオン電池アノード業界のいくつかの著名なプレーヤーによって実行された契約や工場拡張などの戦略は、世界中のリチウムイオン電池アノード業界の成長を推進しています。電気自動車(EV)やプラグインハイブリッド電気自動車(PHEV)の普及により、必然的にリチウムイオン電池の採用が促進されており、今後数年間でさらに増えることが見込まれます。 消費者の間でのEVの採用の増加は、これらの省エネ、汚染低減車両の市場を後押しするのに役立っています。 電気自動車は、自動車産業と輸送システムの未来として認識されています。 それらの採用の増加は、最終的にリチウムイオン電池の需要を増加させる可能性があります。

使用済みバッテリーには、酸や水銀や鉛などの重金属などの有害化学物質が含まれています。 2007年7月、リチウムベースのバッテリーによる火災事故により、132,000リットルを超える化学物質が炎上しました。 これにより、英国の2つの主要高速道路が閉鎖されました。 使用済みバッテリーは水密容器に保管し、他の可燃性および可燃性物質から離して保管する必要があります。 また、火災発生時の予防措置として、クラスDの消火器と砂を近くに置いておくことも重要です。 使用済みバッテリーは残留電荷を保持しているため、計画外の放電のリスクがあり、それが資産や人に害を及ぼす可能性があります。 すべてのバッテリーは、適切にラベル付けされていない限り、電荷を保持しているものとして扱い、注意して保管する必要があります。 前述のリスクにより、使用済みバッテリーの保管と輸送は州または国の政府によって規制されています。

世界のリチウムイオン電池アノード市場セグメント

世界のリチウムイオン電池アノード市場は、材料別(アクティブアノード材料およびアノードバインダー)、バッテリー製品別(セルおよびバッテリーパック)、エンドユーザー別(自動車および非自動車)、および地域別に分割されます。これらのセグメントは、さまざまな要因に基づいてさらにサブセグメント化され、各セグメントおよびサブセグメントの複合年間成長率、評価期間の市場価値およびボリュームなど、市場に関するいくつかの追加情報で構成されます。

エンドユーザーに基づくと、自動車セグメントは、予測期間中にリチウムイオン電池アノードの最大のシェアを持っています。

自動車セグメントは、さまざまな環境基準や排出規制の採用により、今後数年間で成長すると予想されます。 環境への配慮とクリーンで持続可能な燃料への意識により、電気自動車の需要が高まっています。 その結果、リチウムイオン電池用の負極の需要が高まっています。 また、電気自動車の購入を奨励するためのインセンティブや補助金の形で、さまざまな国の政府からかなりの支援があります。

世界のリチウムイオン電池アノード市場の地域概要

世界のリチウムイオン電池アノード市場は地域に基づいてさらに細分化されており、各国の市場成長が評価されます。これらには、北米(米国、カナダ、およびその他の北米)、ヨーロッパ(ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、英国、およびその他のヨーロッパ)、アジア太平洋(中国、日本、インド、オーストラリア、シンガポール、およびその他のアジア太平洋)およびその他の地域が含まれます。

地域に基づいて、アジア太平洋地域は、予測期間中にリチウムイオン電池アノード市場の最大のシェアを持っていると予測されます。

アジア太平洋地域は、価値と量の両方の点で、2022ー2031年の間にリチウムイオン電池アノード産業をリードすると予想されています。この地域は魅力的な自動車市場になり、最近、自動車生産のハブとして台頭してきました。 新興国における最近のインフラ開発と工業化活動は、OEMに新しい道と機会をもたらしました。 人口の購買力の高まりにより、家電製品や自動車の需要を刺激するリチウムイオン電池の必要性が高まっています。 その見返りとして、リチウムイオン電池のアノードに対する需要が生まれます。

世界のリチウムイオン電池アノード市場の主要なキープレーヤー

世界のリチウムイオン電池アノード市場の主要なキープレーヤーには、Showa Denko Materials(日本)、JFE Chemical(日本)、Kureha(日本)、SGL Carbon(ドイツ)、Shanshan Technology(中国)、Posco Chemical(韓国)などがあります。この調査には、世界のリチウムイオン電池アノード市場におけるこれらの主要企業の詳細な競合分析、企業プロファイル、最近の動向、および主要な市場戦略が含まれています。

レポートのサンプルURL

https://www.sdki.jp/sample-request-114883 

SDKI Inc.会社概要

SDKI Inc.の目標は、日本、中国、米国、カナダ、英国、ドイツなど、さまざまな国の市場シナリオを明らかにすることです。また、リサーチアナリストやコンサルタントの多様なネットワークを通じて、成長指標、課題、トレンド、競争環境など、信頼性の高いリサーチインサイトを世界中のクライアントに提供することに重点を置いています。SDKIは、30か国以上で信頼と顧客基盤を獲得しており、他の手つかずの経済圏での足場を拡大することにさらに注力しています。

Contact info

[ 本件に関するお問い合わせ下記まで]

SDKI.Inc

電話:+ 81 50 50509159  

Eメール:sales@sdki.jp