One Stop Solution For In-Depth Market Research Reports

詳細な市場調査レポートのワンストップソリューション

Home    >    >   Global epoxy resin market

世界のエポキシ樹脂市場市場ー業界洞察、主要プレーヤー・企業別、成長機会別、最新傾向別、開発別、主要な成長ドライバー別、主要な課題別によってセグメンテーション、予測 2030年


世界のエポキシ樹脂市場ー物理的形態別(液体、固体および溶液)、用途別(塗料・コーティング、複合材料、接着剤・シーラントおよびその他)、最終用途産業別、および地域別ー予測2022ー2030年


エポキシ樹脂市場は、2022年に88.4億米ドルの市場価値から、2030年までに130.9億米ドルに達すると推定され、2022-2030年の予測期間中に5.77%のCAGRで成長すると予想されています。

調査レポートの詳細内容について

https://www.sdki.jp/reports/global-epoxy-resin-market/59016

エポキシ樹脂は、耐食性、耐久性の長さ、優れた機械的強度、高い熱安定性、顕著な靭性、耐薬品性と耐湿性、優れた接着性など、さまざまな特性を備えています。これは、接着剤、複合材料、塗料・コーティング、電子カプセル化産業など、いくつかの最終用途産業で広く使用されています。エポキシ樹脂を含む塗料やコーティングは、他の化学物質よりも環境に優しいと考えられています。最終用途産業からの需要の増加、複合材料の使用の増加、および発展途上国からの新たな需要は、予測期間中にエポキシ樹脂市場の成長を推進する主な要因です。また、軽量化、安全性、使いやすさの革新的な進歩の必要性もエポキシ樹脂市場の成長に貢献しています。

さらに、出版物、商業印刷、包装、段ボールなどの需要の増加、と環境にやさしいソリューションなどの消費者固有のニーズにより、印刷インキ業界に対する世界的な需要が急増しています。これにより、エポキシ樹脂の需要が高まります。Statistaによると、米国の印刷本の販売台数は2012年には約591万冊でしたが、2019年には6億8,945万冊に増加しました。世界中で自動車に対する需要が高まっているため、エポキシ樹脂ベースの塗料とコーティングの採用が増えています。これは、予測期間中にエポキシ樹脂市場の成長をさらに促進します。

しかし、原材料価格の変動は、予測期間中に世界のエポキシ樹脂市場の成長を抑制する可能性があります。

価格設定と貿易に関連する生態学的懸念と不確実性を念頭に置いて、さまざまな化学メーカーが新しいビジネスモデルの設計に向けて取り組んでおり、持続可能な目標を達成しています。また、化学メーカーは製品ポートフォリオを拡大しており、それに応じて最新のアプリケーションとイノベーションに投資しています。変革の主な分野は、再生可能資源へのエネルギー供給の変更、研究開発活動への継続的な投資、CO2排出量とプラスチック廃棄物の削減に焦点を当てていると推定されています。また、企業は2050年までに正味ゼロの温室効果ガス排出を目指しています。これらの要因は、経験豊富な専門家の需要を促進しており、既存の市場プレーヤーだけでなく、新規参入者にとっても有利なビジネスチャンスを生み出すと推定されています。一方、建設、コーティング、電子機器、クリーナー、消毒剤用の化学薬品の需要は継続的に成長すると推定されています。中国は世界の化学物質の生産で主導的な地位を占めており、2019年の世界の化学物質販売の約40%のシェアを占めています。世界の化学産業は、ヨーロッパ、日本、米国、およびアジアの発展途上国が世界の化学品販売全体で主導的な地位を獲得することで、競争環境の劇的な変化を目撃しています。日本の化学物質の輸出は、約30%のY-O-Y成長を示しめており、2021年4月に85億米ドルを超えました。一方、これは海外への出荷の全体的な発展を支え、米国と中国が最も高いシェアを占めました。これらの要因は、予測期間中に市場の成長を牽引すると推定されます。

エポキシ樹脂市場セグメント

エポキシ樹脂市場は、物理的形態別(液体、固体および溶液)、用途別(塗料・コーティング、複合材料、接着剤・シーラントおよびその他)、最終用途産業別(建築・建設、自動車、大型と大型車両および鉄道、一般産業、消費者商品(スポーツ用品を含む)、風力、航空宇宙と海洋)、および地域別に分割されます。これらのセグメントは、さまざまな要因に基づいてさらにサブセグメント化され、各セグメントおよびサブセグメントの複合年間成長率、評価期間の市場価値およびボリュームなど、市場に関するいくつかの追加情報で構成されます。

エポキシ樹脂市場の地域概要

エポキシ樹脂市場は地域に基づいてさらに細分化されており、各国の市場成長が評価されます。これらには、北米(米国、カナダ、およびその他の北米)、ヨーロッパ(ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、英国、およびその他のヨーロッパ)、アジア太平洋(中国、日本、インド、オーストラリア、シンガポール、およびその他のアジア太平洋)およびその他の地域が含まれます。

アジア太平洋地域は、市場シェアの点で世界をリードする地域です。これは、工業化の進展、インフラ開発の進展、および技術の採用の増加に起因しています。また中国とインドからの需要の増加、および自動車生産の増加により、この地域の塗料とコーティングの需要が高まっています。これは、エポキシ樹脂市場の成長に貢献しています。さらに、可処分所得の増加、と支出意欲は、今後数年間でこの地域のエポキシ樹脂市場の成長を牽引すると予想されます。

エポキシ樹脂市場の主要なキープレーヤー

エポキシ樹脂市場の主要なキープレーヤーには、Olin Corporation、Nan Ya Plastics Corporation、Hexion Inc.、Kukdo Chemical Co. Ltd.、Huntsman Corporation、Chang Chun Plastics Co. Ltd.、Aditya Birla Chemicals、The 3M Company、BASF SE、Sinopec Corporationなどがあります。この調査には、エポキシ樹脂市場におけるこれらの主要企業の詳細な競合分析、企業プロファイル、最近の動向、および主要な市場戦略が含まれています。

レポートのサンプルURL

https://www.sdki.jp/sample-request-59016

SDKI Inc.会社概要

SDKI Inc.の目標は、日本、中国、米国、カナダ、英国、ドイツなど、さまざまな国の市場シナリオを明らかにすることです。また、リサーチアナリストやコンサルタントの多様なネットワークを通じて、成長指標、課題、トレンド、競争環境など、信頼性の高いリサーチインサイトを世界中のクライアントに提供することに重点を置いています。SDKIは、30か国以上で信頼と顧客基盤を獲得しており、他の手つかずの経済圏での足場を拡大することにさらに注力しています。

Contact Info:-

[ 本件に関するお問い合わせ下記まで]

SDKI.Inc

電話:+ 81 3 45720790  

Eメール:sales@sdki.jp

渋谷データカウント

渋谷データカウントは、最も信頼性が高く最新の調査分析レポートを確実に提供する経験豊富な調査専門家のグローバルチームが提供する、さまざまな業界のさまざまな市場調査レポートを提供する再販代理店です。

Recommended reports

+