One Stop Solution For In-Depth Market Research Reports

詳細な市場調査レポートのワンストップソリューション

Home    >    >   Global electronic chemicals and materials market

世界の電子化学品・材料市場市場ー業界洞察、主要プレーヤー・企業別、成長機会別、最新傾向別、開発別、主要な成長ドライバー別、主要な課題別によってセグメンテーション、予測 2030年


世界の電子化学品・材料市場ータイプ別(特殊ガス、CMPスラリー、フォトレジスト化学薬品、導電性ポリマー、Low K誘電体、湿式化学薬品、など)、用途別、および地域別ー予測2022ー2030年


電子化学品・材料市場は、2022年に651.0億米ドルの市場価値から、2030年までに1,080.0億米ドルに達すると推定され、2022-2030年の予測期間中に7.5%のCAGRで成長すると予想されています。

調査レポートの詳細内容について

https://www.sdki.jp/reports/global-electronic-chemicals-materials-market/58752

電子化学品・材料は、電子機器の製造、製造、パッケージングに使用されます。これには、半導体、プリント回路基板、フラットパネルディスプレイ、集積回路などが含まれ、すべての化学物質と材料によって製造およびパッケージ化されています。電子化学薬品・材料には、ウェーハ製造化学薬品・材料、および包装化学薬品および材料が含まれます。ウェーハ製造には、フラットパネルディスプレイ、回路基板などのデバイスを製造するプロセスが含まれます。パッケージングの技術には、電子材料の相互接続が含まれます。エレクトロニクス産業における技術進歩に対する需要の高まりは、2022ー2030年の予測期間中に電子化学品・材料市場の成長を促進すると予想されます。

さらに、世界人口の増加、と可処分所得も電子化学品・材料市場の成長に貢献する主要な要因です。また、ITインフラストラクチャの増加、および電電子化学品・材料の製造における技術的強化は、2022ー2030年の予測期間中に世界の電子化学品・材料市場の成長を後押しします。

価格設定と貿易に関連する生態学的懸念と不確実性を念頭に置いて、さまざまな化学メーカーが新しいビジネスモデルの設計に向けて取り組んでおり、持続可能な目標を達成しています。また、化学メーカーは製品ポートフォリオを拡大しており、それに応じて最新のアプリケーションとイノベーションに投資しています。変革の主な分野は、再生可能資源へのエネルギー供給の変更、研究開発活動への継続的な投資、CO2排出量とプラスチック廃棄物の削減に焦点を当てていると推定されています。また、企業は2050年までに正味ゼロの温室効果ガス排出を目指しています。これらの要因は、経験豊富な専門家の需要を促進しており、既存の市場プレーヤーだけでなく、新規参入者にとっても有利なビジネスチャンスを生み出すと推定されています。一方、建設、コーティング、電子機器、クリーナー、消毒剤用の化学薬品の需要は継続的に成長すると推定されています。中国は世界の化学物質の生産で主導的な地位を占めており、2019年の世界の化学物質販売の約40%のシェアを占めています。世界の化学産業は、ヨーロッパ、日本、米国、およびアジアの発展途上国が世界の化学品販売全体で主導的な地位を獲得することで、競争環境の劇的な変化を目撃しています。日本の化学物質の輸出は、約30%のY-O-Y成長を示しめており、2021年4月に85億米ドルを超えました。一方、これは海外への出荷の全体的な発展を支え、米国と中国が最も高いシェアを占めました。これらの要因は、予測期間中に市場の成長を牽引すると推定されます。

電子化学品・材料市場セグメント

電子化学品・材料市場は、タイプ別(特殊ガス、CMPスラリー、フォトレジスト化学薬品、導電性ポリマー、Low K誘電体、湿式化学薬品、シリコンウェーハ、PCBラミネート)、用途別(半導体およびその他)、および地域別に分割されます。これらのセグメントは、さまざまな要因に基づいてさらにサブセグメント化され、各セグメントおよびサブセグメントの複合年間成長率、評価期間の市場価値およびボリュームなど、市場に関するいくつかの追加情報で構成されます。

電子化学品・材料市場の地域概要

さらに、レポートは北アメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋、ラテンアメリカ、中東&アフリカなどに分割されている、世界のすべての地域をカバーしています。北米地域は、市場シェアの点で世界をリードする地域です。しかし、アジア太平洋地域の電子化学品・材料市場は、予測期間中(2022ー2030年)に最大の成長率/ CAGRを示すと予想されます。人口の増加、高い可処分所得、および電気通信とIT、スマートカード、電子ゲーム、消費財アプリケーションの発展などの要因は、アジア太平洋地域の電子化学品・材料市場に有利な成長の機会を生み出します。

さらに詳細な分析のために、各地域はさらに国に分割されます:

  • アジア太平洋(中国、インド、日本、韓国、インドネシア、マレーシア、オーストラリア、ニュージーランド、シンガポール、その他のアジア太平洋)
  • 北米(米国およびカナダ)
  • 中東およびアフリカ(イスラエル、GCC [サウジアラビア、アラブ首長国連邦、バーレーン、クウェート、カタール、オマーン]、北アフリカ、南アフリカ、その他の中東およびアフリカ)
  • ラテンアメリカ(ブラジル、メキシコ、アルゼンチン、その他のラテンアメリカ)
  • ヨーロッパ(英国、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、ハンガリー、ベルギー、オランダ、ルクセンブルグ、NORDIC、ポーランド、トルコ、ロシア、その他のヨーロッパ)

電子化学品・材料市場の主要なキープレーヤー

電子化学品・材料市場の主要なキープレーヤーには、Linde PLC、Air Products and Chemicals、DowDuPont、Cabot Microelectronics、BASF AG、Hitachi Chemical、Air Liquide、Solvay、Shin-Etsu Chemical Co., Ltd.、Covestroなどがあります。この調査には、電子化学品・材料市場におけるこれらの主要企業の詳細な競合分析、企業プロファイル、最近の動向、および主要な市場戦略が含まれています。

レポートのサンプルURL

https://www.sdki.jp/sample-request-58752

SDKI Inc.会社概要

SDKI Inc.の目標は、日本、中国、米国、カナダ、英国、ドイツなど、さまざまな国の市場シナリオを明らかにすることです。また、リサーチアナリストやコンサルタントの多様なネットワークを通じて、成長指標、課題、トレンド、競争環境など、信頼性の高いリサーチインサイトを世界中のクライアントに提供することに重点を置いています。SDKIは、30か国以上で信頼と顧客基盤を獲得しており、他の手つかずの経済圏での足場を拡大することにさらに注力しています。

Contact info

[ 本件に関するお問い合わせ下記まで]

SDKI.Inc

電話:+ 81 3 45720790  

Eメール:sales@sdki.jp

渋谷データカウント

渋谷データカウントは、最も信頼性が高く最新の調査分析レポートを確実に提供する経験豊富な調査専門家のグローバルチームが提供する、さまざまな業界のさまざまな市場調査レポートを提供する再販代理店です。

Recommended reports

+