banner

浮体式(フローティング)発電所市場ー業界洞察、主要プレーヤー・企業別、成長機会別、最新傾向別、開発別、主要な成長ドライバー別、主要な課題別によってセグメンテーション、予測 2031年

お客様の要件 についてお知らせください。
浮体式(フローティング)発電所市場ー業界洞察、主要プレーヤー・企業別、成長機会別、最新傾向別、開発別、主要な成長ドライバー別、主要な課題別によってセグメンテーション、予測 2031年

浮体式(フローティング)発電所市場は、2031年までに約6,017億米ドルに達すると推定され、2022-2031年の予測期間中に6.5%のCAGRで成長すると予想されています。

調査レポートの詳細内容について

https://www.sdki.jp/reports/floating-power-plant-market/110580

浮体式発電所は、海洋技術と発電を統合しています。それらは、柔軟で分散型の発電などの利点を提供します。これらの発電所は、単一(単純)サイクルモードと複合サイクルモードで稼働する柔軟性を備えています。従来の陸上発電技術の概念設計は、浮体式発電所を開発するために海洋環境に適用されます。浮体式発電所は、テストコンポーネントとシステムソリューションを使用して運用されます。それらは、十分に管理された産業環境で費用効果が高く迅速に構築されます。浮体式発電所はオフショアサイトに運搬(曳航)されており、完全に機能する発電所のグリッドに接続されます。また、遠隔地や厳しい環境条件でもフェイルセーフオプションを提供します。フローティングエネルギーセンター(FEC)は、浮体式発電所の横に建設されています。FECは発電技術を統合しています。

浮体式発電所には、浮体式発電所市場の成長を促進するのに役立つ特定の利点もあります。これらの利点のいくつかには、インフラが限られている地域への迅速な電力供給が含まれます。これらのプラントは、電力が必要な地域に移転することができます。さらに、浮体式発電所は、陸上発電所に比べて必要なスペースが少なく、地震や洪水に備えて安全な電力供給を提供します。浮体式発電所は、モビリティなどの陸上発電所に比べてさまざまな利点があります。また、ピーク負荷時に電力を供給することもできます。陸上プラントと比較してインフラストラクチャのコスト削減を伴う経済的要因は、世界の浮体式発電所市場の成長の主要な推進力として機能します。

さらに、水上発電所は、従来の陸上システムと比較して、環境への影響が最小限に抑えられています。これは、沿岸または上流の土地のごく一部が必要なためです。また、水上発電所の発電源としての再生可能エネルギーの使用の増加は、予測期間中に浮体式(フローティング)発電所市場の成長を促進すると予測されています。

浮体式(フローティング)発電所市場セグメント

浮体式(フローティング)発電所市場は、電源別(風力、太陽光、原子力、波浪・潮汐、ガスタービン、およびICエンジン)、プラットフォーム別(フローティング構造およびパワーバージ/船)、アプリケーション別(オングリッドおよびオフグリッド)、容量別(最大50 MW、51 MW – 150 MW、151 MW – 300 MW、および300 MW以上)、および地域別に分割されます。これらのセグメントは、さまざまな要因に基づいてさらにサブセグメント化され、各セグメントおよびサブセグメントの複合年間成長率、評価期間の市場価値およびボリュームなど、市場に関するいくつかの追加情報で構成されます。

浮体式(フローティング)発電所市場の地域概要

アジア太平洋地域の浮体式発電所市場は、予測期間中に大幅に拡大すると予測されています。これは、この地域の浮体式発電所生産施設の建設への投資が増加したことによるものです。2019年、中国はアジア太平洋地域の浮体式発電所市場を支配しました。一方、ヨーロッパの浮体式発電所市場は、予測期間中に大幅に拡大する可能性があります。電力需要の急増に対応するための再生可能エネルギー源への投資の増加は、この地域の浮体式発電所市場の成長を推進する主要な要因です。

これらの地域セグメントは、北米(米国およびカナダ);アジア太平洋(中国、インド、日本、韓国、インドネシア、マレーシア、オーストラリア、ニュージーランド、シンガポール、その他のアジア太平洋);ラテンアメリカ(ブラジル、メキシコ、アルゼンチン、その他のラテンアメリカ);中東およびアフリカ(イスラエル、GCC [サウジアラビア、アラブ首長国連邦、バーレーン、クウェート、カタール、オマーン]、北アフリカ、南アフリカ、その他の中東およびアフリカ)およびヨーロッパ(英国、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、ハンガリー、ベルギー、オランダ、ルクセンブルグ、NORDIC、ポーランド、トルコ、ロシア、その他のヨーロッパ)などが含まれています。

浮体式(フローティング)発電所市場の主要なキープレーヤー

浮体式(フローティング)発電所市場の主要なキープレーヤーには、Siemens AG、Wärtsilä、General Electric、Iberdrola, S.A、Caterpillar Inc.、MAN Diesel and Turbo SE、Mitsubishi Corporation、Ciel & Terre International、Floating Power Plant A/S、Kyocera Corporation、Principle Power, Inc.、STX Corporationなどがあります。この調査には、浮体式(フローティング)発電所市場におけるこれらの主要企業の詳細な競合分析、企業プロファイル、最近の動向、および主要な市場戦略が含まれています。

レポートのサンプルURL

https://www.sdki.jp/sample-request-110580

SDKI Inc.会社概要

SDKI Inc.の目標は、日本、中国、米国、カナダ、英国、ドイツなど、さまざまな国の市場シナリオを明らかにすることです。また、リサーチアナリストやコンサルタントの多様なネットワークを通じて、成長指標、課題、トレンド、競争環境など、信頼性の高いリサーチインサイトを世界中のクライアントに提供することに重点を置いています。SDKIは、30か国以上で信頼と顧客基盤を獲得しており、他の手つかずの経済圏での足場を拡大することにさらに注力しています。

Contact info

[ 本件に関するお問い合わせ下記まで]

SDKI.Inc

電話:+ 81 3 45720790  

Eメール:sales@sdki.jp