banner

エレクトロコーティング市場ー業界洞察、主要プレーヤー・企業別、成長機会別、最新傾向別、開発別、主要な成長ドライバー別、主要な課題別によってセグメンテーション、予測 2031年

お客様の要件 についてお知らせください。
エレクトロコーティング市場ー業界洞察、主要プレーヤー・企業別、成長機会別、最新傾向別、開発別、主要な成長ドライバー別、主要な課題別によってセグメンテーション、予測 2031年

エレクトロコーティング市場は、2022年に約48億米ドルの市場価値から、2031年までに約69億米ドルに達すると推定され、2022-2031年の予測期間中に4.7%のCAGRで成長すると予想されています。

調査レポートの詳細内容について

https://www.sdki.jp/reports/electrocoating-market/116524

これは、他の仕上げ方法のアプローチではない効率と環境コンプライアンスのレベルで高品質、低コストの仕上げを達成するために世界中で使用されている技術です。パフォーマンス上の利点と仕上げコストの削減により、テクノロジーは成長しています。それは、新しい用途や技術が開発されるにつれて、将来にわたって長く続くと予想されます。しかし、すべての最終用途産業におけるCOVID-19パンデミックの悪影響は、エレクトロコーティング市場に悪影響を及ぼしています。さらに、エレクトロコーティング市場は、費用効果の高い高度な技術に対する需要の高まり、と世界的な厳しい政府規制により成長しています。

エレクトロコーティング市場セグメント

エレクトロコーティング市場は、タイプ別(陰極エポキシ、陰極アクリル、陽極)、用途別(乗用車、商用車、自動車部品・アクセサリー、大型機器、家電製品)、地域別に分割されます。これらのセグメントは、さまざまな要因に基づいてさらにサブセグメント化され、各セグメントおよびサブセグメントの複合年間成長率、評価期間の市場価値およびボリュームなど、市場に関するいくつかの追加情報で構成されます。

タイプに基づいて、陰極アクリルセグメントは、価値と量の両方の点でエレクトロコーティング市場で最も急成長しているセグメントです。

陰極アクリルエレクトロコーティング市場は、外装耐久性、光沢保持、色保持、および腐食保護を最大化するために、幅広い光沢と色で入手可能です。これらの製品は、農業機器、芝生および庭の機器、家電製品、エアコン、およびその他のそのような用途で使用されています。陰極アクリルエレクトロコーティング市場は、通常、鉄基材(鋼)上のUV耐久性と腐食保護の両方が望まれる用途に使用されます。陰極アクリルは、明るい色が望まれる用途にも使用されます。陰極アクリルセグメントは、低コスト、高性能、環境にやさしい材料に対する需要の高まりにより、さらに成長すると予測されています。

アプリケーションに基づいて、自動車部品および付属品セグメントは、価値と量の両方の点でエレクトロコーティングの中で最も急成長しているセグメントであると予想されます。

自動車部品および付属品は、インドや中国などの新興経済国における自動車の生産増加により、最も急成長しているアプリケーションセグメントになると予想されています。自動車の相手先商標製品メーカーは、エレクトロコーティングを必要とするさまざまな種類の自動車部品を製造しています。エレクトロコーティングは、その防錆性と耐湿性のために、エンジンカバー、ボルト・フレーム、スプリング・スプライン、ドライブシャフトなどの自動車部品のカバーとして機能します。したがって、自動車部門の販売量の増加は、エレクトロコーティングの需要にプラスの影響を与えります。

エレクトロコーティング市場の地域概要

エレクトロコーティング市場は地域に基づいてさらに細分化されており、各国の市場成長が評価されます。これらには、北米(米国、カナダ、およびその他の北米)、ヨーロッパ(ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、英国、およびその他のヨーロッパ)、アジア太平洋(中国、日本、インド、オーストラリア、シンガポール、およびその他のアジア太平洋)およびその他の地域が含まれます。

アジア太平洋地域のエレクトロコーティング市場は、価値と量の両面で主要な市場です。アジア太平洋地域は、エレクトロコーティング市場で大きなシェアを占めています。この地域のエレクトロコーティング市場の成長は、主に高い経済成長率、と自動車、消費財・電化製品、建築・建設、家具などのさまざまな産業にわたる多額の投資に起因しています。PPG Industries、IncやBASF SEなどのさまざまな企業が、アジア太平洋地域に新しい工場を設立しており、既存のエレクトロコーティングおよび樹脂生産ユニットを拡張しています。アジア地域に生産拠点を移すことの大きなメリットは、安価な労働力と低コストの生産が可能であることです。世界人口の半分以上がアジア太平洋地域の国々に住んでいます。この地域はますます重要な世界貿易と商業の中心地になりつつあります。

エレクトロコーティング市場の主要なキープレーヤー

エレクトロコーティング市場の主要なキープレーヤーには、PPG Industries, Inc(米国)、Axalta Coating Systems, Ltd. (米国)、BASF SE (Germany), The Sherwin Willaims Company (米国)、Nippon Paint Holdings Co., Ltd. (日本)、Tatung Fine Chemicals Co., Ltd (台湾)、KCC Corporation (韓国)、Kansai Paint Co., Ltd . (日本)、B.L.Downey Company LLC (米国)、Hawking Electrotechnology Ltd (England), Therma-Tronx-X, Inc. (米国)、Parker Trutec, Inc (米国)、などがあります。この調査には、エレクトロコーティング市場におけるこれらの主要企業の詳細な競合分析、企業プロファイル、最近の動向、および主要な市場戦略が含まれています。

レポートのサンプルURL

https://www.sdki.jp/sample-request-116524

SDKI Inc.会社概要

SDKI Inc.の目標は、日本、中国、米国、カナダ、英国、ドイツなど、さまざまな国の市場シナリオを明らかにすることです。また、リサーチアナリストやコンサルタントの多様なネットワークを通じて、成長指標、課題、トレンド、競争環境など、信頼性の高いリサーチインサイトを世界中のクライアントに提供することに重点を置いています。SDKIは、30か国以上で信頼と顧客基盤を獲得しており、他の手つかずの経済圏での足場を拡大することにさらに注力しています。

Contact info

[ 本件に関するお問い合わせ下記まで]

SDKI.Inc

電話:+ 81 50 50509159  

Eメール:sales@sdki.jp