One Stop Solution For In-Depth Market Research Reports

詳細な市場調査レポートのワンストップソリューション

Home    >    >   Bone graft substitutes market

骨移植代替品市場ー業界洞察、主要プレーヤー・企業別、成長機会別、最新傾向別、開発別、主要な成長ドライバー別、主要な課題別によってセグメンテーション、予測 2031年


骨移植代替品市場ー製品別(同種移植片、合成骨移植片、異種移植片、自家移植片、およびその他)、材料別、アプリケーション別、エンドユーザー別、および地域別ーグローバル予測2022ー2031年


骨移植代替品市場は、2022年に31.0億米ドルの市場価値から、2031年までに40.5億米ドルに達すると推定され、2022-2031年の予測期間中に3.4%のCAGRで成長すると予想されています。

調査レポートの詳細内容について

https://www.sdki.jp/reports/bone-graft-substitutes-market/111211

骨移植片は、何十年もの間、骨の再生、構造の回復、および痛みの緩和に使用されてきました。従来、自家移植片は骨移植に使用され、患者自身の骨が移植片として使用されていました。自家骨移植は、骨移植のゴールドスタンダードと見なされています。しかし、自家骨移植片の使用には、組織採取部位と移植部位の両方での外科的処置中に感染が転移するリスクが伴います。これにより、創傷治癒が遅れ、入院期間が長くなる可能性があります。骨や関節の障害の有病率の上昇、および技術の進歩は、予測期間中に骨移植代替品市場の成長を推進する主要な要因です。また、関節置換手術に対する政府のイニシアチブの増加、および医療施設の数の急増は、骨移植代替品市場の成長に貢献しています。

世界の骨移植代替品市場の成長は、変形性関節症の有病率の上昇によって促進されると予想されます。整形外科の怪我は、老人だけでなく若者の健康上の大きな問題です。関節リウマチと変形性関節症は、老人集団の間で非常に一般的な整形外科疾患です。米国では、変形性関節症は約2,700万人に影響を及ぼしており、そのうち1,600万から2,000万人が25歳から74歳です。一生のうちに膝と股関節の変形性関節症を発症する可能性は、それぞれ45%から25%です。関節炎財団によると、2016年に米国で1400万人が症候性変形性膝関節症を患っていました。これは、予測期間中に骨移植代替品市場の成長を推進しています。

さらに、高齢者人口の増加も予測期間中に骨移植代替品市場の成長に貢献しています。脊髄損傷のリスクは年齢とともに増加します。老化は骨塩密度を低下させ、骨を多孔質にし、骨折しやすくします。国際骨粗鬆症財団によると、2010年にヨーロッパで脊椎骨折などを含む約350万件の骨折が発生し、2030年までに450万件に達すると見込まれています。これは、骨移植代替品市場の成長を推進しています。しかし、手術の高コストは、予測期間中に骨移植代替品市場の成長を抑制する可能性があります。

骨移植代替品市場セグメント

骨移植代替品市場は、製品別(同種移植片、合成骨移植片、異種移植片、自家移植片、およびその他)、材料別(セラミックベース、ポリマーベース、成長因子ベース、細胞ベース、その他)、アプリケーション別(頭蓋顎顔面、歯科、足と足首、関節再建、脊椎固定術、長骨、その他)、エンドユーザー別(病院、診療所、学術研究機関)、および地域別に分割されます。これらのセグメントは、さまざまな要因に基づいてさらにサブセグメント化され、各セグメントおよびサブセグメントの複合年間成長率、評価期間の市場価値およびボリュームなど、市場に関するいくつかの追加情報で構成されます。

骨移植代替品市場の地域概要

骨移植代替品市場は地域に基づいてさらに細分化されており、各国の市場成長が評価されます。これらには、北米(米国、カナダ、およびその他の北米)、ヨーロッパ(ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、英国、およびその他のヨーロッパ)、アジア太平洋(中国、日本、インド、オーストラリア、シンガポール、およびその他のアジア太平洋)およびその他の地域が含まれます。

北米地域は、2019年に世界の骨移植代替品市場の主要なシェアを保持しました。技術の進歩、および複雑な骨疾患の治療の必要性の高まりは、この地域の骨移植代替品市場の成長を牽引する重要な要因です。一方、アジア太平洋地域は、予測期間中に世界の骨移植代替品市場のかなりのシェアを獲得すると予測されています。この地域の骨移植代替物市場の成長は、慢性骨疾患の有病率の上昇、および整形外科的状態の治療のための骨移植片代替物の使用についての患者の意識の高まりに起因する可能性があります。さらに、新興経済国での医療費の増加、および整形外科と脊椎固定術の数の増加も、この地域の骨移植代替品市場の成長に貢献しています。

骨移植代替品市場の主要なキープレーヤー

骨移植代替品市場の主要なキープレーヤーには、DePuy Synthes、Integra LifeSciences、NuVasive, Inc.、Stryker、Wright Medical Group N.V.、Medtronic、Zimmer Biomet、Baxter、Orthofix Holdings, Inc.、RTI Surgical, Inc.などがあります。この調査には、骨移植代替品市場におけるこれらの主要企業の詳細な競合分析、企業プロファイル、最近の動向、および主要な市場戦略が含まれています。

レポートのサンプルURL

https://www.sdki.jp/sample-request-111211

SDKI Inc.会社概要

SDKI Inc.の目標は、日本、中国、米国、カナダ、英国、ドイツなど、さまざまな国の市場シナリオを明らかにすることです。また、リサーチアナリストやコンサルタントの多様なネットワークを通じて、成長指標、課題、トレンド、競争環境など、信頼性の高いリサーチインサイトを世界中のクライアントに提供することに重点を置いています。SDKIは、30か国以上で信頼と顧客基盤を獲得しており、他の手つかずの経済圏での足場を拡大することにさらに注力しています。

Contact info

[ 本件に関するお問い合わせ下記まで]

SDKI.Inc

電話:+ 81 3 45720790  

Eメール:sales@sdki.jp

渋谷データカウント

渋谷データカウントは、最も信頼性が高く最新の調査分析レポートを確実に提供する経験豊富な調査専門家のグローバルチームが提供する、さまざまな業界のさまざまな市場調査レポートを提供する再販代理店です。

Recommended reports

+