banner

人工椎間板核市場ー業界洞察、主要プレーヤー・企業別、成長機会別、最新傾向別、開発別、主要な成長ドライバー別、主要な課題別によってセグメンテーション、予測 2031年

お客様の要件 についてお知らせください。
人工椎間板核市場ー業界洞察、主要プレーヤー・企業別、成長機会別、最新傾向別、開発別、主要な成長ドライバー別、主要な課題別によってセグメンテーション、予測 2031年

人工椎間板核市場は、2022年に約107百万米ドルの市場価値から、2031年までに約198百万米ドルに達すると推定され、2022-2031年の予測期間中に8%のCAGRで成長すると予想されています。

調査レポートの詳細内容について

https://www.sdki.jp/reports/prosthetic-disc-nucleus-market/110602

人工椎間板核は、外科的介入が唯一の選択肢であり、椎間板変性症および椎間板ヘルニアの患者の補助治療として使用されるヒドロゲルベースの脊椎インプラントです。人工椎間板核は、完全な椎間板置換術に代わる、費用効果が高く、侵襲性の低い手順を提供します。1996年、C.D Rayは最初のPDNデバイスを発表しました。これは、変性によって失われたディスクの機能を置き換えるように設計された最初の核置換デバイスです。世界の人工椎間板核市場の成長は、世界中の脊椎障害の有病率の上昇、世界の老人人口の増加、および世界中の低侵襲手術に対する高い需要によって推進されています。

世界中の脊椎疾患の高い有病率と発生率の上昇は、予測期間中に人工椎間板核市場の成長を推進する可能性が高い重要な要因です。世界中で推定2億6600万人が、毎年腰椎変性脊椎疾患と腰痛に冒されています。脊椎の障害は、世界的に障害の主な原因であるため、健康と社会の重要な問題です。回答者は、実際の診断や状態の原因に関係なく、脊椎疾患を腰痛として報告することがよくあります。腰痛と脊椎障害の有病率は年齢とともに増加します。人口の低レベルの身体活動、肥満、座りがちな生活習慣を考慮して、脊椎障害と腰痛に焦点を当てた予防戦略を開発することが不可欠です。これは、予測期間中に人工椎間板核市場の成長に貢献しています。

さらに、高齢者人口の増加も予測期間中に人工椎間板核市場の成長を推進しています。椎間板変性症および腰椎障害のリスクは、年齢とともに大幅に増加します。老人人口は、これらの病状を発症するリスクが高くなります。これらは、可逆ディスク、黄色靭帯、および椎間関節の加齢に伴う変性および肥大によって引き起こされるためです。60歳以上の無症候性の成人の約20%から30%は、脊柱管狭窄症の画像の証拠を持っています。2017年5月、AMJジャーナルに掲載された記事によると、米国では20万人以上の成人が脊柱管狭窄症の影響を受けており、老人の成人人口は2025年までに6,400万人に増加すると推定されています。2013年に日本で人口ベースの調査が実施され、腰部脊柱管狭窄症の発生率は40歳から49歳の年齢層で約1.7%から2.2%であることが明らかになりました。一方、70ー79歳の発生率は10.3ー11.2%でした。老人人口は、人工椎間板核市場の主要な推進力と見なされています。

人工椎間板核市場セグメント

人工椎間板核市場は、手術タイプ別(低侵襲脊椎手術および開放脊椎手術)、エンドユーザー別(病院、外来手術センター、その他)、および地域別に分割されます。これらのセグメントは、さまざまな要因に基づいてさらにサブセグメント化され、各セグメントおよびサブセグメントの複合年間成長率、評価期間の市場価値およびボリュームなど、市場に関するいくつかの追加情報で構成されます。

人工椎間板核市場の地域概要

北米地域は2019年に世界の人工椎間板核市場を支配しました。2019年、米国は北米地域の人工椎間板核市場を支配しました。これは、主要なプレーヤーの存在、技術の進歩、低侵襲手術の採用、および適切な償還方針によるものです。これは、この地域の人工椎間板核市場の成長を後押しすると推定されます。一方、アジア太平洋地域の人工椎間板核市場は、2022ー2031年の間に注目すべきCAGRで拡大する可能性があります。この地域の人工椎間板核市場の拡大は、新技術の採用、高い意識、多額の医療費、高度な技術の早期利用可能性、および地域全体への研究活動の浸透に起因する可能性があります。

これらの地域セグメントは、北米(米国およびカナダ);アジア太平洋(中国、インド、日本、韓国、インドネシア、マレーシア、オーストラリア、ニュージーランド、シンガポール、その他のアジア太平洋);ラテンアメリカ(ブラジル、メキシコ、アルゼンチン、その他のラテンアメリカ);中東およびアフリカ(イスラエル、GCC [サウジアラビア、アラブ首長国連邦、バーレーン、クウェート、カタール、オマーン]、北アフリカ、南アフリカ、その他の中東およびアフリカ)およびヨーロッパ(英国、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、ハンガリー、ベルギー、オランダ、ルクセンブルグ、NORDIC、ポーランド、トルコ、ロシア、その他のヨーロッパ)などが含まれています。

人工椎間板核市場の主要なキープレーヤー

人工椎間板核市場の主要なキープレーヤーには、Stryker Corporation、Zimmer Biomet Holdings, Inc.、DePuy Synthes (Johnson & Johnson)、NuVasive, Inc.、Orthofix International N.V.、Replication Medical, Inc.、Spine Wave, Inc.などがあります。この調査には、人工椎間板核市場におけるこれらの主要企業の詳細な競合分析、企業プロファイル、最近の動向、および主要な市場戦略が含まれています。

レポートのサンプルURL

https://www.sdki.jp/sample-request-110602

SDKI Inc.会社概要

SDKI Inc.の目標は、日本、中国、米国、カナダ、英国、ドイツなど、さまざまな国の市場シナリオを明らかにすることです。また、リサーチアナリストやコンサルタントの多様なネットワークを通じて、成長指標、課題、トレンド、競争環境など、信頼性の高いリサーチインサイトを世界中のクライアントに提供することに重点を置いています。SDKIは、30か国以上で信頼と顧客基盤を獲得しており、他の手つかずの経済圏での足場を拡大することにさらに注力しています。

Contact info

[ 本件に関するお問い合わせ下記まで]

SDKI.Inc

電話:+ 81 3 45720790  

Eメール:sales@sdki.jp