日本の食料安全保障

1701666690_4446.Food-Security-in-Japan.webp

日本政府(GOJ)が策定した食料安全保障政策により、国民は高品質の食料をより安価でリーズナブルな価格で手に入れることができるようになります。この国は、大豆、小麦、干し草、飼料穀物、肥料などの輸入食料品に依存しています。日本政府は2022年に適切な資金を投入して強化し、2023年には修正予算も投入する予定です。

政策枠組みの概要

2022年に策定された食料安全保障には、良好な食料安全保障を確保するためのロードマップがあり、日本は毎食のカロリー摂取量の少なくとも60%を食料輸入に依存しなければならないとされていた。食料輸入への過度の依存から転換し、水産物と農産物の生産を増やす必要がありました。  政策枠組みと計画生産の概要が記載されています。

輸入依存からの脱却: これは、国内の資源生産を増やし、肥料と飼料の輸入を減らすことによって達成される可能性があります。

  • これは、国内資源の生産と利用を増やし、原材料を輸入することによって可能になります。
  • 作物と養殖飼料による魚粉と家畜の国内生産を結びつけることで国産飼料が増加します。
  • 酪農技術、園芸、林業、漁業における省エネルギー技術

輸入に対する過剰需要からの脱却が達成されるべきであります。

  • 小麦・大豆の増産と水田の耕作可能な畑地への転換を推進しています。
  • 食品企業10社に対し、原材料を輸入から国内生産に切り替えるよう奨励しています。
  • 2030年の生産目標は、2021年比で小麦9%、大豆16%、米粉32%、188%となります。

農産物価格高騰の緩和:

  • 林業、農業、漁業の経営に対する緩和の影響―MFFは、温室、漁業経営、畜産業者に燃料を供給し、肥料の購入費を支払うための安全ネットワークプログラムを実施します。
  • 適切な価格形成と国民の理解―日本政府は、食料、農産物、林業、水産物の生産・流通コストを反映した価格設定を確保しています。食品ロス削減に向けてフードバンクと食堂への支援を強化します。消費者が物理的、社会的、経済的に食料を入手できる環境を維持します。
  • 目標は、食品廃棄物を2000年と比較して約2.7百万トンからほぼ半分に減らすことでした。

政策枠組みネットワークを満たすための資金:

日本政府は約12.6億米ドルを割り当て、2023年度の年間予算を実施して一部のプログラムを継続する予定である。肥料の生産量が増加し、約270百万米ドルの予備肥料が設立されました。MFFは畜産メーカーと堆肥メーカーを支援する。 また、すべてのパイロット プロジェクトの費用をカバーするための資金もサポートします農林水産省は、リン酸アンモニウムと塩化カリウムなどの輸入肥料を支援するための緊急事態制度を支持した。農水省は年間需要の最大3カ月分を保管する予定だ。これにより、最大約92百万米ドルの食糧生産が増加します。

大豆と小麦の増産には農家の支援もあります。さらに、支援額は約 111百万米ドルに達しました。水田から畑作への生産転換を後押しします。農林水産省も小麦、大麦、米を生産する農家への支払いを支援するために参加した。

使用する基本的なツール

国内生産、輸入、備蓄など、食料安全保障のために使用される重要なツールがいくつかあります。これらのツールのバランスは状況に応じて異なり、また各国にも依存します。多様で洗練された食生活を持っているだけでは、備蓄と国内生産だけでは需要を満たすのに十分ではありません。農場と農地は常に減少傾向にあります。改良された技術がより広範囲に登場し、効率的な生産が導入されています。日本は非常に多様で洗練された食生活を生み出してきました。

日本の最新イノベーション

日本の農業従事者の最高年齢は67歳であり、農業人口は急速に減少していることが観察されています。一部の企業は、AI ベースの肥料システムと灌漑などの解決策を考案しました。土壌の状態、肥料、最適な水分含有量を確認するための地下管理施設が設置されます。農業のプロセスは労働集約的であり、場合によっては環境への大きな影響を軽減します。農業ビジネスの一部の新興企業は AI ベースの農業を導入しており、その結果、作物の廃棄が約 60% に削減され、10 エーカーの土地あたりの灌漑時間はほぼ 42 時間になりました。

しかし、日本では水不足があり、いくつかのリスクシナリオがあります。輸入に頼っていたため、輸入先の国では水不足と干ばつが発生していました。以前は、商品を輸入している国から高品質の材料が不足していました。気候変動の影響で生産不足が発生しました。日本の国民にサービスを提供する質の満足感が欠如していました。経済の相対的な低迷により、全国民の食糧を確保するという大義を支えるのに十分な資金がありませんでした。一部の品目は日本の食料安全保障における自給自足を妨げる可能性があります。これらの品目は、小麦、トウモロコシ飼料、肥料です。この国は、2008年の輸出禁止と一部の路線の一時閉鎖など、新たな政治情勢により深刻な問題を抱えていました。しかし、日本は優れた脱塩技術があることを世界に示すことに尽力してきました。日本における灌漑と作物栽培のリスクについては、ほとんど誰もが聞いたことがあります。

結論:

日本の将来のための食料を確保するには多くの障害がありましたが、政府の取り組みは非常に満足のいくものです。この法律は日本の食料安全保障に解決策をもたらし、日本が独自の条件で自給自足できるようにしました。農林水産省の取り組みは高く評価されており、今後も継続していきます。

Facebook
Twitter
LinkedIn