banner

ロジスティクスと貨物モデリング

お客様の要件 についてお知らせください。

企業は、輸送中に良好な状態が維持され、時間通りに到着する、効率的で費用対効果の高い商品の輸送に依存しています。これらすべてを達成するには、貨物のモデリングとロジスティクスの効率的な管理が必要です。拡大するグローバル市場での取引と出荷を成功させるには、関税や関税規制の交渉などの適切なツールが必要であり、陸路、海路、鉄道、空路による商品の輸送要件に精通している必要があります。

私たちは、貨物輸送の規制をナビゲートし、商品の出荷と配達を確実に成功させるために必要な知識とスキルをクライアントに提供します。

我々のコミットメント

商業 | 国内 | 工業 

持続可能なロジスティクス

この分野の複雑なニーズに対処し、テクノロジーを活用して意図した結果を達成するための洞察を提供します。サプライ チェーンの回復力の構築に注力することで、混乱を緩和し、重要な投資の収益を最大化できます。

サプライチェーンの混乱

現代のロジスティクスと貨物輸送は、世界的なサプライ チェーンの混乱、港の混雑、および海上貨物料金の上昇により、非常に困難な場合があります。企業は、アウトソーシング、テクノロジー、および戦略的パートナーシップを使用して、これらの問題に対処する必要があります。

グリーンロジスティクス

企業は、製品調達の調整、倉庫効率の改善、輸送による排出量の削減など、環境に配慮したロジスティクス運用を実装することで利益を得ることができます。私たちは、企業が持続可能性を達成するためにそのような戦略を展開するのを支援できます。

価値ベースロジスティクス

企業は現在、製品のカスタマイズと配送のコンプライアンスに対する要求の高まりに対応する必要があります。かつては商品の輸送のみに限定されていましたが、多くの物流サービス会社は顧客にプレミアム サービスを提供しています。

簡単な説明

東アジアの経済大国である日本は、広範な製造能力と産業を有しているため、全体が円滑に機能するために物流と貨物輸送への依存度が高まっています。中国の新興市場を例にとると、2021 年には、600 億トンを超える貨物があらゆる輸送手段を介して全国に輸送されました。

アジア太平洋地域のメーカーとサプライヤーは、人口の増加と急速な都市化に対応するために、サプライ チェーンを深化および拡大しています。こうした流れに対応するため、物流業界も大規模な見直しを行っています。さらに、航空会社の自由化や、航空会社と他の輸送手段との間の競争の激化など、業界の大きな変化が起きています。

貨物およびロジスティクス管理の戦略

SDKI では、サプライ チェーンの不都合な混乱に備えて積極的に計画および準備するための戦略を提供し、クライアントが損失を最小限に抑えるのを支援します。

長年にわたり、私たちは、国土交通省、経済産業省、林水産省が推進するサードパーティロジスティクス(3PL)、自動化、人工知能(AI)、ホワイトロジスティクスの動きと日本の水産と農学について幅広い知識を蓄積してきました。それは貨物とロジスティクス管理を効果的に誘導するのに役立ちます。

エンタープライズ、ビジネス エリア、およびデータ ウェアハウスの論理データ モデルの準備をガイドします。これにより、ボタンをクリックするだけで、在庫レベルを追跡し、ルーティング、パッケージング、文書化、倉庫保管、およびインターモーダル トランジットを実行できます。

「最悪の場合」のシナリオの予測と準備

分析ツールを使用して、「もしも」のシナリオを実行することで、企業はスペースの不足、労働力の不足、またはその他の障害などの大量の貨物状況を事前に予測して準備することができます。

日本およびその他のアジア太平洋諸国には、独自の輸送関連の規制、政策、および物流上の課題があります。 非常に多くの場合、これらの新興市場の一部では、鉄道、空港、港、道路などのインフラストラクチャの確立が、急激な経済拡大に追いついていません。多くの官僚主義、予算編成の問題、政治が前進を妨げています。 運用の中断を抑制し、コストとサービスへの影響を最小限に抑えるには、堅牢なロジスティクスおよび貨物モデリング戦略を使用することが不可欠です。

環境にやさしい配送の戦略

私たちは、持続可能なロジスティクスを促進することにより、世界にプラスの影響を与えることを使命としています。 ビジネスは、業務を一貫して分析し、合理化して生産性を最大化することによってのみ、繁栄することができます。当社の専任の専門家チームは、ゼロ カーボン モデルへの段階的な移行を確実にするだけでなく、利益を得るのにも役立ちます。 顧客満足度や地球の幸福を犠牲にすることなく、強力な収益を確保するお手伝いをします。

最近の顧客と株主は、持続可能な未来に向けて重要かつ恒久的な措置を講じている企業に目を向けています。彼らは、リバース ロジスティクスを組み込んだ循環型サプライ チェーンを提唱しています。

スマート ビジネスは、人工知能、機械学習、高度な分析などの強力なテクノロジの助けを借りて、持続可能なロジスティクス管理を理解し、受け入れるために競争しています。

付加価値プレミアムロジスティクスサービス

従来のロジスティクス サービスには、商品の積み降ろしや保管が含まれ、多くのオペレーターが基本サービスとして提供しています。価値に基づくロジスティクスにより、企業は付加価値を提供して顧客満足度を向上させることができます。これは、サードパーティのロジスティクス プロバイダーがサプライ チェーン業務のアウトソーシングを検討している企業に提供する追加の流通および倉庫サービスを指します。付加価値サービスには、クロスドッキング、トランスローディング、パレタイジング、キッティング、返品処理なども含まれます。

カスタマイズされた付加価値サービスは、在庫と輸送のコストを改善し、運用を合理化し、時間とお金を節約する一方で、不注意で最終的な利益を押し上げます。このようなプロバイダーと提携する企業は、コア ビジネスとコンピテンシーに集中できます。ロジスティクスと輸送プロセスに付加価値を与えることで、市場における企業の競争力を高めることができます。

企業、政府機関、大学のクライアントは、ロジスティクスと貨物モデリング についてお問い合わせください。


お客様の要件 についてお知らせください。