banner

日本の電気通信に対する新政策の影響

お客様のご要望をお聞かせください。

日本の電気通信市場は、スマートフォンの需要の増加とインターネットの普及率の上昇により、活況を呈しています。日本電気通信市場規模は、2024―2036年の予測期間中に約4.92%のCAGRで、2023年の約 1123.1億米ドルから2036年までに約1627.9億米ドルに成長すると予想されています。政府はこの土地にいくつかの新しい法律を課しましたが、これは業界に大混乱をもたらし、良い方向に向かうものもあれば、まだ良くならないものもあるため、話題になっています。

送信時の修正

TBA(電気通信事業法)に一定の改正があり、特定の法律が制定されました。これは、レポート、情報処理ポリシー、データ送信などの特定の要件に準拠するものでした。電気通信事業者は、次の事項を総務省に届け出ます。

  • 特定の利用者に対する紛失、漏洩、損害の防止に関する事項
  • 信頼できる第三者の監督に関する事項
  • 情報の取扱いの公表に関する問題点

コミュニケーション中は、優先的に特定の要素に留意する必要があります。

  • ユーザーに関する情報の内容
  •  情報を送信できる電気通信機器
  • 通信総務省が具体的な事実を特定

電気通信事業者は、重要なビジネスおよび運用に関する議論に参加できる人物を指名する必要があります。マネージャーは誠実に職務を遂行し、任命に向けて未定のメモを修正します。

採用された新しい政策の成果

2019年に成立した新しい電気通信事業法により、携帯電話部門の利用が促進され、携帯電話料金が引き下げられましたさらに、総務省が低価格の電話機を導入して以来、平等な競争が行われていました。6G通信を市場に投入する計画がいくつがあります。。 一部の企業は、2030 年までに 6G が完全に機能できるように取り組んでいます。

また、独自の文化が長い間存在していたため、さまざまなプロトコルにより、密室のモバイル文化が存在しました。当社の分析によると、約4,340億米ドルに相当する日本のデジタル機会の約69%は、パンデミックが経済に及ぼす影響を管理する企業と従業員を支援するテクノロジーから得られていると考えられています。技術アプリケーションは、新型コロナウイルス感染症の段階で人々がビジネスを推進し、顧客に連絡するのに積極的に役立ちました。その時代にはデジタル技術の導入が不可欠になります。

日本電気通信の課題

日本には新興企業が少ないため、日本の電気通信事業は必要なレベルに達していません。これは、起業家としてのスキルが欠けており、厳格な文化もあまりありません。 日本には売上高約10億米ドル未満のユニコーン企業が3社あるが、米国と中国などの国にはそれ以上の企業があります。投資家がスタートアップ環境に資金を投入することに消極的であることが、政府が必要な進歩を遂げていない理由となっています。

日本の研究開発はゆっくりと孤立した形で成長しています。スタートアップには、オープンな議論と、よりユーザーフレンドリーなイノベーションが必要です。日本政府は電気通信分野の減税を決定したが、成長率は定められていません。その理由としては、日本政府がスタートアップ企業への資金提供に積極的ではなかったことが考えられます。

結論

日本には電気通信分野で多くの将来性があるが、課題は政府の態度と新たな政策の実施にあります。日本の若者は、電子機器をおもちゃと人々とおしゃべりするための装置として使用しています。テクノロジーは世界共電気通信である英語に依存していますが、日本にはこの分野が欠けています。日本が技術面で世界に追いつくためには、言語を押さえなければなりません。

 

関連コンテンツ:

研究スペーシャリストに連絡

企業、政府機関、大学のクライアントは、 についてお問い合わせください。


お客様の要件 についてお知らせください。
Facebook
Twitter
LinkedIn