banner

未来を解読する: 水素自動車に対する日本の取り組みを解読する

お客様のご要望をお聞かせください。

Toyota とHyundaなどの大手自動車会社は、水素で走る自動車の製造に注力しています。Nissanもこれに参入し、水素にも取り組んでいます。これらは排出物をゼロにするという目標を達成するためにこれを行っています。 しかし、これらの車に興味を持つ人はまだそれほど多くないようです。

日本政府はこの水素プロジェクトを長年支援してきました。米国、中国、ロシア、ヨーロッパなどの国では、すべて電気自動車が注目されています。 日本は2017年に初めて水素に関する国家計画を策定した。

日本のToyota City,では、新しいミライ車に水素用の炭素繊維タンクが搭載されています。これらはそれを「未来」を意味する「ミライ」と名付けた。 FAワークスの工場で行っております。

昨年販売された乗用FCVはToyota Mirai とHyundai Nexoで1万6191台だった。近年、日本では電気自動車充電 の販売台数が減少し、2021年の2,440台から現在はわずか844台まで減少した。一方、韓国では売上が増加しました。 これは、自動車の購入と水素燃料の導入に対して多額の補助金を提供するという中国政府の効果的な戦略によるものです。

水素燃料電池には害はありません。 化学反応を利用して、空気中の水素と酸素を使用して電気を生成します。バッテリー式電気自動車と同様、水素燃料自動車は静かで水のみを排出します。

元町工場内にあるこの小さな工場は、1日10台のみの生産で、従業員が手作業で生産しています。

「私はミライが好きです」とこの車両を所有する松尾義之工場長は言いました。同氏は水素の将来の成功に対する信念を表明し、自然にとってのその重要性を強調した。

世界では、燃料電池を使用する車両が約 11,000 台あります。カリフォルニアでは、車が引き起こす汚染の程度について厳しい規則が定められています。 これらの特殊車両は 5,500 台あります。日本政府は人々にこれらの電気自動車や燃料電池自動車の購入を奨励するために割引を行っています。

日本の首都である東京では、大きなイベントの際に水素エネルギーで走るバス100台を運行する計画がある。

これらは燃料電池を使用する自動車を約 40,000 台保有することを目指しており、今後数年間で世界中で 200,000 台になることを期待しています。日本では補助金の関係でミライの価格は7万ドルではなく5万ドルとなっています。主な費用は燃料電池の製造にあります。 しかしトヨタ社長は、生産を増やせばこうしたコストは下がると信じています。

日本の首都である東京は、イベント期間中、水素を燃料とするバス100台を配備する予定だ。また、約 40,000 台の燃料電池電気自動車のサポートも目指しています。 さらに、今後数年間でこれらの車両を世界中で最大 200,000 台保有できるようにしたいと考えています。

主要企業が水素自動車に関して何を計画しているかを見てみましょう

Honda

Hondaは2017年に水素への取り組みについて語った。それは環境に優しい代替品への取り組みを示しました。自動車メーカーが水素に注力することは、持続可能なモビリティに対する同社のビジョンと一致しています。これは、よりクリーンなエネルギー ソリューションに向けた先進的なアプローチを示しました。 また、自動車産業における環境への影響を軽減したいと考えています。

Toyota

Toyotaの豊田章男社長は、一部のレース用の水素エンジンの大幅な変更を支持しています。日本では、ミライは政府からある程度の援助を受けているため、顧客にとってはそれほど高価ではありません。70,000ドルの費用が50,000ドルになります。 しかし、燃料電池の製造には最大の費用がかかります。 トヨタの上司は、もっと作れば安くなると言いました。

Hyundai

韓国の自動車会社であるHyundaiは、多くの都市の人々のために、2030年までに毎年70万台の燃料電池車を生産することを目指しています。Hyundaiは水素を利用した自動車「Nexo」を発売した。 これは、持続可能で環境に優しい輸送ソリューションに向けた画期的な一歩です。

プラグイン電動よりも優れています。

自動車ニュースサイトEV- Volume.comのホセ・ポンテス氏は、電気自動車は500万台以上あり、水素自動車よりもはるかに多いと述べた。しかし、日本では多くの人がアパートに住んでいます。 これらは電気自動車の充電スポットに簡単にアクセスできない可能性があります。Toyotaは利便性の高い水素燃料電池に注力しています。

オンライン出版物「燃料電池産業レビュー」の共著者であるマシュー・クリッペンスタイン氏は、「『水素』インフラが整備されている限り、実際には反応は見られない」と述べています。彼は、同じガソリンスタンドに行き、数分以内に車に燃料を充填し、繰り返し点検していると述べました。

日本では、政府はより多くの水素自動車を生産するために必要なものの製造に投資しています。これらの車は、十分なスペースがある場所で販売するのが簡単です。道路を走る車が不足しているため、企業はガソリンスタンドへの投資について賢明な決定を下すことができなくなっています。

日本は2030年までに900台の自動車と100以上の水素電池ステーションを建設することを決定した。補助金も提供し、Toyotaとの提携も強化した。Toyotaはまた、2030年までにステーションを収益化するのに十分な水素自動車が存在することを期待して決定した。

カーボンフリーはまだ不可能

日本は中東の石油への依存を減らしたいため、急速に水素への移行を進めています。水素は簡単に見つかり、どこでも燃料にすることができます。 しかし、水素を燃料にするには、天然ガスや石炭などの他の資源が必要です。この行為は環境にとって良くありません。 気候ネットワークのキミコ・ハラカは日本の環境団体です。 これらは、この水素の作り方は良くないと考えています。

ハラカ・カワサキと大企業はオーストラリアの石炭ベースの水素プラント計画に抗議しています。これらは、補助金付きの再生可能エネルギー費用に関する協議にも懸念を抱いています。 これらはオーストラリアに褐炭を使った水素プラントを建設する計画に反対しています。

しかし、元東京の自動車業界の広告専門家バーテル・シュミット氏は、日本と大企業が長い製造過程の一環として水素自動車を市場に投入するのは理にかなっています。

さらに、出口規制がさらに厳しくなるのではないかとの見通しを示した。同氏は、2023年にヨーロッパで施行される法律は、今後5―10年後に施行される法律と比較することはできないと強調した。

しかし、シュミット氏によれば、現時点では「内燃エンジンは、市場で最も便利で予算に優しい自動車である」と言いました。同氏はさらに、多額の投資にもかかわらず、近い将来に水素が道路を席巻するとは予想されないことをトヨタも認めていると述べた。

気候への影響

最後に、日本が水素に注目する主な理由は、気候変動擁護派の懸念かもしれません。日本人は、石炭火力発電所での水素とアンモニアの混焼が増加すると、アジア地域全体に悪影響を与えると考えています。日本の自動車会社も影響を受けるとみています。

確かに、日本は東南アジアの二酸化炭素排出量削減を支援するために資金を提供すると約束しています。これらは経済産業省が主導する「アジア・エネルギー移行イニシアチブ」と呼ばれるプログラムを通じて100億米ドルを投資する予定だ。この地域のクリーンエネルギーへの移行を支援するための250億米ドルの計画もあります。 具体的には、日本はインドネシアがエネルギーとしての石炭利用から脱却するために200億ドルを支援しています。

東南アジアのアナリスト、ジャクリーン・ユジア・タオ氏は、投資対象は風力、太陽光、地熱エネルギーだけではないと考えています。彼女は、ガス/石炭プラントでもアンモニアと水素を混焼するために資金を活用することを提案しています。

政府は公的機関が電気自動車を使用するためのルールを策定すべきだ。駐車場をきれいに保つために水素またはバッテリーを使用して運転すると、報酬を与えることができます。新しいガソリン車の税金は引き上げられ、電気自動車の税金は引き下げられるかもしれません。 また、人々に電気自動車の購入を促すために、ガソリン無料や通行料金の割引などの特典を提供することもできます。

オーストラリアとニュージーランドは、水素はクリーンな燃料であるため、日本に販売したいと考えています。この水素を作るためには、太陽、風、水がたくさん必要です。アジアで自動車に水素を使用すれば、道路、電車、船舶からの汚染を削減できる可能性があります。 日本はエネルギーを他国に大きく依存しているため、水素に興味を持っています。

これらは電気自動車よりもそれを好みます。 石油輸入に依存しすぎると、ロシアやウクライナで起きたような問題が生じる可能性があるため、これにより事態はより安定する可能性があります。しかし、水素自動車からの収益は期待外れだった。 高価なカーボンフリー水素とガソリンスタンドの不足が原因です。 これらのステーションは、セルで生成された電気を通じて自動車に動力を供給する燃料を供給します。

まとめ

Toyotaは、2030年までにヨーロッパ、中国、北米で燃料電池を販売する大きなチャンスがあると考えています。これらの地域は、排出削減とエネルギー管理を目指している主要経済国です。

しかし、Toyotaは、日本の初期の水素政策にも関わらず、日本を堅固な市場とは見ていません。米国、ヨーロッパ、中国とは異なり、日本は最近6月に政策を更新した。 彼らは、15年間で15兆ドルを投資し、2040年までに水素の年間供給量を1,200万トンに増やす計画だ。

日本のビジネスリーダーは、中国の水素市場に参入するのが難しいことを知っている。 彼らは競争力を維持する上で課題に直面しています。 さらに、自分たちのニーズを満たすのに十分なエネルギーがあると確信しています。

研究スペーシャリストに連絡

企業、政府機関、大学のクライアントは、 についてお問い合わせください。


お客様の要件 についてお知らせください。
Facebook
Twitter
LinkedIn