お好きな市場調査レポートを10%割引でご購入いただけます。
Booklet
  • Feb 2024
  • 2024―2036 年
  • 48-72営業時間
品質と信頼の証
Certified 27001 2013
scotland-accredited
certified-iso-9000

熱伝導テープ市場調査レポート、規模とシェア、成長機会、およびトレンド洞察分析―製品別(アルミ箔テープ、銅箔テープ、PETフィルム)、アプリケーション別(電気・電子、建築・建設、包装、その他)、および地域別―世界予測2024―2036 年

熱伝導テープ 市場規模

熱伝導テープ市場に関する当社の調査レポートによると、市場は予測期間中に約 7.9% の CAGR で成長し、2036 年までに約 5880.1百万米ドルの価値に達すると予想されています。さらに、2024年の熱伝導テープ市場調査規模は緩やかなペースで成長すると予想されます。しかし、当社の調査アナリストによると、2023 年の 熱伝導テープ市場の収益は 3665.3百万米ドルになると記録されています。

1706003070_7335.global-thermal-conductive-tape-market-survey.webp
この市場とその成長に影響を与えたレポートが必要ですか? PDFをダウンロード

熱伝導テープ 市場分析

世界の熱伝導テープ市場の広大な状況の中で、認識と採用が限られているという問題が顕著に現れています。市場の成長の可能性にもかかわらず、最近のデータは熱伝導性テープの利点についての理解が不足していることを示しています。世界的に見て、市場は 2023 年に前年比 3% というわずかな成長にとどまり、予測された潜在力には届きませんでした。この数字は、テープの効率を活用する上で大きなギャップがあり、さまざまな業界での普及を妨げていることを明らかにしています。テクノロジーとイノベーションの主要なプレーヤーである日本に焦点を当てると、シナリオは複雑になります。この国は高度なエレクトロニクス産業を誇っていますが、製造プロセスで熱伝導性テープを使用しているメーカーはわずか 20% です。この明らかなコントラストは、日本市場の未開発の可能性を浮き彫りにしています。業界の専門家は、ターゲットを絞ったキャンペーンや教育的取り組みを通じて認知度を高めることで、このギャップを埋め、大きな成長の機会を引き出すことができると示唆しています。課題は製品自体にあるのではなく、その利点を効果的に伝えることにあり、このハードルを乗り越えれば、世界規模で熱伝導テープ市場を再定義する可能性があります。

当社の熱伝導テープ市場分析によると、次の市場傾向と要因が市場成長の中核要因として寄与すると予測されています。

  • 電子機器の需要の拡大: スマートフォン、ラップトップ、腕時計の普及により、熱伝導性テープの需要が高まっています。 2023 年には約 160百万台のラップトップが販売されると推定されています。過熱を回避し、最適なパフォーマンスを確保するには、これらのデバイスの動作中に温度を適切に管理する必要があります。
  • 技術の進歩の増加:熱伝導率が向上し、接着特性が向上したテープを導入するために、メーカーは熱伝導テープ市場での研究開発活動に焦点を当てています。より効果的な熱管理ソリューションの開発は、これらの開発の結果です。

熱伝導テープ市場における熱伝導テープの輸出に関して、日本の地元プレーヤーはどのような恩恵を受けるでしょうか?

熱伝導性テープ市場の成長の可能性は、日本の地元企業にとって世界的な展開を強化する戦略的な機会となります。入手可能な最新のデータによると、日本は熱伝導性テープのかなりの部分を輸入しており、海外のサプライヤーに依存していることがわかります。これは、国内メーカーにとって、輸出の増加を通じてこの流れを変える絶好の機会となります。 2023 年に日本の熱伝導テープ輸入額は 120百万米ドルに達し、着実な増加軌道を示しています。専門知識を活用し、急増する需要に対応することで、地元企業は国内の要件を満たすだけでなく、世界市場に参入することもできます。

日本政府は熱伝導テープ産業の可能性を認識し、地元企業を支援・奨励する政策を実施してきました。熱伝導性テープ市場の成長を促進するために、研究開発助成金、輸出促進計画、合理化された規制プロセスなどのインセンティブが導入されています。これらの取り組みは、イノベーションを促進し、国際舞台での日本企業の競争力を高めることを目的としています。有利なビジネス環境の構築における政府の積極的な役割は、輸出能力の拡大を目指す地元企業の目的と一致しています。

さらに、いくつかの日本企業は、個別にまたは業界団体の一員として、熱伝導性テープの需要の高まりを利用する取り組みを行っています。業界内での共同作業、研究パートナーシップ、合弁事業がますます普及してきています。これらの協調的な取り組みは、地元企業の競争力を強化するだけでなく、進化する熱伝導テープ市場の状況において日本を主要プレーヤーとして位置づけることにも貢献します。全体として、政府の支援、業界の取り組み、有利な市場力学の融合により、日本企業は熱伝導テープの輸出の分野で多大な利益を享受できる立場にあります。

市場課題

熱伝導テープ市場の成長に対する主な障害の 1 つは、従来の熱管理ソリューションと比較して高度な熱伝導テープのコストが高いことです。

1706003070_9642.global-thermal-conductive-tape-segmentation-survey.webp

サンプル納品物ショーケース

この市場の主要な成長要因のいくつかを理解します。 PDFをダウンロード

熱伝導テープ 市場レポートの洞察

熱伝導テープ市場規模とシェアレポートの洞察

CAGR

7.9%

予測年

2024-2036年

基準年

2023年

予測年の市場価値

約5880.1 百万米ドル

熱伝導テープ市場セグメンテーション

当社は、熱伝導テープ市場に関連するさまざまなセグメントにおける需要と機会を説明する調査を実施しました。製品、アプリケーションごとに市場を分割しました。

熱伝導テープ市場は、製品に基づいて、アルミ箔テープ、銅箔テープ、PETフィルムにさらに分類されています。 これらのサブセグメントのうち、アルミ箔タイプのセグメントは市場で重要な位置を占めており、2036 年までに総市場収益の 50% に寄与します。高温環境と低温環境の両方で優れた性能を発揮するため、広く使用されています。 。エレクトロニクス分野では、電気ケーブルは通常、ポリマーでコーティングされた金属箔テープで覆われています。通信ケーブルは耐候性により風雨から保護されるため、今後も金属箔テープの需要が高まることが予想されます。アルミ箔テープは、回路基板、絶縁ケーブル、その他の温度に敏感な電子部品に使用されます。工業用アルミ箔を使用して、接着、接地、シールドや絶縁などの導電テープを製造できます。変圧器、モーター、その他の電気機器では、これらのテープが一般的に使用されます。

さらに、熱伝導テープ市場は、アプリケーションに基づいて、電気・電子、建築・建設、包装、その他に細分化されています。 これら 4 つのサブセグメントのうち、熱伝導性テープ市場は、2036 年までに合計市場シェアが約 40% 以上となり、建築・建設部門が支配することになります。幅広い用途の暖房、換気、空調 (HVAC) に使用されます。さらに、このセグメントは、世界中でインフラの拡大が進んでいることによって刺激されています。

製品

  • アルミ箔テープ
  • 銅箔テープ
  • PETフィルム

アプリケーション 

  • 電気・電子
  • 建築・建設
  • 包装
  • その他

熱伝導テープ市場の動向分析と将来予測:地域概要

アジア太平洋地域の市場は、市場で最も有利で報酬の高い機会を提供すると予想されています。アジア太平洋地域は、2036 年までに市場シェアの最大 33% 以上を占めました。これは、この地域に重要な製造地域があるためです。中国では、電子機器の需要の高まりと効率的な放熱の必要性が市場の成長を推進しています。 2024 年、中国の家電市場は 2,290 億米ドルの収益を生み出すと予想されています。

日本では、市場の成長は主に国内のエレクトロニクス産業の成長によって推進されています。 2022 年、日本のエレクトロニクス部門の総生産額は 10.1億米ドル以上に達しました。

北米

  • 米国
  • カナダ

ヨーロッパ

  • ドイツ
  • フランス
  • イギリス
  • イタリア
  • スペイン
  • オランダ
  • ロシア
  • その他のヨーロッパ

アジア太平洋地域

  • 中国
  • 日本
  • インド
  • 韓国
  • オーストラリア
  • シンガポール
  • その他のアジア太平洋地域

ラテンアメリカ

  • ブラジル
  • アルゼンチン
  • メキシコ
  • その他のラテンアメリカ

中東とアフリカ

  • GCC
  • イスラエル
  • 南アフリカ
  • その他の中東とアフリカ

北米地域の市場も、予測期間中に最大 33% の市場シェアを獲得すると予想されます。電気自動車(EV)や再生可能エネルギー技術への需要が高まっているため。 EV と再生可能エネルギー源の導入が増え続けるにつれて、これらのシステムにおける効率的な熱管理の必要性が高まっています。

熱伝導テープ 調査の場所

北米(米国およびカナダ)、ラテンアメリカ(ブラジル、メキシコ、アルゼンチン、その他のラテンアメリカ)、ヨーロッパ(英国、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、ハンガリー、ベルギー、オランダおよびルクセンブルグ、NORDIC(フィンランド、スウェーデン、ノルウェー) 、デンマーク)、アイルランド、スイス、オーストリア、ポーランド、トルコ、ロシア、その他のヨーロッパ)、ポーランド、トルコ、ロシア、その他のヨーロッパ)、アジア太平洋(中国、インド、日本、韓国、シンガポール、インドネシア、マレーシア) 、オーストラリア、ニュージーランド、その他のアジア太平洋地域)、中東およびアフリカ(イスラエル、GCC(サウジアラビア、UAE、バーレーン、クウェート、カタール、オマーン)、北アフリカ、南アフリカ、その他の中東およびアフリカ)

1706003070_1714.global-thermal-conductive-tape-market-growth.webp
重要な地理市場に関する分析を取得します。 PDFをダウンロード

競争力ランドスケープ

熱伝導テープ業界の概要と競争のランドスケープ

SDKI Inc. の調査者によると、熱伝導テープ市場は、大企業と中小規模の組織といったさまざまな規模の企業間の市場競争により細分化されています。市場関係者は、製品や技術の発売、戦略的パートナーシップ、コラボレーション、買収、拡張など、あらゆる機会を利用して市場での競争優位性を獲得しています。

世界の熱伝導テープ市場の成長に重要な役割を果たす主要な主要企業には、3M Company、CCL Industries Inc.、Apogee Industries, Inc.、 Avery Dennison Inc.、tesa Tapes (India) Pvt. Ltd.などが含まれます。 さらに、日本の熱伝導テープ市場のトップ5プレーヤーは、Nitto Denko Corporation、Berry Global Inc.、Intertape Polymer Group Inc.、LINTEC Corporation、 Scapa Group Ltdなどです。 この調査には、世界の熱伝導テープ市場分析レポートにおける詳細な競合分析、企業概要、最近の動向、およびこれらの主要企業の主要な市場戦略が含まれています。

熱伝導テープ市場ニュース

  • 2023 年 5 月、Henkelは電気自動車バッテリー用の新しい注入可能な熱伝導性接着剤を発表しました。
  • 2023年3月、SEKISUI CHEMICAL CO., LTD.当社高機能プラスチックスカンパニーは、史上初の工業用両面テープ「高耐熱転写テープ 5503HT〻5505HR」を発売します。

熱伝導テープ 主な主要プレーヤー

主要な市場プレーヤーの分析

1
3M Company
2
CCL Industries Inc.
3
Apogee Industries Inc.
4
Avery Dennison Inc.
5
tesa Tapes (India) Pvt. Ltd.

日本市場のトップ 5 プレーヤー

1
Nitto Denko Corporation
2
Berry Global Inc.
3
Intertape Polymer Group Inc.
4
LINTEC Corporation
5
Scapa Group Ltd
Graphs
Source: SDKI Analytics

目次

目次

よくある質問

世界の 熱伝導テープ市場規模は、2024―2036 年に 7.9% の CAGR で成長し、2036 年までに 5880.1 百万米ドルを獲得すると予測されています。さらに、2024 年の 熱伝導テープ市場規模は緩やかなペースで成長すると予想されます。

2023 年に、世界の 熱伝導テープ市場は 3665.3 百万米ドルの収益を獲得しました。

3M Company、CCL Industries Inc.、Apogee Industries, Inc.、 Avery Dennison Inc.、tesa Tapes (India) Pvt. Ltd. などは、世界の 熱伝導テープ市場で機能する主要企業の一部です。

Nitto Denko Corporation、Berry Global Inc.、Intertape Polymer Group Inc.、LINTEC Corporation、 Scapa Group Ltd などは、熱伝導テープ市場の日本の分野で機能している主要企業の一部です。

アジア太平洋地域の 熱伝導テープ市場は、予測期間中に最も高い CAGR で成長すると予想されます。

2024 年には、北米地域が 熱伝導テープ市場で最大のシェアを獲得すると予測されています。

我々の顧客

nitto
nitto
nitto
nitto
nitto
nitto
nitto
nitto
nitto
nitto
nitto
nitto
nitto
nitto
nitto
nitto
nitto
nitto
Facebook
Twitter
LinkedIn