One Stop Solution For In-Depth Market Research Reports

詳細な市場調査レポートのワンストップソリューション

Home    >    HEALTHCARE AND PHARMACEUTICALS   >   Gene Therapy Market

世界の遺伝子治療市場ー細胞型別(体細胞遺伝子治療、生殖細胞遺伝子治療)、ベクタータイプ別(レトロウイルス・ガンマレトロウイルス、など)、用途別、エンドユーザー別、地域別ー予測2023ー2033年


調査 : RNPL
公開 : 03, November, 2022
調査 : RNPL
カテゴリー : Healthcare and Pharmaceuticals
学習の場 : 北米(米国およびカナダ)、ラテンアメリカ(ブラジル、メキシコ、アルゼンチン、その他のラテンアメリカ)、ヨーロッパ(英国、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、ハンガリー、ベルギー、オランダおよびルクセンブルグ、NORDIC(フィンランド、スウェーデン、ノルウェー) 、デンマーク)、アイルランド、スイス、オーストリア、ポーランド、トルコ、ロシア、その他のヨーロッパ)、ポーランド、トルコ、ロシア、その他のヨーロッパ)、アジア太平洋(中国、インド、日本、韓国、シンガポール、インドネシア、マレーシア) 、オーストラリア、ニュージーランド、その他のアジア太平洋地域)、中東およびアフリカ(イスラエル、GCC(サウジアラビア、UAE、バーレーン、クウェート、カタール、オマーン)、北アフリカ、南アフリカ、その他の中東およびアフリカ)。
レポート形式 : PDF
販売価格オプション(消費税込み)
シングルユーザー USD4950 / 質問形式
法人ユーザー USD6750 / 質問形式
エンタープライズユーザー USD9000 / 質問形式

[レポートの説明]

世界の遺伝子治療市場は、2023年に約64.54億米ドルの市場価値から、2033年までに約376.59億米ドルに達すると推定され、2023-2033年の予測期間中に19.29%のCAGRで成長すると予想されています。

クリックするとサンプルレポートのPDFをダウンロードできます

遺伝子は、人体が最適に機能するために不可欠なタンパク質の合成に必要な情報をコード化するDNAで構成されています。遺伝子治療は、遺伝子疾患を治療するためにDNAを患者に導入する技術です。新しいDNAには、突然変異を引き起こす病気の影響を修正するための機能する遺伝子が含まれています。

慢性疾患の有病率の増加、医療費の増加、および都市化の拡大は、予測期間中に遺伝子治療市場の成長を推進する主要な要因です。また、遺伝子治療の臨床試験の成長、および経済成長の急増も遺伝子治療市場の成長に貢献しています。さらに、個別化医療の急速な採用、遺伝性疾患の発生の増加、遺伝子治療の進歩、および研究開発資金の増加により、2023ー2033年の間に遺伝子治療市場に成長の機会が生まれています。しかし、遺伝子治療の副作用、倫理的および安全性の懸念、および治療の高コストは、遺伝子治療市場の成長を抑制する可能性があります。

さらに、COVID-19の突然の蔓延は、経済と社会全体に悪影響を及ぼしています。また、これは遺伝子治療の手順と臨床試験の速度に影響を与えており、予測期間中に世界の遺伝子治療市場の成長に悪影響を与えると予想されます。

レポート範囲

CAGR

19.29%

予測年

2023-2033年

基準年

2023年

予測年の市場価値

約376.59億米ドル

世界の遺伝子治療市場セグメント

世界の遺伝子治療市場は、細胞型別(体細胞遺伝子治療、生殖細胞遺伝子治療)、ベクタータイプ別(レトロウイルス・ガンマレトロウイルス、アデノ随伴ウイルス(AAV)、レンチウイルス、アデノウイルス、改変ヘルペスシンプレックスウイルス、非ウイルスプラスミドベクター)、用途別(腫瘍性疾患、神経性疾患、感染症、心血管疾患、希少疾患など)、エンドユーザー別(病院、専門治療センターなど)、および地域別に分割されます。これらのセグメントは、さまざまな要因に基づいてさらにサブセグメント化され、各セグメントおよびサブセグメントの複合年間成長率、評価期間の市場価値およびボリュームなど、市場に関するいくつかの追加情報で構成されます。

世界の遺伝子治療市場の地域概要

世界の遺伝子治療市場は地域に基づいてさらに細分化されており、各国の市場成長が評価されます。これらには、北米(米国、カナダ、およびその他の北米)、ヨーロッパ(ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、英国、およびその他のヨーロッパ)、アジア太平洋(中国、日本、インド、オーストラリア、シンガポール、およびその他のアジア太平洋)およびその他の地域が含まれます。

北米地域の遺伝子治療市場は予測期間中に最も急速に成長している市場です。これは、癌やその他の対象疾患の発生率の上昇、地域での有利な償還シナリオの増加、および医療インフラの改善に起因しています。さらに、この地域の主要な市場プレーヤーの存在は、北米地域の遺伝子治療市場の成長を推進する主要な要因です。一方、アジア太平洋地域の遺伝子治療市場は、予測期間中に最大の成長を記録すると予想されます。これは、さまざまな慢性疾患にかかりやすい人の数が増えているためです。

世界の遺伝子治療市場の主要なキープレーヤー

世界の遺伝子治療市場の主要なキープレーヤーには、Roche Holding AG、Pfizer Inc.、Novartis International AG、GlaxoSmithKline PLC、Bristol Myers Squibb Co.(Celgene Corporation)、Gilead Sciences、Inc.などがあります。この調査には、世界の遺伝子治療市場におけるこれらの主要企業の詳細な競合分析、企業プロファイル、最近の動向、および主要な市場戦略が含まれています。

渋谷データカウント

渋谷データカウントは、最も信頼性が高く最新の調査分析レポートを確実に提供する経験豊富な調査専門家のグローバルチームが提供する、さまざまな業界のさまざまな市場調査レポートを提供する再販代理店です。

Recommended reports

+