お好きな市場調査レポートを10%割引でご購入いただけます。
Booklet
  • Nov 2023
  • 2023-2035年
  • 48-72営業時間
  • 必要に応じて日本語レポートが入手可能
品質と信頼の証
Certified 27001 2013
scotland-accredited
certified-iso-9000

超音波洗浄市場―製品別(ベンチトップ、スタンドアロン、マルチステージ‐2、マルチステージ‐4)、出力別、容量別、業種別(自動車、航空宇宙、食品・飲料、ジュエリー・宝石)、地域別ー世界的な予測2023-2035年

超音波洗浄 市場規模

超音波洗浄市場は、2022年に約19.3億米ドルの市場価値から、2035年までに約41.1億米ドルに達すると推定され、2023-2035年の予測期間中に6.5%のCAGRで成長すると予想されています

1688390235_5951.Ultrasonic Cleaning Market.webp
この市場とその成長に影響を与えたレポートが必要ですか? PDFをダウンロード

超音波洗浄 市場分析

コンポーネントの洗浄操作の効率と安全性の向上、および生分解性廃棄物の排出による環境に優しい洗浄プロセスは、超音波洗浄市場の成長を推進する重要な要因です。さらに、カスタマイズされた超音波洗浄システムの需要の高まりは、超音波洗浄市場の成長のための新しい機会を作成します。世界中で患者保護法と手頃な価格の治療方針が実施されたことで、効果的な医療機器の需要が高まっています。これは、医療機器や手術器具を洗浄する目的で超音波装置の採用を推進しています。さらに、世界中の高齢者人口の増加により、超音波洗浄装置の需要も今後数年間で増加すると予想されます。しかし、熟練した訓練を受けた専門家の不足は、予測期間中に超音波洗浄市場の成長を抑制する可能性があります。

1688390235_3479.Ultrasonic Cleaning Market Size.webp

サンプル納品物ショーケース

この市場の主要な成長要因のいくつかを理解します。 PDFをダウンロード

超音波洗浄 市場レポートの洞察

 レポート範囲

 CAGR

 6.5%

 予測年

 2023-2035年

 基準年

 2022年

 予測年の市場価値

 約41.1億米ドル

超音波洗浄市場セグメント

超音波洗浄市場は、製品別(ベンチトップ、スタンドアロン、マルチステージ‐2、マルチステージ‐4)、出力別(最大250W、250ー500 W、500ー1000 W、1000ー2000 W、2000ー5000 W、5000ー10000 W、10000W以上)、容量別(最大5L、10ー50 L、50ー100 L、100ー150 L、150ー200L、200ー250 L、250ー300 L、300L以上)、業種別(自動車、航空宇宙、食品・飲料、ジュエリー・宝石、医療・ヘルスケア)、および地域別に分割されます。これらのセグメントは、さまざまな要因に基づいてさらにサブセグメント化され、各セグメントおよびサブセグメントの複合年間成長率、評価期間の市場価値およびボリュームなど、市場に関するいくつかの追加情報で構成されます。

 製品別

  • ベンチトップ
  • スタンドアロン
  • マルチステージ‐2
  • マルチステージ‐4

 出力別

  • 最大250W
  • 250ー500 W
  • 500ー1000 W
  • 1000ー2000 W
  • 2000ー5000 W
  • 5000ー10000 W
  • 10000W以上

 容量別

  • 最大5L
  • 10ー50 L
  • 50ー100 L
  • 100ー150 L
  • 150ー200L
  • 200ー250 L
  • 250ー300 L
  • 300L以上

 業種別

  • 自動車
  • 航空宇宙
  • 食品・飲料
  • ジュエリー・宝石
  • 医療・ヘルスケア

150ー200 Lセグメントは、予測期間中に高いCAGRで成長すると予想されます。

容量に基づいて、150ー200 Lセグメントは、予測期間中に最大のCAGRで成長すると予想されます。150ー200 Lのタンク容量を持つ製品の成長は、重要なコンポーネントの洗浄用の超音波洗浄製品の需要の増加に起因しています。これは洗浄作業中のコンポーネントの安全性を確保し、精密な洗浄により効率を高めます。

医療・ヘルスケアセグメントは2018年に市場の最大のシェアを保持しました。

業種に基づくと、医療・ヘルスケアセグメントは2018年に最大のシェアを占めました。この成長は、病院施設での外科手術中の外科用インプラントおよび器具の効果的な洗浄に対する需要の高まりによるものです。これにより、汚染の可能性が減少します。超音波洗浄製品は、外科および医療用移植器具が厳密かつ高レベルの滅菌を必要とするため、医療施設で必要とされます。

超音波洗浄市場の地域概要

超音波洗浄市場は地域に基づいてさらに細分化されており、各国の市場成長が評価されます。これらには、北米(米国、カナダ、およびその他の北米)、ヨーロッパ(ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、英国、およびその他のヨーロッパ)、アジア太平洋(中国、日本、インド、オーストラリア、シンガポール、およびその他のアジア太平洋)およびその他の地域が含まれます。

 北米

  • 米国
  • カナダ

 ヨーロッパ

  • ドイツ
  • フランス
  • イギリス
  • イタリア
  • スペイン
  • オランダ
  • ロシア
  • その他のヨーロッパ

 アジア太平洋地域

  • 中国
  • 日本
  • インド
  • 韓国
  • オーストラリア
  • シンガポール
  • その他のアジア太平洋地域

 ラテンアメリカ

  • ブラジル
  • アルゼンチン
  • メキシコ
  • その他のラテンアメリカ

 中東とアフリカ

  • GCC
  • イスラエル
  • 南アフリカ
  • その他の中東とアフリカ

APACは、予測期間中に、サイズの面で超音波洗浄市場を支配すると予想されます。品質保証のための超音波洗浄製品の高い採用率、および自動車・航空宇宙、医療・ヘルスケア、食品・飲料分野のコンポーネントのアクセスできない領域の精密洗浄は、この地域の超音波洗浄市場の成長を牽引する主な要因です。

超音波洗浄 調査の場所

北米(米国およびカナダ)、ラテンアメリカ(ブラジル、メキシコ、アルゼンチン、その他のラテンアメリカ)、ヨーロッパ(英国、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、ハンガリー、ベルギー、オランダおよびルクセンブルグ、NORDIC(フィンランド、スウェーデン、ノルウェー) 、デンマーク)、アイルランド、スイス、オーストリア、ポーランド、トルコ、ロシア、その他のヨーロッパ)、ポーランド、トルコ、ロシア、その他のヨーロッパ)、アジア太平洋(中国、インド、日本、韓国、シンガポール、インドネシア、マレーシア) 、オーストラリア、ニュージーランド、その他のアジア太平洋地域)、中東およびアフリカ(イスラエル、GCC(サウジアラビア、UAE、バーレーン、クウェート、カタール、オマーン)、北アフリカ、南アフリカ、その他の中東およびアフリカ)

1688390235_6413.Ultrasonic Cleaning Market Share.webp
重要な地理市場に関する分析を取得します。 PDFをダウンロード

競争力ランドスケープ

超音波洗浄市場の主要なキープレーヤーには、Branson Ultrasonic Corporation(Branson Ultrasonic(米国)、Cleaning Technologies Group(CTG)(米国)、Telsonic AG Group(Telsonic)(スイス)、Omegasonics(米国)、Kemet International Limited(Kemet International)(イギリス)、Morantz Ultrasonics(米国)、Mettler Electronics Corp.(Mettler Electronics)(米国)、SharperTek(米国)、Blue Wave Ultrasonics(Blue Wave)(米国)、Crest Ultrasonics Corporation(Crest Ultrasonics)(米国)などがあります。この調査には、超音波洗浄市場におけるこれらの主要企業の詳細な競合分析、企業プロファイル、最近の動向、および主要な市場戦略が含まれています。

超音波洗浄 主な主要プレーヤー

主要な市場プレーヤーの分析

1
Branson Ultrasonic Corp.
2
Cleaning Technologies Group
3
Telsonic AG Group
4
Omegasonics
5
Kemet International
6
Morantz Ultrasonics
7
Mettler Electronics Corp.
8
SharperTek
9
Blue Wave Ultrasonics
10
Crest Ultrasonics Corpo.
Graphs
Source: SDKI Analytics

目次

目次

我々の顧客

nitto
nitto
nitto
nitto
nitto
nitto
nitto
nitto
nitto
nitto
nitto
nitto
nitto
nitto
nitto
nitto
nitto
nitto
Facebook
Twitter
LinkedIn