お好きな市場調査レポートを10%割引でご購入いただけます。
Booklet
  • Jun 2023
  • 2023ー2033年
  • 48-72営業時間
品質と信頼の証
Certified 27001 2013
scotland-accredited
certified-iso-9000

ナノシリカ市場調査ー製品別(PタイプおよびSタイプ)、アプリケーション別(セメント・コンクリート、医療、塗料・コーティング、半導体、化粧品、その他)、および地域別ー世界の予測2023ー2033年

ナノシリカ 市場規模

ナノシリカ市場は、2033年までに約629.16億米ドルに達すると推定され、2023-2033年の予測期間中に7%のCAGRで成長すると予想されています。

1677839816_3714.Slide1
この市場とその成長に影響を与えたレポートが必要ですか? PDFをダウンロード

ナノシリカ 市場分析

シリカナノ粒子またはナノシリカとしても知られる二酸化ケイ素(SiO2)ナノ粒子は、最も一般的なシリコン化合物であり、地球の地殻の主成分です。二酸化ケイ素は、ケイ素と酸素の化合物です。シリカナノ粒子が使用される主な産業は、接着剤・シーラント、セメント・コンクリート、生物医学、医薬品、塗料・コーティング、インク、農業、および食品です。世界のナノシリカ市場は、塗料・コーティング、ゴム、プラスチック、セメントとコンクリートなどの業界でのナノシリカの需要の増加により、大幅なペースで拡大すると予想されています。

世界のナノシリカ市場は、主に塗料・コーティング、建設用途でのナノシリカの使用の増加によって推進されています。航空、自動車、および医療用途でのナノコーティングの需要は、今後数年間で増加すると予測されています。これは、予測期間中にナノシリカの需要を牽引すると予測されています。コンクリートへのナノマテリアルの適用は、コンクリートの特性を向上させるのに役立ちます。ナノシリカは、粒子サイズが小さいため、微細構造を変えることでコンクリートの特性にプラスの影響を与える可能性があります。ナノコーティングで使用するためのナノシリカの需要の増加は、世界のナノシリカ市場に大きな機会を提供します。ナノ粒子の産業および医療用途は、過去20年間で急速に増加しています。ナノシリカは、化粧品、プリンタートナー、食品への添加剤として使用するために工業規模で製造されたナノ材料です。

ナノシリカの生産における籾殻灰の使用など、ナノシリカ生産の分野における革新は、予測期間中に世界のナノシリカ市場の成長に有利な機会を提供することが期待されます。国連食糧農業機関(FAO)によると、世界中で毎年7億トンのコメが収穫されています。したがって、約140百万トンの籾殻灰からシリカを得る可能性は高いです。これは、従来の方法と比較して、より費用効果の高い方法です。しかし、シリカフュームの毒性は、予測期間中にナノシリカ市場の成長を妨げると予想されます。

1677839816_7460.Slide2

サンプル納品物ショーケース

この市場の主要な成長要因のいくつかを理解します。 PDFをダウンロード

ナノシリカ 市場レポートの洞察

 レポート範囲

 CAGR

 7%

 予測年

 2023-2033年

 基準年

 2022年

 予測年の市場価値

 約629.16億米ドル

ナノシリカ市場セグメント

ナノシリカ市場は、製品別(PタイプおよびSタイプ)、アプリケーション別(セメント・コンクリート、医療、塗料・コーティング、半導体、化粧品、ガラス・セラミック、ゴム・プラスチック添加剤、およびその他)、および地域別に分割されます。これらのセグメントは、さまざまな要因に基づいてさらにサブセグメント化され、各セグメントおよびサブセグメントの複合年間成長率、評価期間の市場価値およびボリュームなど、市場に関するいくつかの追加情報で構成されます。

ナノシリカ市場の地域概要

ナノシリカ市場は地域に基づいてさらに細分化されており、各国の市場成長が評価されます。これらには、北米(米国、カナダ、およびその他の北米)、ヨーロッパ(ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、英国、およびその他のヨーロッパ)、アジア太平洋(中国、日本、インド、オーストラリア、シンガポール、およびその他のアジア太平洋)およびその他の地域が含まれます。

 北米

  • 米国
  • カナダ

 ヨーロッパ

  • ドイツ
  • フランス
  • イギリス
  • イタリア
  • スペイン
  • オランダ
  • ロシア
  • その他のヨーロッパ

 アジア太平洋地域

  • 中国
  • 日本
  • インド
  • 韓国
  • オーストラリア
  • シンガポール
  • その他のアジア太平洋地域

 ラテンアメリカ

  • ブラジル
  • アルゼンチン
  • メキシコ
  • その他のラテンアメリカ

 中東とアフリカ

  • GCC
  • イスラエル
  • 南アフリカ
  • その他の中東とアフリカ

アジア太平洋地域は2019年に世界のナノシリカ市場を支配しました。これは、技術の進歩、とこの地域のさまざまな最終用途産業の成長に起因しています。また、地域の食品、飲料、自動車、ゴム、パーソナルケア製品の多数のメーカーの存在は、予測期間中にこの地域のナノシリカ市場の成長に貢献しています。中国、インド、日本など発展途上国は、コーティング、ゴム、農業、食品、コンクリート、ヘルスケア・医療などの分野での活動の成長に照らして、力強い経済成長を目の当たりにしてきました。これも、この地域のナノシリカ市場の成長にも貢献しています。一方、北米地域のナノシリカ市場は、予測期間中に適度なペースで拡大すると推定されます。これは、この地域が先進国と成熟した市場で構成されているためです。

ナノシリカ 調査の場所

北米(米国およびカナダ)、ラテンアメリカ(ブラジル、メキシコ、アルゼンチン、その他のラテンアメリカ)、ヨーロッパ(英国、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、ハンガリー、ベルギー、オランダおよびルクセンブルグ、NORDIC(フィンランド、スウェーデン、ノルウェー) 、デンマーク)、アイルランド、スイス、オーストリア、ポーランド、トルコ、ロシア、その他のヨーロッパ)、ポーランド、トルコ、ロシア、その他のヨーロッパ)、アジア太平洋(中国、インド、日本、韓国、シンガポール、インドネシア、マレーシア) 、オーストラリア、ニュージーランド、その他のアジア太平洋地域)、中東およびアフリカ(イスラエル、GCC(サウジアラビア、UAE、バーレーン、クウェート、カタール、オマーン)、北アフリカ、南アフリカ、その他の中東およびアフリカ)

1677839816_4826.Slide3
重要な地理市場に関する分析を取得します。 PDFをダウンロード

競争力ランドスケープ

ナノシリカ市場の主要なキープレーヤーには、Evonik Industries AG、Normet、Nanosil (Asia Pacific) Sdn Bhd、US Research Nanomaterials, Inc.、Nanostructured & Amorphous Materials, Inc.、Fuso Chemical Co. Ltd.、Wacker Chemie AG、NanoPore Incorporated、ANTEN CHEMICAL CO., LTD.、Nanoshel LLCなどがあります。この調査には、ナノシリカ市場におけるこれらの主要企業の詳細な競合分析、企業プロファイル、最近の動向、および主要な市場戦略が含まれています。

ナノシリカ 主な主要プレーヤー

主要な市場プレーヤーの分析

1
Evonik Industries AG
2
Normet
3
Nanosil Sdn Bhd
4
US Research Nanomaterials
5
NanoAmor Materials
6
Fuso Chemical Co. Ltd
7
Wacker Chemie AG
8
NanoPore Incorporated
9
ANTEN CHEMICAL CO LTD
10
Nanoshel LLC
Graphs
Source: SDKI Analytics

目次

目次

我々の顧客

nitto
nitto
nitto
nitto
nitto
nitto
nitto
nitto
nitto
nitto
nitto
nitto
nitto
nitto
nitto
nitto
nitto
nitto
Facebook
Twitter
LinkedIn