お好きな市場調査レポートを10%割引でご購入いただけます。
Booklet
  • Nov 2022
  • 、動向、分析
  • 48-72営業時間
品質と信頼の証
Certified 27001 2013
scotland-accredited
certified-iso-9000

マルチファンクションディスプレイ(MFD)市場:プラットフォーム別(陸上、空中、海軍)、システム別(電子フライトディスプレイ、ヘッドアップディスプレイ、ヘルメットマウントディスプレイ、ポータブル多機能ディスプレイ)、技術別(LED、LCD/AMLCD、TFT、OLED、合成ビジョン)、サイズ別(<5"、5"-10"、10"-15")、地域別(北米、APAC、ヨーロッパ、中東、ROW) - 2014年までの予測、動向、分析

この市場とその成長に影響を与えたレポートが必要ですか? PDFをダウンロード

マルチファンクションディスプレイ(MFD) 市場分析

レポートの説明
このレポートでは、今後5年間の多機能ディスプレイ市場の市場分析を提供しています。業界に影響を与える推進要因、課題、制約の分析と、短期、中期、長期のランドスケープへの影響が含まれています。
また、現在市場で普及している業界、市場、および技術動向についても説明します。このレポートは、市場を形作り、影響を与えるハードウェア、ソフトウェアアーキテクチャ、およびアプリケーションに関連する主要なトレンドに関する重要な情報を提供します。また、急成長しているアプリケーション市場セグメントに特に焦点を当てて市場を分析します。
このレポートでは、多機能ディスプレイ市場の詳細なETOP分析と市場ライフサイクル分析により、業界のバリューチェーンも強調しています。楽しみにしているもう1つの側面は、世界市場の全体像を提供するための主要市場の例示的なセグメンテーション、地理的分析、および予測です
多機能ディスプレイ市場のヘッドアップディスプレイセグメントでは、人気が高まっています。 電子フライトディスプレイ、ヘッドアップディスプレイ、堅牢な軍用グレードの多機能ディスプレイ、および合成ビジョンディスプレイの普及が進むにつれて、多機能ディスプレイ市場が牽引されます。 リアルタイムとして大まかに定義され、紙のナビゲーション製品は実質的に時代遅れになります.
また、プリロードされたデータベースと内部データベースを使用して、その時点で航空機が通過している地形のパイロットの目線ビューを作成します.
多機能ディスプレイとヘッドアップディスプレイの主要市場は、米国、英国、中国、日本、インド、ロシアです。
ヘッドマウントディスプレイ、ヘッドアップディスプレイ、フレキシブル多機能ディスプレイは、この市場における将来の成長セグメントになります。
ヘッドアップディスプレイの主な目的は、パイロットが見た現実世界を重ね合わせた象徴的な情報を展示することです。これを実現するには、ヘッドアップ パイロット表示ユニットを航空機のピッチ、ロール、および針路軸に対して正確に位置合わせする必要があります。
商業用アビオニクス市場における電子フライトディスプレイ(EFD)の浸透も、予測期間中に上昇すると予想されます。
主要プレーヤーとその市場シェアの特定に関する競争環境もレポートで提供されています。多機能ディスプレイ市場の主要プレーヤーの戦略的プロファイリングと、各セグメントにおける最近の開発、投資、コアコンピテンシーの包括的な分析が特定されました。このレポートで紹介されている主要企業は、Rockwell Collins、Honeywell Aerospace、Samtel Group、Barco N.V.、Esterline Technologies.
ガーミン、タレスSA、サムテル・グループ、ロックウェル・コリンズ、バルコ N.V. などの大手企業は、独自の頑丈なディスプレイに対する広大で高まる要件に応えるため、高レベルの性能を維持するために、有害で要求の厳しい環境条件に対処するために、頑丈な AMLCD を特別に設計しました
市場におけるアプリケーションセクターとディスプレイシステムの詳細な分析と、各地域の主要国の詳細な分析を展示しています
これは、この市場におけるMFDの調達、統合、およびメンテナンスに関連するコストを示しています
このレポートでは、この市場の主要な成長地域と国、および新たなトレンドとテクノロジーについても特定しています。

Slide2

サンプル納品物ショーケース

この市場の主要な成長要因のいくつかを理解します。 PDFをダウンロード

  • 北米地域では、米国が 2033 年までにライオン シェアを維持し、優勢を維持します。前年比の成長率は、カナダと比較して米国でより良い需要を示すと予測されています
  • 2021 年、米国の医療費は 2.7% 増加し、4.3 兆米ドルに達しました。医療費は国の GDP の 18.3% に達しました。SDKI は、医療費 (%) が 2033 年までに GDP シェアの約 19% に達すると推定しています
    ドイツはこの地域で有利な市場であり続けます。2033 年までに需要を押し上げるために、国のヘルスケア システムにおけるヘルスケア イニシアチブとコネクテッド テクノロジーへの投資があります
    ドイツに続いて、現在、フランスは 2 番目に最大の市場です。ドイツは GDP の 12.6% をヘルスケアに費やしましたが、これは、フランスの場合 12.4% でした

マルチファンクションディスプレイ(MFD) 調査の場所

北米(米国およびカナダ)、ラテンアメリカ(ブラジル、メキシコ、アルゼンチン、その他のラテンアメリカ)、ヨーロッパ(英国、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、ハンガリー、ベルギー、オランダおよびルクセンブルグ、NORDIC(フィンランド、スウェーデン、ノルウェー) 、デンマーク)、アイルランド、スイス、オーストリア、ポーランド、トルコ、ロシア、その他のヨーロッパ)、ポーランド、トルコ、ロシア、その他のヨーロッパ)、アジア太平洋(中国、インド、日本、韓国、シンガポール、インドネシア、マレーシア) 、オーストラリア、ニュージーランド、その他のアジア太平洋地域)、中東およびアフリカ(イスラエル、GCC(サウジアラビア、UAE、バーレーン、クウェート、カタール、オマーン)、北アフリカ、南アフリカ、その他の中東およびアフリカ)

Slide3
重要な地理市場に関する分析を取得します。 PDFをダウンロード

アジア太平洋地域は、2033 年までに最も有望な地域です。中国が最大の市場シェアを保持し、インドがそれに続きます。
日本は常に有利な市場であり、2033 年までに需要の主要国の一つになると予測されています。日本の医療費は、国の GDP の 10.74% を占めています。SDKI は、ヘルスケアへの GDP シェア支出が 2033 年までに 14% に達すると予測しています。
市場のニーズを推進するために政府による支出が増加しています。しかし、反中国感情は、国内の中国市場プレーヤーに打撃を与える可能性があります。ヨーロッパ、アメリカ、国内の企業が日本での市場シェアを拡大するために押し上げます

目次

目次

我々の顧客

nitto
nitto
nitto
nitto
nitto
nitto
nitto
nitto
nitto
nitto
nitto
nitto
nitto
nitto
nitto
nitto
nitto
nitto
Facebook
Twitter
LinkedIn