お好きな市場調査レポートを10%割引でご購入いただけます。
Booklet
  • Jun 2024
  • 2024―2036 年
  • 48-72営業時間
品質と信頼の証
Certified 27001 2013
scotland-accredited
certified-iso-9000

マイクロ LED PL 検査システム市場調査レポート、規模とシェア、成長機会、およびトレンド洞察分析―タイプ別、技術別、アプリケーション別、エンドユーザー別および地域別―世界予測2024―2036 年

Booklet
  • Jun 2024
  • 2024―2036 年
  • 48-72営業時間
品質と信頼の証
Certified 27001 2013
scotland-accredited
certified-iso-9000

マイクロ LED PL 検査システム 市場規模

マイクロ LED PL 検査システム市場に関する当社の調査レポートによると、市場は2024-2036年の予測期間中に約4.3%のCAGRで成長すると予想されています。 将来の年には、市場は約103 億米ドルの価値に達する見込みです。 しかし、当社の調査アナリストによると、基準年の市場規模は約19 億米ドルと記録されています。 北米の市場は予測期間中に約 33% の支配的な市場シェアを維持すると予想されますが、ヨーロッパの市場は、主に製造製品の品質に関する厳格な規則と規制の結果として、今後数年間で有望な成長機会を示す準備ができています。

1718950748_9567.global-micro-led-pl-inspection-system-market-survey-report.webp
この市場とその成長に影響を与えたレポートが必要ですか? PDFをダウンロード

マイクロ LED PL 検査システム 市場分析

高解像度ディスプレイの需要が高まるにつれ、メーカーはスマートフォン、テレビ、VRデバイスの次世代スクリーンに不可欠なマイクロLEDの品質を確保するという課題に直面しています。 2022年、スマートフォンベンダーは世界中で約13.9億台のスマートフォンを販売しました。 マイクロLEDフォトルミネッセンス(PL)検査システム市場は、検出と分析のための高度な検査技術を提供することで、重要なソリューションを提供します。 高い製造基準と精密工学で知られる日本では、マイクロLEDフォトルミネッセンス(PL)検査システムの採用が重要です。 2022年の日本の製造業生産高は8,224.3億米ドルでした。 これらのユニットは、製造業者が国際基準に厳密に準拠し、廃棄物を削減し、生産効率を高めるのに役立ちます。 マイクロLEDフォトルミネッセンス(PL)検査システムは、障害が発生する前にそれを止めるため、製品の完全性を保護し、日本の産業リーダーシップを維持するために不可欠です。

当社のマイクロ LED PL 検査システム市場分析によると、次の市場動向と要因が市場成長に貢献すると予測されています:

  • 製造業および産業部門の成長-特に新興経済国における世界的な産業拡大により、信頼性の高い検査機器の需要が高まっています。これらの部門の生産量が国内および海外の需要を満たすために増加する中、製品の品質と製造効率を確保することがこれまで以上に重要になっています。高度なピンホール検査ツールは、廃棄物を節約し、高い品質基準を維持し、生産プロセスの早い段階でエラーを見つけるために不可欠です。当社のアナリストによると、東アジアおよび太平洋地域では 2021 年に 76,609.9億米ドル相当の商品とサービスが生産され、2020 年より 20.87% 増加しました。
  • 世界中で高まる高品質ディスプレイの需要-正確な検査システムの必要性は、ウェアラブル、テレビ、タブレット、スマートフォン、その他のデバイスでのより優れたディスプレイへの要望によって主に推進されています。マイクロ LED は、消費者が期待する高解像度、高輝度、エネルギー効率の高いディスプレイを生産できます。しかし、製造業者は、これらの LED が厳格な品質および性能基準を満たしていることを確認するために、高度な検査技術を使用する必要があります。マイクロ LED PL 検査システムは、欠陥や異常がないか慎重に検査することで、すべての LED が一貫して適切に動作していることを確認します。

日本の現地プレーヤーにとって、マイクロLED PL検査システム市場の収益創出ポケットは何ですか?

日本のマイクロLED PL検査システム市場は、輸出動向、政府の政策、業界戦略によって推進され、現地プレーヤーに大きな機会を提供します。

輸出データは、世界中で日本製品の人気の高まりを示しています。日本の自動車輸出は、2023年に総額約1151.6億米ドルでしました。2023年には、前年より21%以上多くの乗用車が日本から出荷され、合計約5.30万台を超えました。

日本政府の政策は、国内のマイクロLED PL検査システム市場のイメージをさらに強化します。全国でマイクロLED PL検査システム市場の成長のためにさまざまな取り組みが行われています。たとえば、日本政府は、科学技術の発展を通じて国民の生活を向上させるために、「Society 5.0」の概念を提唱しています。これにより、全国のマイクロLED PL検査システム市場の成長が促進されます。

日本国内企業は、画像マイクロLED PL検査システム技術の革新と開発に多大なリソースを投資しています。Hamamatsu Photonics K.K、Takenaka System Co.,Ltd.などの大手日本企業は、顧客の特定のニーズを満たすことを目的として、高度なピンホール検査ユニット技術を提供しています。日本の製造市場における生産高は、2024年に約3.6兆米ドルに達すると予測されています。

市場課題

しかし、マイクロ LED PL 検査システム市場の成長を阻害する大きな課題の 1 つは、初期投資額の高さです。マイクロ LED 検査装置施設の設立に伴う初期費用の高さは、特に中小企業にとって市場拡大の妨げとなっています。

1718950848_7010.global-micro-led-pl-inspection-system-market-segmentation-survey.webp

サンプル納品物ショーケース

この市場の主要な成長要因のいくつかを理解します。 PDFをダウンロード

マイクロ LED PL 検査システム 市場レポートの洞察

レポートの洞察

CAGR

4.3%

2023 年の市場価値

19 億米ドル

2036 年の市場価値

103 億米ドル

マイクロ LED PL 検査システム市場セグメンテーション

当社は、マイクロ LED PL 検査システム市場に関連するさまざまなセグメントにおける需要と機会を説明する調査を実施しました。当社は、タイプ別、技術別、アプリケーション別およびエンドユーザー別ごとに市場を分割しました。

世界のマイクロ LED PL 検査システム市場はエンドユーザーに基づいて、家庭用電化製品、自動車、ヘルスケア、航空宇宙および防衛に分割されています。これらのうち、家庭用電化製品セグメントは、予測期間中に約 45% の最大の市場シェアを占めると予想されています。マイクロ LED PL 検査システムの市場は、主にさまざまなガジェットで高品質のディスプレイに対するニーズが高まっているため、家庭用電化製品セグメントによって支配されています。ウェアラブル、タブレット、テレビ、スマートフォンはすべて、明るさ、解像度、エネルギー効率を向上させる最先端のディスプレイ技術を必要としています。マイクロ LED 技術はこれらの要求を満たしますが、最高の品質とパフォーマンスを保証するには、綿密な検査が必要です。当社のアナリストによると、家庭用電化製品市場は 2022 年に約 9,890 億米ドルの総収益を生み出しました。

さらに、アプリケーションに基づいて、ディスプレイ検査、照明検査、自動車検査に分割されています。これらのうち、ディスプレイ検査セグメントは、予測期間中に約47%の最大の市場シェアを占めると予想されています。ウェアラブルテクノロジー、携帯電話、テレビ用の高解像度スクリーンを製造するには、マイクロLED PL検査システムが必要です。これらのテクノロジーは、これらの最先端ディスプレイの重要な部分であるマイクロLEDの一貫性と品質を保証するために不可欠です。システムはすべてのLEDを注意深く検査し、全体的な機能と視覚的な魅力を損なう可能性のある欠陥や不規則性を見つけて修正します。

タイプ

  • AOI 技術
  • エレクトロルミネセンス技術

技術

  • 自動検査システム
  • 手動検査システム

アプリケーション

  • ディスプレイ検査
  • 照明検査
  • 自動車検査

エンドユーザー

  • 家庭用電化製品
  • 自動車
  • ヘルスケア
  • 航空宇宙および防衛

マイクロ LED PL 検査システム市場の動向分析と将来予測:地域概要

世界のマイクロLED PL検査システム市場分析によると、アジア太平洋地域は、予測期間中に総市場収益の約25%の市場シェアを占めるはずです。この地域の国々の急速な工業化は、地域全体でマイクロLED PL検査システム市場の成長を推進しています。中国では、マイクロLED PL検査システムの生産と販売の増加が全国の市場を牽引しています。当社のアナリストによると、中国の電子部品製造業界の収益は、2023年までの5年間で年率4.2%増加して3,752億米ドルに達しています。

日本のマイクロLED PL検査システム市場は、自動車の照明やインフォテインメントシステムでのマイクロLEDの使用が増え、信頼性の高い検査システムの必要性が高まっているため、予測期間中に成長すると予想されています。当社のアナリストによると、自動車の国内総生産台数は約9.27百万台に達しました。

北米

  • 米国
  • カナダ

 

 

ヨーロッパ

  • ドイツ
  • フランス
  • イギリス
  • イタリア
  • スペイン
  • オランダ
  • ロシア
  • その他のヨーロッパ

 

 

アジア太平洋地域

  • 中国
  • 日本
  • インド
  • 韓国
  • オーストラリア
  • シンガポール
  • その他のアジア太平洋地域

 

ラテンアメリカ

  • ブラジル
  • アルゼンチン
  • メキシコ
  • その他のラテンアメリカ

 

中東とアフリカ

  • GCC
  • イスラエル
  • 南アフリカ
  • その他の中東とアフリカ

マイクロ LED PL 検査システムの市場動向によると、北米市場地域は予測期間中に約 33% の最大市場シェアを占めると予想されています。高度な産業インフラを備えた地域では、ピンホール検査システムの需要増加の主な要因は、製品の品質と安全性の最高基準を維持する必要性です。厳格な品質管理規制により、材料と製品が事前に設定された基準を満たしていることを確認するための厳格な検査プロトコルが強制されます。これらの検査は、最小の欠陥さえも特定して修正するため、故障を防ぎ、信頼性の高い動作を保証するため、電子機器、自動車、航空宇宙産業にとって不可欠です。これにより、市場が地域全体で推進されており、予測期間中も引き続き推進されると予想されます。

マイクロ LED PL 検査システム 調査の場所

北米(米国およびカナダ)、ラテンアメリカ(ブラジル、メキシコ、アルゼンチン、その他のラテンアメリカ)、ヨーロッパ(英国、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、ハンガリー、ベルギー、オランダおよびルクセンブルグ、NORDIC(フィンランド、スウェーデン、ノルウェー) 、デンマーク)、アイルランド、スイス、オーストリア、ポーランド、トルコ、ロシア、その他のヨーロッパ)、ポーランド、トルコ、ロシア、その他のヨーロッパ)、アジア太平洋(中国、インド、日本、韓国、シンガポール、インドネシア、マレーシア) 、オーストラリア、ニュージーランド、その他のアジア太平洋地域)、中東およびアフリカ(イスラエル、GCC(サウジアラビア、UAE、バーレーン、クウェート、カタール、オマーン)、北アフリカ、南アフリカ、その他の中東およびアフリカ)

1718950848_6182.global-micro-led-pl-inspection-system-market-growth-impact-analysis.webp
重要な地理市場に関する分析を取得します。 PDFをダウンロード

競争力ランドスケープ

マイクロ LED PL 検査システム業界の概要と競争のランドスケープ

SDKI Inc. の調査者によると、マイクロ LED PL 検査システム市場は、大企業と中小規模の組織といったさまざまな規模の企業間の市場競争により細分化されています。市場関係者は、製品や技術の発売、戦略的パートナーシップ、コラボレーション、買収、拡張など、あらゆる機会を利用して市場での競争優位性を獲得しています。

世界のマイクロ LED PL 検査システム市場の成長に重要な役割を果たす主要な主要企業には、InZiv Ltd.、Star Infomatic Pvt. Ltd.、Gamma Scientific Inc.、Chipower Technology co., Ltd.、KLA Corporationなどが含まれます。 さらに、日本のマイクロ LED PL 検査システム市場のトップ5プレーヤーは、Hamamatsu Photonics K.K、Takenaka System Co.,Ltd.、Nikka Densok Ltd.、Joven Electric Co., Ltd.、Nissin Electronics Co.,Ltd.などです。 この調査には、世界のマイクロ LED PL 検査システム市場分析レポートにおける詳細な競合分析、企業概要、最近の動向、およびこれらの主要企業の主要な市場戦略が含まれています。

マイクロ LED PL 検査システム市場ニュース

  • 2024年4月、Topcon Positioning Systemsは、同社のTopcon Electronics事業のために、ドイツのフランクフルト近郊のガイゼンハイムに新しい製造施設を建設すると発表しました。
  • 2023年8月、Hamamatsu Photonicsは、豊岡工場敷地内に新しい工場棟を完成すると発表しました。

マイクロ LED PL 検査システム 主な主要プレーヤー

主要な市場プレーヤーの分析

1
nZiv Ltd.
2
Star Infomatic Pvt. Ltd.
3
Gamma Scientific Inc.
4
Chipower Technology co. Ltd.
5
KLA Corporation

日本市場のトップ 5 プレーヤー

1
Hamamatsu Photonics K.K
2
Takenaka System Co. Ltd.
3
Nikka Densok Ltd.
4
Joven Electric Co. Ltd.
5
Nissin Electronics Co. Ltd.
Graphs
Source: SDKI Analytics

目次

目次

よくある質問

世界のマイクロ LED PL 検査システム市場規模は、2024―2036 年間に 4.3% の CAGR で成長し、2036 年までに 103 億米ドルを獲得すると予測されています。さらに、2024 年のマイクロ LED PL 検査システム市場規模は適度なペースで成長すると予想されます。

2023 年に、世界のマイクロ LED PL 検査システム市場は 19 億米ドルの収益を獲得しました。

InZiv Ltd.、Star Infomatic Pvt. Ltd.、Gamma Scientific Inc.、Chipower Technology co., Ltd.、KLA Corporationなどは、世界のマイクロ LED PL 検査システム市場で機能する主要企業の一部です。

Hamamatsu Photonics K.K、Takenaka System Co.,Ltd.、Nikka Densok Ltd.、Joven Electric Co., Ltd.、Nissin Electronics Co.,Ltd.などは、マイクロ LED PL 検査システム市場の日本の分野で機能している主要企業の一部です。

ヨーロッパ地域のマイクロ LED PL 検査システム市場は、予測期間中に最も高い CAGR で成長すると予想されます。

2024 年には、北米地域がマイクロ LED PL 検査システム市場で最大のシェアを獲得すると予測されています。

我々の顧客

nitto
nitto
nitto
nitto
nitto
nitto
nitto
nitto
nitto
nitto
nitto
nitto
nitto
nitto
nitto
nitto
nitto
nitto
Facebook
Twitter
LinkedIn