One Stop Solution For In-Depth Market Research Reports

詳細な市場調査レポートのワンストップソリューション

Home    >    CHEMICALS AND ADVANCED MATERIALS   >   Global Electrical Insulating Varnish Market

世界の電気絶縁ワニス市場の見通し 2029


製品コード : Research NesterCH00116060
調査 : Research Nester
公開 : 14, June, 2022
カテゴリー : Chemicals and Advanced Materials
学習の場 : 北米(米国およびカナダ)、ラテンアメリカ(ブラジル、メキシコ、アルゼンチン、その他のラテンアメリカ)、ヨーロッパ(英国、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、ハンガリー、ベルギー、オランダおよびルクセンブルグ、NORDIC(フィンランド、スウェーデン、ノルウェー) 、デンマーク)、アイルランド、スイス、オーストリア、ポーランド、トルコ、ロシア、その他のヨーロッパ)、ポーランド、トルコ、ロシア、その他のヨーロッパ)、アジア太平洋(中国、インド、日本、韓国、シンガポール、インドネシア、マレーシア) 、オーストラリア、ニュージーランド、その他のアジア太平洋地域)、中東およびアフリカ(イスラエル、GCC(サウジアラビア、UAE、バーレーン、クウェート、カタール、オマーン)、北アフリカ、南アフリカ、その他の中東およびアフリカ)。
レポート形式 : PDF
販売価格オプション(消費税込み)
シングルユーザー USD5550 / 質問形式
法人ユーザー USD6550 / 質問形式
エンタープライズユーザー USD10550 / 質問形式

[レポートの説明]

電気絶縁ワニスの世界市場分析 2020-2029

電気絶縁ワニスは、機械的、電気的、および環境的耐性を提供するために電子機器および機器に適用される非転換型コーティングである。世界の電気絶縁ワニス市場は、予測期間、すなわち2021-2029年に3.9%のCAGRで成長すると予想されています。世界的な自動車販売の増加や電気自動車の採用の増加などの要因が、予測期間中に市場の成長を促進すると予想されます。また、電気モーターを使用する家電製品の売上増加、異業種におけるモーターの普及拡大、それに続く最終用途産業間での絶縁ワニスの需要の高まりなどにより、市場の成長が加速すると予想されます。市場は2029年末までに約2,740百万米ドルの収益を獲得すると推定されており、2020年の約1,900百万米ドルの収益から増加します.
世界の電気絶縁ワニス市場は、製品タイプ、用途、適用方法、地域別のセグメンテーションを含む多数のセグメントによってセグメント化されています。製品タイプの方法に基づいて、市場はワイヤーエナメル、含浸ワニス、シリコン絶縁ワニス、接着ワニス、コーティングワニスなどにセグメント化されています。2029年末までに、すべてのセグメントの中で、ワイヤーエナメルセグメントは、2020年の6億8,000万米ドル近くから、約9億6,000万米ドルの最大の市場収益を獲得すると予想されています.
世界の電気絶縁ワニス市場は、地域に基づいて北米、ヨーロッパ、アジア太平洋、ラテンアメリカ、中東およびアフリカ地域にセグメント化されています。アジア太平洋地域では、市場は最高の市場シェアを保持し、2020年の約7億3,000万米ドルから2029年末までに約1億1,000万米ドルの収益をさらに達成すると予想されています.
当社のレポートに含まれる世界の電気絶縁ワニス市場における著名な業界リーダーには、日東電工株式会社、デュポン・ド・ネムール株式会社、京セラ株式会社、アクサルタコーティングシステムズ、LLC、フォンロールグループ、昭和電工マテリアルズ株式会社、四川東方絶縁材料株式会社、ELANTAS GmbH、モメンティブパフォーマンスマテリアルズ株式会社などがあります。

渋谷データカウント

渋谷データカウントは、最も信頼性が高く最新の調査分析レポートを確実に提供する経験豊富な調査専門家のグローバルチームが提供する、さまざまな業界のさまざまな市場調査レポートを提供する再販代理店です。

Recommended reports

+