banner

ビデオ処理プラットフォーム市場ー業界洞察、主要プレーヤー・企業別、成長機会別、最新傾向別、開発別、主要な成長ドライバー別、主要な課題別によってセグメンテーション、予測 2031年

お客様の要件 についてお知らせください。
ビデオ処理プラットフォーム市場ー業界洞察、主要プレーヤー・企業別、成長機会別、最新傾向別、開発別、主要な成長ドライバー別、主要な課題別によってセグメンテーション、予測 2031年

ビデオ処理プラットフォーム市場は、2022年に約61億米ドルの市場価値から、2031年までに約209億米ドルに達すると推定され、2022-2031年の予測期間中に16.5%のCAGRで成長すると予想されています。

調査レポートの詳細内容について

https://www.sdki.jp/reports/video-processing-platform-market/115326

近年、デジタルメディアの消費量は世界中で大幅に増加しています。デジタルメディアをサポートできるデバイスの数の増加、と高速インターネットへのアクセスの増加により、消費者は選択したメディアコンテンツにアクセスするオプションが提供されています。コンテンツは、いつでもどこでも、情報、娯楽、または社会的活動であり得ります。使用されるすべてのデジタルデバイスの中で、モバイルデバイスはオンラインメディアを消費する好ましい媒体として引き継がれています。スマートフォン市場は、過去5年間で前例のない成長を目撃しています。

スマートフォンの使用は世界中で増加しています。Statistaによると、2021年までに世界で63億人がスマートフォンを所有していました。オンライン動画のトレンドは、高い割合で生成されるインターネットトラフィックの量を爆発的に増加させています。ネットワークの改善、インターネットへのアクセスの改善、マルチメディアサービス対応のモバイルデバイス、およびアプリケーション開発エコシステムにつれ、デジタルプラットフォームを介したメディア消費が増加しています。インターネットユーザーの数は過去数年で増加しており、この数は今後数年間で大幅に増加すると予想されます。このため、ビデオ処理ソリューションおよびサービスの需要も拡大すると予想されます。したがって、モバイルビデオストリーミングの成長傾向や低コストでの高速インターネットの可用性などの要因が、ビデオ処理プラットフォーム市場の成長を促進しています。

ビデオ処理プラットフォーム市場セグメント

ビデオ処理プラットフォーム市場は、コンポーネント別(ハードウェア、プラットフォーム、サービス)、 アプリケーション別(動画のアップロードと取り込み、 ダイナミック広告の挿入、 動画のトランスコーディングと処理)、コンテンツタイプ別(リアルタイム、ライブオンデマンド)、 エンドユーザー別(テレビ放送局,ネットワーク事業者,コンテンツプロバイダ)、 業種別(BFSI、製造業、ヘルスケアおよびライフサイエンス、ITおよび電気通信、政府、教育、小売および消費財、メディアおよびエンターテイメント、その他)、および地域別に分割されます。これらのセグメントは、さまざまな要因に基づいてさらにサブセグメント化され、各セグメントおよびサブセグメントの複合年間成長率、評価期間の市場価値およびボリュームなど、市場に関するいくつかの追加情報で構成されます。

アプリケーションに基づいて、動画のアップロードと取り込みセグメントは、予測期間中により大きな市場規模を保持しています。

アプリケーションセグメントには、動画のアップロードと取り込み、ダイナミック広告挿入(リアルタイム)、ビデオのトランスコードと処理、ビデオホスティング、コンテンツレンダリングなどが含まれます。動画のアップロードと取り込みのセグメントは、予測期間中に最大の市場シェアを占めると推定されています。動画のアップロードと取り込みは、ビデオ処理プラットフォームの最も重要なアプリケーションの一部です。ビデオ取り込みは、さまざまな種類のビデオをキャプチャ、転送、またはサーバーにインポートするプロセスです。組織は、さまざまなファイル形式のサポートが困難になっている多数のビデオソースに対処する必要があります。

ビデオ処理プラットフォーム市場の地域概要

ビデオ処理プラットフォーム市場は地域に基づいてさらに細分化されており、各国の市場成長が評価されます。これらには、北米(米国、カナダ、およびその他の北米)、ヨーロッパ(ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、英国、およびその他のヨーロッパ)、アジア太平洋(中国、日本、インド、オーストラリア、シンガポール、およびその他のアジア太平洋)およびその他の地域が含まれます。

北米地域の市場は最大の市場規模を保持しています。

北米地域では、クラウドおよびモバイル技術がいち早く採用されており、ビデオ処理プラットフォームの採用に大きく反応しました。北米地域は、米国やカナダなどの国で構成されています。企業は、ロックダウンの中で全体的な従業員エクスペリエンスの向上、とビジネス継続性の課題に取り組むために、ビデオ処理プラットフォームを急速に採用しています。大企業や中小企業は革新的なビデオ処理プラットフォームの開発に注力しています。これらのプラットフォームは、ビデオストリーミング、リアルタイム広告、ビデオ分析、人工知能(AI)、機械学習(ML)などの技術的進歩と統合されているため、北米地域は市場の成長を促進すると予測されています。北米では、クラウドとモビリティ技術の早期採用も目撃されています。高度なITインフラストラクチャを備えており、さまざまな業種にわたるテクノロジーのさまざまな進歩により、運用コストを削減します。北米地域は、他の地域と比較して、収益の面で最大の貢献者であると推定されています。

ビデオ処理プラットフォーム市場の主要なキープレーヤー

ビデオ処理プラットフォーム市場の主要なキープレーヤーには、Akamai (米国)、Imagine Communications (米国)、 MediaKind (米国)、  Kaltura (米国)、  SeaChange (米国)、   Vantrix (カナダ)、NVIDIA (米国)、  Pixel Power (イギリス)、 Qumu (米国)、 Amagi (米国)、 などがあります。この調査には、ビデオ処理プラットフォーム市場におけるこれらの主要企業の詳細な競合分析、企業プロファイル、最近の動向、および主要な市場戦略が含まれています。

レポートのサンプルURL

https://www.sdki.jp/sample-request-115326

SDKI Inc.会社概要

SDKI Inc.の目標は、日本、中国、米国、カナダ、英国、ドイツなど、さまざまな国の市場シナリオを明らかにすることです。また、リサーチアナリストやコンサルタントの多様なネットワークを通じて、成長指標、課題、トレンド、競争環境など、信頼性の高いリサーチインサイトを世界中のクライアントに提供することに重点を置いています。SDKIは、30か国以上で信頼と顧客基盤を獲得しており、他の手つかずの経済圏での足場を拡大することにさらに注力しています。

Contact info

[ 本件に関するお問い合わせ下記まで]

SDKI.Inc

電話:+ 81 50 50509159  

Eメール:sales@sdki.jp