お好きな市場調査レポートを10%割引でご購入いただけます。
Booklet
  • Nov 2023
  • 2024―2036 年
  • 48-72営業時間
品質と信頼の証
Certified 27001 2013
scotland-accredited
certified-iso-9000

日本のセラミックタイル市場

調査レポート規模とシェア、成長機会とトレンド洞察分析―製品別(施釉セラミックタイル、磁器タイル、傷のつきにくいセラミックタイル、その他)、アプリケーション別、エンドユーザー別および地域別―世界予測2024―2036 年

市場スナップショット

当社の日本のセラミックタイル市場洞察によると、市場は予測期間中に約8.8%のCAGRで成長し、2036年までに約3756億米ドルの価値に達すると予想されています。さらに、2023 年の日本のセラミックタイル市場規模は約1971億米ドルと記録されています。

1700461425_1598.japan-ceramic-tile-market-survey-report.webp
このレポートの詳細については、以下をご覧ください: サンプルレポート請求

市場概況

市場の定義

粘土と砂、石英、水などの他の自然素材を混ぜたものをセラミック タイルと呼びます。通常、住宅、レストラン、小売スペース、その他の施設のキッチンとバスルームの床と壁として使用されます。これは取り付けが簡単、掃除が簡単、メンテナンスが簡単で、手頃な価格で入手できます。

日本のセラミックタイル市場の成長要因

当社の日本のセラミックタイル市場分析によると、主要な成長ドライバーの一部は次のとおりです。

  • 国内で成長する建設業界―国の一般的な福祉のためのインフラの建設と改修のために政府によって割り当てられる資金の増加です。空港と鉄道駅などの公共スペースを最高水準にアップグレードするための政府支出の増加により、需要が増加しました。これにより、インフラストラクチャの美的魅力も向上します。さらに、同国の加速する工業化努力と商業ビル開発の増加は、予測期間にわたって市場を刺激しています。日本の鉱工業生産指数の前年比伸び率データは平均4%で、1954年から2023年まで閲覧可能であり、毎月更新されます。
  • 人口増加と都市化―過去数年間で、人口は急激に増加しました。国の人口増加に対処するために、いくつかの国の政府は民間企業と協力して住宅部門のインフラを更新しています。スマートシティの開発が進むにつれて、需要も増加しています。さらに、一戸建て住宅よりも高層集合住宅の需要の高まりにより、土地当たりの製品消費量が増加し、セラミックタイルの市場が後押しされています。

最新の開発

  • 2022年4月にToli Co., Ltd.は、600×600mm、600×1200mm、200×1200mmの3サイズから選べる硬質床タイル「タフテックタイル」を発売したと発表しました。
  • • 2023年3月にLIXIL Co., Ltd.は、(株)LIXILは、INAX製外壁タイル「ストーンタイプコレクション ボーダーL」とINAX床タイル「ベスパ630スクエア」を発売しました。

市場課題

日本のセラミックタイル市場の成長に対する主な障害の1つは、厳しい環境規制によるものです。セラミックタイル製造の環境への影響に関する懸念は、市場に悪影響を及ぼしている主要な問題の一つです。大気汚染の主な原因の一つはこのビジネスです。製造プロセス中に、煙、浮遊粉塵粒子、未燃燃料粒子、エアロゾル粒子、塗料と釉薬のスプレー粒子など、いくつかの汚染物質が空気中に放出されます。これらのタイルの製造コストは、原材料の使用、業界廃棄物のリサイクル、汚染防止製造装置、有害な排出物を削減する技術の開発に関する規制により増加しています。

1700461425_4567.japan-ceramic-tile-market-segmentation-survey-report.webp

サンプル納品物ショーケース

このレポートの詳細については、以下をご覧ください: サンプルレポート請求

市場レポートの洞察

レポート洞察

CAGR

約8.8%

予測年

2024―2036年

基準年

2023年

予測年の市場価値

約3756億米ドル

日本のセラミックタイル市場のセグメンテーション

当社は、日本のセラミックタイル市場に関連するさまざまなセグメントにおける需要と機会を説明する調査を実施しました。製品、アプリケーション、エンドユーザー別に市場を分割しました。

製品に基づいて、市場は施釉セラミックタイル、磁器タイル、傷のつきにくいセラミックタイル、その他に分類しています。これらのサブセグメントのうち、磁器セグメントは市場で重要な位置を占めており、2036 年までに市場総収益の約 40% に貢献します。高い焼成温度とより細かく密度の高い粘土組成により、これらのタイルは交通量の多い床材に優れた耐久性をもたらします。さらに、不浸透性磁器タイルの長期的な価値は、カビと細菌に対する耐性によって高まります。さらに、この製品の耐薬品性と耐汚染性は、とりわけ施設の建物、ホテル、ショッピングセンターなどでの使用の増加により、前述のタイルの需要が増加すると予想されます。2022年の日本市場向けモザイクタイルの生産量は約650万平方メートルに達した。2018年と比較すると、セラミックタイルの生産数は約900万立方メートル減少しました。

さらに、日本のセラミックタイル市場は、壁タイルと床タイルへのアプリケーションに基づいて分類しています。これら 2 つのサブセグメントのうち、日本のセラミック タイル市場は床タイル セグメントによって支配され、2036 年までに合計市場シェアは約 67% 以上になると予想されます。これらのタイルは優れた美観と手頃な価格を兼ね備えているため、ホテルとショッピングセンターなどの商業ビルでの需要の増加が見込まれています。商業環境における磁器床材とタイルの使用における建築家とデザイナーの影響力の増大により、この製品の需要が増加すると予想されます。予想される期間にわたって、これらの製品の汚れと耐水性、ファッショナブルなデザイン、掃除のしとすさにより、商業用床材アプリケーションでの需要が高まる可能性があります。

製品

  • 施釉セラミックタイル
  • 磁器タイル
  • 傷のつきにくいセラミックタイル
  • その他

アプリケーション

  • 壁タイル
  • 床のタイル

エンドユーザー

  • 居住用
  • コマーシャル

調査の場所

北米(米国およびカナダ)、ラテンアメリカ(ブラジル、メキシコ、アルゼンチン、その他のラテンアメリカ)、ヨーロッパ(英国、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、ハンガリー、ベルギー、オランダおよびルクセンブルグ、NORDIC(フィンランド、スウェーデン、ノルウェー) 、デンマーク)、アイルランド、スイス、オーストリア、ポーランド、トルコ、ロシア、その他のヨーロッパ)、ポーランド、トルコ、ロシア、その他のヨーロッパ)、アジア太平洋(中国、インド、日本、韓国、シンガポール、インドネシア、マレーシア) 、オーストラリア、ニュージーランド、その他のアジア太平洋地域)、中東およびアフリカ(イスラエル、GCC(サウジアラビア、UAE、バーレーン、クウェート、カタール、オマーン)、北アフリカ、南アフリカ、その他の中東およびアフリカ)

このレポートの詳細については、以下をご覧ください: サンプルレポート請求

競争力ランドスケープ

日本のセラミックタイル市場における主な主要企業にはKANO CORPORATION、 Heritage Tile, LLC、Aica Kogyo Co., Ltd.、Icott Ryowa Co., Ltd.、 NAGOYA MOSAIC TILE CO., LTD.、 X'S Corporation, Yamase Inc., Central Pacific Trading Co.、CERAVISION KATO CO., LTD.、Johnson Tiles Pty Ltd、などが含まれます。この調査には、世界の日本のセラミックタイル市場におけるこれらの主要企業の詳細な競合分析、企業プロファイル、最近の動向、および主要な市場戦略が含まれています。

主な主要プレーヤー

主要な市場プレーヤーの分析

1
KANO CORPORATION
2
Heritage Tile LLC
3
Aica Kogyo Co. Ltd.
4
Icott Ryowa Co.
5
NAGOYA MOSAIC TILE CO.
6
X'S Corporation
7
Yamase Inc.
8
Central Pacific Trading
9
CERAVISION KATO CO.
10
Johnson Tiles Pty Ltd
Graphs
Source: SDKI Inc

目次

目次

我々の顧客

nitto
nitto
nitto
nitto
nitto
nitto
nitto
nitto
nitto
nitto
nitto
nitto
nitto
nitto
nitto
nitto
nitto
nitto
Facebook
Twitter
LinkedIn