お好きな市場調査レポートを10%割引でご購入いただけます。
Booklet
  • Nov 2023
  • 2023-2035年
  • 48-72営業時間
品質と信頼の証
Certified 27001 2013
scotland-accredited
certified-iso-9000

ハイブリッドクラウド市場調査ーサービスタイプ別(クラウド管理・オーケストレーション、ディザスターリカバリー、ハイブリッドホスティング)、サービスモデルタイプ別、組織規模別、コンポーネントタイプ別、エンドユーザー業種タイプ別および地域別ー予測2023-2035年

ハイブリッドクラウド 市場規模

ハイブリッドクラウド市場規模とシェアは、2022年に約700億米ドルを獲得しており、予測期間中に約 22% の CAGR で成長すると予想されます。さらに、世界のハイブリッドクラウド市場調査分析によると、2035 年までに約4700億米ドルに達すると予想されています。

1685709056_9646.Hybrid cloud market.webp
この市場とその成長に影響を与えたレポートが必要ですか? PDFをダウンロード

ハイブリッドクラウド 市場分析

ハイブリッドクラウドは、プライベートクラウドインフラと1つまたは複数のパブリッククラウドサービスの利用を統合したコンピューティング環境と定義することができます。ハイブリッドクラウドは、オンプレミスのインフラ、プライベートクラウド、パブリッククラウドなど、複数のクラウド環境におけるリソースとアプリケーションの統合と調整を含みます。プライベートクラウドとパブリッククラウドの間でデータとアプリケーションのシームレスな移植を可能にすることで、ハイブリッドクラウド技術はワークロードの移動、データの同期、ワークロードバランシングを容易にします。また、仮想化、コンテナ、オーケストレーションツールなどの技術を応用して、異なるクラウドプラットフォーム間でのアプリケーションの展開、スケーリング、監視を管理・自動化することにより、組織に俊敏性、スケーラビリティ、柔軟性を提供します。当社の調査によると、タセンターがワークロードの90%以上を処理する一方で、ハイブリッドクラウドは、事業規模に関係なく、柔軟で安全なインフラを提供し、セキュリティとプライバシー要件のバランスを取りながら、パブリッククラウドとプライベートクラウド環境の利点を確実に利用できるようにします。2020年のMcAfeeの調査によると、データの分離が容易で不正アクセスのリスクを最小限に抑えられることから、52%以上の組織がハイブリッドクラウド戦略を採用していることが明らかになりました。この10年の終わりに向けてのさらなる予測では、ハイブリッドクラウドが企業部門の標準となる未来が確実視されています。

ハイブリッドクラウド市場の主要な動向

2022年9月  IBMとVMWareは、ワークロードの近代化を目指し、パートナーシップを結びました。この提携では、IBMはVMWare Inc.のコンサルタントとして活動し、両社は金融サービス、ヘルスケア、公共部門などの規制産業の顧客を支援することを計画しています。両社は、ワークロードをクラウドに移行・近代化する際のコスト、複雑さ、リスクといった主要な懸念に対処することを目指します。

2021年10月 Googleは、Googleのデータセンターネットワークのエッジ、パートナー施設、または顧客のプライベートデータセンターでコンピューティングを提供し、そのすべてを同社のクラウドネイティブ管理コンソールであるAnthosで管理することを目的としたハイブリッドクラウドサービスの幅広いポートフォリオについて発表しました。

ハイブリッドクラウド市場の成長要因

  • クラウドサービスとオンプレミスのデジタル基盤の融合―パンデミック以降、「Bring Your Own」文化や共有ワークステーションなど、テクノートシフトが起きています。デジタルインフラは多様化し、用途も限定されるようになりました。このような状況において、ハイブリッドクラウドは、オンプレミスのインフラとクラウドサービスを統合し、組織が両方の環境の利点を活用できるようにする重要な役割を担っています。また、世界的な海運会社であるマースク社は、IBM Cloud Privateを導入し、オンプレミスのインフラとIBM Cloudサービスを統合した。これにより、レガシーアプリケーションとクラウドネイティブの新機能を統合的にバックアップする運用が可能になりました。
  • 柔軟性、拡張性、経済性に優れたコンピューティングへのニーズの高まりー企業は、従来のITインフラでは解決困難な問題を解消するために、ハイブリッドクラウドアプローチを利用しています。ハイブリッド・クラウドは、俊敏性と効率性を高め、ITリソースを合理的なコストで迅速に提供することで、ITと企業の間のギャップを解消しています。ハイブリッドクラウドは、企業が必要に応じてインフラやアプリケーションを拡張する機会を提供し、ユーザーに優れたパフォーマンスと可用性を提供します。ハイブリッド・クラウドが提供するスケーラブルなスケールメリットと同時に、企業の機密データも保護されます。安全でスケーラブル、かつ手頃な価格のリソースがより容易に利用できるようになれば、組織はさまざまな運用方法を模索するようになり、ハイブリッドクラウド環境の導入が促進されるでしょう。このような要因が、予測期間中、大きく後押しすることになります。
  • さまざまな技術の進歩―さらに、さまざまな技術的進歩が、市場内に多数の成長機会をもたらしています。人工知能(AI)、モノのインターネット(IoT)、機械学習(ML)、エッジコンピューティングなどの技術革新の統合は、市場の拡大を支えています。また、SaaS(Software-as-a-Service)、マルチクラウドの採用率の上昇、ITインフラの進歩などの追加要因によって、市場はさらに活性化すると予想されます。

ハイブリッドクラウド市場の

データ主権への懸念―データ主権とは、その国の管轄内に保存されているデータに対する、その国の法的・政治的権利のことです。ある国で活動するIT組織は、データ居住要件に関してその国が定めた基準を遵守し、データが現地の法律や規制を遵守して保存・処理されることを保証する義務があります。例えば、国際プライバシー専門家協会(IAPP)は、データ主権とプライバシーに関する懸念を形成する影響力のある要因として、欧州連合の一般データ保護規則(GDPR)などのデータ保護とプライバシーに関する法律を挙げており、ハイブリッドクラウドの導入は、国家が絡む問題になっています。

1685709056_5870.Hybrid cloud market Size.webp

サンプル納品物ショーケース

この市場の主要な成長要因のいくつかを理解します。 PDFをダウンロード

ハイブリッドクラウド 市場レポートの洞察

 主要な市場の洞察

 CAGR

 22%

 予測年

 2023-2035年

 基準年

 2022年

 予測年の市場価値

 約4700億米ドル

世界のハイブリッドクラウド市場のセグメント

ハイブリッドクラウドの世界市場において、コンポーネントのタイプに基づいて、ソリューションが最も大きな売上シェアを占めています。ハイブリッドクラウドが重要なワークロードを処理する際の実現性と柔軟性に優れているため、このセグメントは予測期間中も安定した成長を続けると推定されます。オープンソースのIaaS(Infrastructure-as-a-Service)を使用するいくつかのツールは、パブリックおよびプライベートクラウドインフラストラクチャにあらかじめ統合されており、互換性が高いです。

また、オープンソースのIaaS(Infrastructure-as-a-Service)を利用するいくつかのツールは、パブリックおよびプライベートクラウドインフラストラクチャにあらかじめ統合されており、高い互換性があります。また、大手企業は、組織のデータ関連ニーズに幅広く対応できるよう、個別のハイブリッドクラウドサービスを展開するとともに、協業も進めています。例えば、IBMのハイブリッドクラウドエコシステムでは、ウィプロがRed Hat OpenShiftでワークロード管理を行うために統合されています。

エンドユーザー業種タイプに基づいて、BFSIセグメントが世界のハイブリッドクラウドに最も多く寄与しています。予測期間中、このセグメントは一貫して成長し、優位に立つと予測されています。BFSIは、機密性の高い金融情報の保護に対する要求が高まっているため、注目を集めるようになりました。このデジタル時代には、オンラインバンキングシステムという新しい手段が主流になり、BFSI企業はデジタルツールやハイブリッドクラウドコンピューティングなどの技術を積極的に採用しています。この技術は、コスト削減、技術革新の予測、顧客関係の強化、柔軟性の拡大を可能にします。

 サービスタイプ別

  • クラウド管理・オーケストレーション
  • ディザスターリカバリー
  • ハイブリッドホスティング

 サービスモデルタイプ別

  • インフラストラクチャ-サービス
  • プラットフォーム-サービス
  • ソフトウェア-サービス

 組織規模別

  • 大企業
  • 中小企業

 コンポーネントタイプ別

  • ソリューション
  • サービス

 エンドユーザー業種タイプ別

  • BFSI
  • IT・通信
  • ヘルスケア
  • 小売
  • メディア・エンターテインメント
  • 製造
  • 政府
  • 運輸
  • その他

世界のハイブリッドクラウド市場の地域概要

当社の調査によると、北米地域のハイブリッドクラウド市場は、世界のハイブリッドクラウド市場の35%を占め、現在の市場規模は約420億ドルとなっています。予測期間中19%の CAGR(年平均成長率)で、この地域市場の成長軌道を後押しするものとなっています。調査によると、地域政府のクラウド技術に関する月間支出額は150000ドルから250000ドルの間であることが示されています。IT専門家の大半は、北米の企業数社がM&Aを実施していることから、クラウド技術が飛躍的に拡大すると予測しています。例えば、アメリカの巨大テクノロジー企業IBMは、Sanovi Technologiesを買収しました。ハイブリッド・クラウド・リカバリやクラウド・マイグレーションなど、さまざまな分野で活躍するサノビ・テクノロジーズは、現在、IBMの一部門として運営されています。Microsoftは、ハイブリッド・クラウド・サービスのポートフォリオを確立するために、tech Mahindraと協力している。このような合併により、この地域ではハイブリッドクラウドの本格的な標準化が進むと予測されます。

ヨーロッパのハイブリッドクラウド市場は、2022年に約120億米ドルと評価され、2023年から2035年までの間に18%以上のCAGR(複合年間成長率)が見込まれています。これは、ヨーロッパ政府が、加盟国全体で競争力があり安全なデジタルインフラを育成することを目的とした「欧州クラウド構想」や「ヨーロッパデータ戦略」などのプログラムを通じて、クラウド導入への関心を高めていることが背景にあります。また、データのセキュリティとプライバシーの重要性が高まる傾向にあり、大企業や中小企業がハイブリッドクラウド技術を採用することに大きな影響を及ぼしています。

 北米

  • 米国
  • カナダ

 ヨーロッパ

  • ドイツ
  • フランス
  • イギリス
  • イタリア
  • スペイン
  • オランダ
  • ロシア
  • その他のヨーロッパ

 アジア太平洋地域

  • 中国
  • 日本
  • インド
  • 韓国
  • オーストラリア
  • シンガポール
  • その他のアジア太平洋地域

 ラテンアメリカ

  • ブラジル
  • アルゼンチン
  • メキシコ
  • その他のラテンアメリカ

 中東とアフリカ

  • GCC
  • イスラエル
  • 南アフリカ
  • その他の中東とアフリカ

アジア太平洋地域のハイブリッドクラウド市場規模は約220億米ドルと推定され、現在、2023年から2035年の予測期間において年平均成長率20(%)で成長すると予想されています。この地域の成長が促進された背景には、IT集約型開発の増加があると考えられます。IDCの報告によると、APAC地域のIT支出は1.5兆米ドルを超えています。また、バンガロール(インド)、シンガポール、東京(日本)、ソウル(韓国)、上海(中国)がこの地域のテクノロジーハブとして台頭していることも、この地域のハイブリッドクラウドの成長をさらに促進すると推定されています。

日本のハイブリッドクラウド市場は現在約20億ドルで、プライベートクラウドのインフラを通じて機密データを管理しながらパブリッククラウドサービスの利点を享受できることから、予測期間中の健全な成長率が期待されています。また、Amazon Web Services(AWS)、Microsoft Azure、Google Cloud Platform(GCP)といった著名なグローバルハイブリッドクラウドサービスプロバイダーの存在により、金融、製造、ヘルスケア、小売、通信などの各分野で有利な市場競争環境が整っています。これと並行して、日本政府はデジタルトランスフォーメーションの一環として、クラウド導入を積極的に推進しています。経済産業省は、特に中小企業向けに、ハイブリッドクラウドモデルを含むクラウド導入を、制度や補助金を通じて積極的に支援しています。

ハイブリッドクラウド 調査の場所

北米(米国およびカナダ)、ラテンアメリカ(ブラジル、メキシコ、アルゼンチン、その他のラテンアメリカ)、ヨーロッパ(英国、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、ハンガリー、ベルギー、オランダおよびルクセンブルグ、NORDIC(フィンランド、スウェーデン、ノルウェー) 、デンマーク)、アイルランド、スイス、オーストリア、ポーランド、トルコ、ロシア、その他のヨーロッパ)、ポーランド、トルコ、ロシア、その他のヨーロッパ)、アジア太平洋(中国、インド、日本、韓国、シンガポール、インドネシア、マレーシア) 、オーストラリア、ニュージーランド、その他のアジア太平洋地域)、中東およびアフリカ(イスラエル、GCC(サウジアラビア、UAE、バーレーン、クウェート、カタール、オマーン)、北アフリカ、南アフリカ、その他の中東およびアフリカ)

1685709056_4723.Hybrid cloud market Share.webp
重要な地理市場に関する分析を取得します。 PDFをダウンロード

競争力ランドスケープ

ハイブリッドクラウド市場の主なプレーヤー・メーカーにはVMWare Inc.、Rackspace lnc.、Alibaba Group Holding Limited、Amazon Inc.、CenturyLink Inc.、IBM Corporation、Microsoft Corporation、Oracle Corporation、Cisco Systems Inc、Dell Technologies Inc、 DXC Technology Company、Fujitsu Limited、Alphabet Inc.、Atos SE、Amazon Web Services(AWS)、Citirx Systems Inc.、Google、Splunk Inc.、BlackStratus、McAfee (Intel), AlienVault, Micro, Focus International, Fujitsu Ltd, Dell Technologies lnc, Rackspace lnc Siemensなどがあります。この調査には、世界のハイブリッドクラウド市場におけるこれらの主要企業の詳細な競合分析、企業プロファイル、最近の動向、および主要な市場戦略が含まれています。

ハイブリッドクラウド 主な主要プレーヤー

主要な市場プレーヤーの分析

1
VMWare Inc.
2
Rackspace lnc.
3
Alibaba Group Holding
4
Amazon Inc.
5
CenturyLink Inc.
6
IBM Corporation
7
Microsoft Corporation
8
Oracle Corporation
9
Cisco Systems Inc
10
Dell Technologies Inc
Graphs
Source: SDKI Analytics

目次

目次

我々の顧客

nitto
nitto
nitto
nitto
nitto
nitto
nitto
nitto
nitto
nitto
nitto
nitto
nitto
nitto
nitto
nitto
nitto
nitto
Facebook
Twitter
LinkedIn