banner

職場安全市場ー業界洞察、主要プレーヤー・企業別、成長機会別、最新傾向別、開発別、主要な成長ドライバー別、主要な課題別によってセグメンテーション、予測 2031年

お客様の要件 についてお知らせください。
職場安全市場ー業界洞察、主要プレーヤー・企業別、成長機会別、最新傾向別、開発別、主要な成長ドライバー別、主要な課題別によってセグメンテーション、予測 2031年

職場安全市場は、2022年に約133億米ドルの市場価値から、2031年までに約294億米ドルに達すると推定され、2022-2031年の予測期間中に10.4%のCAGRで成長すると予想されています。

調査レポートの詳細内容について

https://www.sdki.jp/reports/workplace-safety-market/114091 

職場安全市場の成長は、より厳格な安全規制の必要性の高まり、および健康と福祉へのより包括的なアプローチへの業界内の大幅なシフトなど、さまざまな要因によって推進されています。全米安全評議会によると、労働者は7秒ごとに仕事で負傷しています。 国立労働安全衛生研究所(NIOSH)による総合労働者健康の概念の実施後、身体的健康を超えた幸福へのより包括的なアプローチへの実質的な変化が業界内で目撃されています。 この多面的なアプローチには、健康の社会的、感情的、経済的、および環境的側面が含まれます。 このプログラムの実施後、職場の安全プログラムの焦点は、危険な状態の検出から、教育、訓練、および誰かが怪我をする前の問題の特定に重点を置いた予防ベースのプログラムのリスクの特定に移りました。 雇用主はますますこの基準の採用に投資しています。したがって、これは、今後数年間で職場安全市場の成長を促進すると予想されます。

職場安全市場セグメント

職場安全市場は、コンポーネント別(ハードウェア、ソフトウェア、およびサービス)、システム別(環境衛生と安全、アクセス制御と監視システム、リアルタイム位置監視、その他)、アプリケーション別(インシデントおよび緊急管理、資産追跡、PPE検出 )、展開モード別(クラウド、オンプレミス)、エンドユーザー別(産業用および商用)、および地域別に分割されます。これらのセグメントは、さまざまな要因に基づいてさらにサブセグメント化され、各セグメントおよびサブセグメントの複合年間成長率、評価期間の市場価値およびボリュームなど、市場に関するいくつかの追加情報で構成されます。

コンポーネントに基づいて、ソフトウェアセグメントは、予測期間中に最大のCAGRで成長すると予想されます。

最近の作業環境では、企業は、コストを管理しながら、事故を減らし、安全リスクを特定して軽減し、労働安全規制を遵守することによって、労働者と資産の安全を確保する必要があります。 安全管理ソリューションは、安全文化を改善すること、と企業全体の労働力を保護することにより、組織を支援します。 このソリューションは、モバイルデバイスを介して収集されたリアルタイムのフィールドデータを含むデータを収集および分析して、怪我や病気のリスクを生み出す職業上の危険を特定します。 さらに、このソフトウェアは、組織を変革し、従業員と環境の安全への道に導くことで、組織を支援します。これは、このセグメントの成長を牽引しています。

職場安全市場の地域概要

職場安全市場は地域に基づいてさらに細分化されており、各国の市場成長が評価されます。これらには、北米(米国、カナダ、およびその他の北米)、ヨーロッパ(ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、英国、およびその他のヨーロッパ)、アジア太平洋(中国、日本、インド、オーストラリア、シンガポール、およびその他のアジア太平洋)およびその他の地域が含まれます。

地域に基づいて、北米地域は予測期間中に最大の市場シェアを占めています

北米地域は、職場安全市場の市場規模の点で最大の貢献者になると予想されます。ここには、グローバルな革新的なテクノロジープロバイダーがあり、最先端の職場の安全ソリューションを求める裕福でテクノロジーに精通した消費者で溢れています。安全基準と政府規制の強化は、北米地域の職場安全市場の成長を推進する主な要因です。労働安全衛生(WHS)規制の枠組みは、労働者とその周辺の職場の健康と安全を確保することを目的としています。さまざまな規制の枠組みにより、職場の安全製品を必要とする場所の安全とセキュリティが可能になります。したがって、これは市場の成長の原動力として機能しています。機器を追跡および監視するための固定およびポータブルデバイスに統合できるスマートセンサーなど、職場の安全におけるテクノロジーの統合が進むことで、この地域の職場安全ソリューションおよびサービスのベンダーに大きなチャンスがもたらされます。

職場安全市場の主要なキープレーヤー

職場安全市場の主要なキープレーヤーには、IBM Corporation(米国)、Honeywell(米国)、3M(米国)、Hexagon AB(スウェーデン)、Appian(米国)、Bosch(ドイツ)、Cortiy Software(カナダ)、Enablon(パリ)、Intelex(カナダ)、HSI( 米国)、Vector Solutions(米国)、INX Software(オーストラリア)、Arventa(オーストラリア)、AWS(米国)、Panasonic Corporation(日本)、Damotech(カナダ)、Vero Solutions(英国)、Atheer(米国)、Kinetic(米国) )、EHS Insight(米国)、ANVL(米国)、Inenseye(米国)、Basicsafe(米国)、EngageEHS(ダブリン)などがあります。この調査には、職場安全市場におけるこれらの主要企業の詳細な競合分析、企業プロファイル、最近の動向、および主要な市場戦略が含まれています。

レポートのサンプルURL

https://www.sdki.jp/sample-request-114091 

SDKI Inc.会社概要

SDKI Inc.の目標は、日本、中国、米国、カナダ、英国、ドイツなど、さまざまな国の市場シナリオを明らかにすることです。また、リサーチアナリストやコンサルタントの多様なネットワークを通じて、成長指標、課題、トレンド、競争環境など、信頼性の高いリサーチインサイトを世界中のクライアントに提供することに重点を置いています。SDKIは、30か国以上で信頼と顧客基盤を獲得しており、他の手つかずの経済圏での足場を拡大することにさらに注力しています。

Contact info

[ 本件に関するお問い合わせ下記まで]

SDKI.Inc

電話:+ 81 50 50509159  

Eメール:sales@sdki.jp