banner

バーチャルイベントプラットフォーム市場ー業界洞察、主要プレーヤー・企業別、成長機会別、最新傾向別、開発別、主要な成長ドライバー別、主要な課題別によってセグメンテーション、予測 2031年

お客様の要件 についてお知らせください。
バーチャルイベントプラットフォーム市場ー業界洞察、主要プレーヤー・企業別、成長機会別、最新傾向別、開発別、主要な成長ドライバー別、主要な課題別によってセグメンテーション、予測 2031年

バーチャルイベントプラットフォーム市場は、2022年に約117億米ドルの市場価値から、2031年までに約305億米ドルに達すると推定され、2022-2031年の予測期間中に12.7%のCAGRで成長すると予想されています。

調査レポートの詳細内容について

https://www.sdki.jp/reports/virtual-event-platform-market/114114 

視聴者ベースを拡大するためのデジタルメディアマーケティングプラットフォームの採用の増加、および対面プレゼンテーションに代わるオンラインストリーミングの人気の高まりは、市場の成長を促進すると予想される重要な要因です。さらに、企業のリモートワーク化、中小企業でのクラウドサービスの普及、および顧客情報の収集精度の向上も市場の成長に貢献しています。これらの要因がバーチャルイベントプラットフォームの需要を推進しています。

市場におけるCOVID-19パンデミックの影響はレポート全体でカバーされています。 パンデミックは、バーチャルイベントプラットフォーム市場にプラスの影響を及ぼしました。 COVID-19パンデミックは、バーチャルイベントプラットフォームの助けを借りて、従来のイベントをバーチャルイベントに変換することを可能にしました。 リモートワーク環境の急増により、ビジネスはクラウドに移行し、この市場の成長を後押ししています。 新しいウイルスの前例のない発生により、多くの企業は、物理的なイベント、会議、会議を回避し、ビジネスの継続性を確保するために、デジタルプラットフォームをすばやく見つけるためにスクランブリングを行いました。 さまざまなエンドユーザー業界の組織が、顧客体験を改善するために不可欠な予算を投資して作成してきました。 バーチャルイベントプラットフォームが同じ方向に機能するため、組織は最高の参加者エンゲージメントを提供するための高度なプラットフォームを求めています。

バーチャルイベントプラットフォーム市場セグメント

バーチャルイベントプラットフォーム市場は、コンポーネント別(プラットフォームおよびサービス)、組織規模別(大企業、中規模企業、および中小企業)、エンドユーザー別(企業、政府、教育、ヘルスケア、サードパーティプランナー、協会、非営利団体) および地域別に分割されます。これらのセグメントは、さまざまな要因に基づいてさらにサブセグメント化され、各セグメントおよびサブセグメントの複合年間成長率、評価期間の市場価値およびボリュームなど、市場に関するいくつかの追加情報で構成されます。

コンポーネントに基づいて、プラットフォームセグメントは、予測期間中に最大の成長を維持すると予想されます

コンポーネントに基づいて、バーチャルイベントプラットフォーム市場はプラットフォームとサービスの2つのカテゴリに分割されます。 このプラットフォームは、拡張現実、仮想現実、3Dシミュレーションなどの新しいテクノロジーを組み込んで、離れた場所からの仮想通信を提供することにより、対面でのイベント体験の再現をサポートします。 このプラットフォームは、ライブチャットボックス、ライブ投票、1対1のビデオおよびオーディオ通話など、さまざまなインタラクティブ機能を提供し、数千人の参加者がリアルタイムで情報を共有できるようにします。

バーチャルイベントプラットフォーム市場の地域概要

バーチャルイベントプラットフォーム市場は地域に基づいてさらに細分化されており、各国の市場成長が評価されます。これらには、北米(米国、カナダ、およびその他の北米)、ヨーロッパ(ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、英国、およびその他のヨーロッパ)、アジア太平洋(中国、日本、インド、オーストラリア、シンガポール、およびその他のアジア太平洋)およびその他の地域が含まれます。

地域に基づいて、APAC地域の市場は予測期間中に最大のCAGRで成長します。

中国と日本は、アジア太平洋地域でのバーチャルイベントプラットフォームの採用における主要国です。この市場の成長は、厳格な規制を順守する必要性の高まり、バーチャルイベントプラットフォームベンダーの存在感の高まり、政府のサポートの増加、仮想イベントプラットフォームユーティリティの認識の高まり、投資収益率の向上など、さまざまな要因に起因しています。公共部門と民間部門は、重要な資産を管理するために多額の投資を行っています。その結果、バーチャルイベントプラットフォームソリューションとサービスの需要が高まっています。ベンダーは、バーチャルイベントプラットフォーム市場でのプレゼンスを強化するために、新製品の発売、パートナーシップとコラボレーション、合併と買収など、いくつかの有機的および無機的な成長戦略を採用しています。それらは、顧客基盤と市場シェアを拡大​​するために、有機的および無機的な成長戦略の組み合わせを採用しています。市場の動的​​なニーズとパートナーシップを満たすためのサービスの強化は、近年、主要ベンダーによって実施されている積極的な戦略です。

バーチャルイベントプラットフォーム市場の主要なキープレーヤー

バーチャルイベントプラットフォーム市場の主要なキープレーヤーには、6Connex(米国)、Cvent(米国)、Hopin(英国)、Remo(米国)、Hubilo(米国)、Vfairs(米国)、BigMarker(米国)、Zoom(米国)、Microsoft(米国)、Cisco(米国)、 Kestone(インド)、Accelevents(米国)、Whova(米国)、EventMobi(カナダ)、On24(米国)、Vconfex(インド)、Samaaro(インド)、Vconferenceonline(米国)、SpotMe(スイス)、Orbits(オーストラリア)などがあります。この調査には、バーチャルイベントプラットフォーム市場におけるこれらの主要企業の詳細な競合分析、企業プロファイル、最近の動向、および主要な市場戦略が含まれています。

レポートのサンプルURL

https://www.sdki.jp/sample-request-114114 

SDKI Inc.会社概要

SDKI Inc.の目標は、日本、中国、米国、カナダ、英国、ドイツなど、さまざまな国の市場シナリオを明らかにすることです。また、リサーチアナリストやコンサルタントの多様なネットワークを通じて、成長指標、課題、トレンド、競争環境など、信頼性の高いリサーチインサイトを世界中のクライアントに提供することに重点を置いています。SDKIは、30か国以上で信頼と顧客基盤を獲得しており、他の手つかずの経済圏での足場を拡大することにさらに注力しています。

Contact info

[ 本件に関するお問い合わせ下記まで]

SDKI.Inc

電話:+ 81 50 50509159  

Eメール:sales@sdki.jp