One Stop Solution For In-Depth Market Research Reports

詳細な市場調査レポートのワンストップソリューション

Home    >    >   UV absorber market

紫外線吸収剤市場ー業界洞察、主要プレーヤー・企業別、成長機会別、最新傾向別、開発別、主要な成長ドライバー別、主要な課題別によってセグメンテーション、予測 2030年


紫外線吸収剤市場ー材料別(ベンゾフェノン、ベンゾトリアゾール、トリアジン、その他)、用途別(塗料・コーティング、接着剤・シーラント、プラスチック、など)、および地域別ー世界の予測2022ー2031年


紫外線吸収剤市場は、2022年に約709百万米ドルの市場価値から、2031年までに約1,009百万米ドルに達すると推定され、2022-2031年の予測期間中に4.5%のCAGRで成長すると予想されています。

調査レポートの詳細内容について

https://www.sdki.jp/reports/uv-absorbers-market/110688

紫外線(UV)吸収剤は、紫外線を吸収し、熱の形でエネルギーを放出するために使用される材料です。それらは通常、有害な紫外線による材料の劣化を防ぐことによって材料を保護するために使用されます。したがって、材料の性能、耐久性、耐用年数、および安定性が向上します。基板、意図する機能寿命、および材料のUV劣化に対する感度に応じて、さまざまな種類の紫外線吸収剤が使用されます。さらに、紫外線吸収剤は、中性または透明な用途でUV安定剤としても機能し、短期間の曝露に対して効果的なUV耐性を提供します。

紫外線吸収剤市場は、主に自動車用プラスチック、包装、農業用フィルム、コーティング、接着剤、パーソナルケアなどの用途からの需要の高まりによって牽引されています。さまざまな目的でのプラスチックの使用の急増は、紫外線吸収剤市場の成長に貢献しています。また、革新的な紫外線吸収剤の研究開発の機会としても機能します。さらに、紫外線吸収剤に対する意識の高まりが紫外線吸収剤市場の成長を推進すると予想されます。しかし、紫外線吸収剤を製造するために必要な原材料の高コストは、予測期間中に紫外線吸収剤市場の成長を抑制する可能性があります。さらに、有機紫外線吸収剤の効果的な代替品である無機紫外線吸収剤の入手可能性は、紫外線吸収剤市場の成長に対する重要な制約です。

紫外線吸収剤市場セグメント

紫外線吸収剤市場は、材料別(ベンゾフェノン、ベンゾトリアゾール、トリアジン、その他)、用途別(塗料・コーティング(自動車用コーティング、工業用・保護用コーティング、建築用・建設用コーティング、および木材コーティング)、接着剤・シーラント、プラスチック、パーソナルケア、およびその他)、および地域別に分割されます。これらのセグメントは、さまざまな要因に基づいてさらにサブセグメント化され、各セグメントおよびサブセグメントの複合年間成長率、評価期間の市場価値およびボリュームなど、市場に関するいくつかの追加情報で構成されます。

材料に基づいて、紫外線吸収剤市場はベンゾフェノン、ベンゾトリアゾール、トリアジンに分割されます。ベンゾトリアゾールセグメントは、予測期間中に市場で支配的なセグメントになると予測されます。これは、プラスチック、コーティング、接着剤、パーソナルケア製品への幅広い用途、と非常に有害であると推定されるUV-AおよびUV-B領域での幅広い保護範囲に起因します。ベンゾトリアゾールは、ベンゾフェノンと比較して、紫外線に対する優れた保護を提供します。したがって、ベンゾトリアゾールは一般的に屋外の耐候性用途に使用されます。これがこのセグメントの成長を後押ししています。

紫外線吸収剤市場の地域概要

北米地域は、紫外線吸収剤市場の支配的なシェアを構成すると予想されます。これは、技術の成熟度、とこの地域の研究開発への多額の投資によるものです。一方、アジア太平洋地域は、紫外線吸収剤市場で最も急成長している地域であると推定されています。これは、急速な工業化、とこの地域のプラスチックやコーティングなどの最終用途産業からの需要の高まりによるものです。アジア太平洋地域の中国、インド、日本などの国々での自動車産業の拡大は、自動車用プラスチックおよびコーティング用途での紫外線吸収剤の使用を促進しています。

これらの地域セグメントは、北米(米国およびカナダ);アジア太平洋(中国、インド、日本、韓国、インドネシア、マレーシア、オーストラリア、ニュージーランド、シンガポール、その他のアジア太平洋);ラテンアメリカ(ブラジル、メキシコ、アルゼンチン、その他のラテンアメリカ);中東およびアフリカ(イスラエル、GCC [サウジアラビア、アラブ首長国連邦、バーレーン、クウェート、カタール、オマーン]、北アフリカ、南アフリカ、その他の中東およびアフリカ)およびヨーロッパ(英国、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、ハンガリー、ベルギー、オランダ、ルクセンブルグ、NORDIC、ポーランド、トルコ、ロシア、その他のヨーロッパ)などが含まれています。

紫外線吸収剤市場の主要なキープレーヤー

紫外線吸収剤市場の主要なキープレーヤーには、ADEKA Corporation、SONGWON Industrial Group、BASF SE、Solvay S.A.、Bioray Chemical Co., Ltd.、Clariant AG、Rianlon Corporation、Everspring Chemical Co., Ltd.、BLS Polymers Ltdなどがあります。この調査には、紫外線吸収剤市場におけるこれらの主要企業の詳細な競合分析、企業プロファイル、最近の動向、および主要な市場戦略が含まれています。

レポートのサンプルURL

https://www.sdki.jp/sample-request-110688

SDKI Inc.会社概要

SDKI Inc.の目標は、日本、中国、米国、カナダ、英国、ドイツなど、さまざまな国の市場シナリオを明らかにすることです。また、リサーチアナリストやコンサルタントの多様なネットワークを通じて、成長指標、課題、トレンド、競争環境など、信頼性の高いリサーチインサイトを世界中のクライアントに提供することに重点を置いています。SDKIは、30か国以上で信頼と顧客基盤を獲得しており、他の手つかずの経済圏での足場を拡大することにさらに注力しています。

Contact info

[ 本件に関するお問い合わせ下記まで]

SDKI.Inc

電話:+ 81 3 45720790  

Eメール:sales@sdki.jp

渋谷データカウント

渋谷データカウントは、最も信頼性が高く最新の調査分析レポートを確実に提供する経験豊富な調査専門家のグローバルチームが提供する、さまざまな業界のさまざまな市場調査レポートを提供する再販代理店です。

Recommended reports

+