banner

サプライチェーン管理市場ー業界洞察、主要プレーヤー・企業別、成長機会別、最新傾向別、開発別、主要な成長ドライバー別、主要な課題別によってセグメンテーション、予測 2031年

お客様の要件 についてお知らせください。
サプライチェーン管理市場ー業界洞察、主要プレーヤー・企業別、成長機会別、最新傾向別、開発別、主要な成長ドライバー別、主要な課題別によってセグメンテーション、予測 2031年

サプライチェーン管理市場は、2022年に約255億米ドルの市場価値から、2031年までに約560億米ドルに達すると推定され、2022-2031年の予測期間中に10.3%のCAGRで成長すると予想されています。

調査レポートの詳細内容について

https://www.sdki.jp/reports/supply-chain-management-market/114082 

サプライチェーンのデータとプロセスの可視性と透明性を高めることへの需要の高まりは、市場の主要な成長ドライバーです。企業間の競争の激化により、企業は戦略的イノベーションを自社のビジネスモデルに取り入れ、顧客維持、競合他社の増加、脅威のコモディティ化などの課題に取り組んでいます。 これらの課題により、企業は顧客へのオンライン販売にインターネットを採用するようになりました。世界中の企業におけるインターネットの普及率の高まりが、e コマース プレーヤーの増加につながっています。 この上昇により、オンライン販売の成長が促進されており、クラウドSCM市場の世界的な成長が促進される可能性があります。 企業は、クラウドベースのSCMシステムを採用することにより、エンドツーエンドのビジネスモデルを提供するための包括的な戦略を開発しています。

業界全体でのビッグデータの台頭は、企業がデータセットを分析して戦略的意思決定を行うのに役立ちました。 しかし、データセット間の不正確さは、世界中のデータサイエンティストによる主要な懸念事項です。 データセット間の不正確さ、欠落した情報、または古いデータは、企業による適切なサプライチェーン分析イニシアチブを実装するという目的全体を覆す可能性があります。 IBMによると、一貫性のない、時代遅れで、無関係なデータで構成される不良データは、米国経済に年間3.1兆米ドルの途方もない損失をもたらしました。 Salesforceはまた、組織の顧客関係管理(CRM)のデータの約91%が不完全であり、そのデータの70%が毎年廃止または無関係になることに同意しました。

サプライチェーン管理市場セグメント

サプライチェーン管理市場は、コンポーネント別(ハードウェアソフトウェア、およびサービス)、展開モード別(クラウドおよびオンプレミス)、組織規模別(SME、大企業)、垂直別(FMCG、小売および商業、ヘルスケア、製造、自動車、輸送およびロジスティクス、 その他)、および地域別に分割されます。これらのセグメントは、さまざまな要因に基づいてさらにサブセグメント化され、各セグメントおよびサブセグメントの複合年間成長率、評価期間の市場価値およびボリュームなど、市場に関するいくつかの追加情報で構成されます。

組織規模に基づいて、大企業セグメントは予測期間中に大きな市場規模を保持します。

インフラストラクチャコストの削減、ビジネス機能の向上、および激しい競争における持続可能性は、大規模な組織でSCMの採用を推進すると予測される重要な要因です。大企業が企業の生産性と効率を向上させるための高度なテクノロジーに投資することも、大企業でのSCMの採用を促進すると予測される重要な要素です。これらの要因は、このセグメントの成長を牽引すると予想されます。

サプライチェーン管理市場の地域概要

サプライチェーン管理市場は地域に基づいてさらに細分化されており、各国の市場成長が評価されます。これらには、北米(米国、カナダ、およびその他の北米)、ヨーロッパ(ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、英国、およびその他のヨーロッパ)、アジア太平洋(中国、日本、インド、オーストラリア、シンガポール、およびその他のアジア太平洋)およびその他の地域が含まれます。

地域に基づいて、APAC地域の市場は予測期間中に最大のCAGRで成長すると予想されます。

より多くの中流階級の社会が存在するため、APAC地域はより多様な顧客の要求を持っています。 世界のコンテナトラフィックの約70%がAPAC地域の港を通過しています。 さらに、ほとんどのAPACビジネスは、貿易パートナーや市場へのさまざまな異なる経路など、多くの仲介業者を含む複雑なサプライチェーンを通じて市場に到達します。世界の他の地域と比較して、APAC地域のサプライチェーン管理は多くの場合、はるかに困難です。これらの複雑さを軽減するために、この地域でのSCMの採用が増えています。 最新のテクノロジーの採用により、APAC企業がエンドツーエンドの可視性を備えたよりスリムで機敏なサプライチェーンにシフトする傾向が強まっていることも、この地域のSCMソフトウェアとサービスの最大の推進力の1つです。

サプライチェーン管理市場の主要なキープレーヤー

サプライチェーン管理市場の主要なキープレーヤーには、SAP SE(ドイツ)、Oracle(米国)、Descartes Systems Group(カナダ)、Infor(米国)、IBM(米国)、Manhattan Associates(米国)、Logility(米国)、Kinaxis(カナダ)、Blue Yonder(米国) 、Korber(米国)、Coupa Software(米国)、Epicor(米国)、BluJay Solutions(米国)などがあります。この調査には、サプライチェーン管理市場におけるこれらの主要企業の詳細な競合分析、企業プロファイル、最近の動向、および主要な市場戦略が含まれています。

レポートのサンプルURL

https://www.sdki.jp/sample-request-114082

SDKI Inc.会社概要

SDKI Inc.の目標は、日本、中国、米国、カナダ、英国、ドイツなど、さまざまな国の市場シナリオを明らかにすることです。また、リサーチアナリストやコンサルタントの多様なネットワークを通じて、成長指標、課題、トレンド、競争環境など、信頼性の高いリサーチインサイトを世界中のクライアントに提供することに重点を置いています。SDKIは、30か国以上で信頼と顧客基盤を獲得しており、他の手つかずの経済圏での足場を拡大することにさらに注力しています。

Contact info

[ 本件に関するお問い合わせ下記まで]

SDKI.Inc

電話:+ 81 50 50509159  

Eメール:sales@sdki.jp