banner

機密データ発見市場ー業界洞察、主要プレーヤー・企業別、成長機会別、最新傾向別、開発別、主要な成長ドライバー別、主要な課題別によってセグメンテーション、予測 2031年

お客様の要件 についてお知らせください。
機密データ発見市場ー業界洞察、主要プレーヤー・企業別、成長機会別、最新傾向別、開発別、主要な成長ドライバー別、主要な課題別によってセグメンテーション、予測 2031年

機密データ発見市場は、2022年に約59億米ドルの市場価値から、2031年までに約195億米ドルに達すると推定され、2022-2031年の予測期間中に16.1%のCAGRで成長すると予想されています。

調査レポートの詳細内容について

https://www.sdki.jp/reports/sensitive-data-discovery-market/114085

機密性の高い構造化データと非構造化データを発見する必要性の高まり、と進化する規制に伴うデータプライバシーへの投資の増加など、さまざまな要因が市場の成長を後押ししています。 また、データ内のセキュリティコンプライアンスとガバナンスを改善するためのクラウドベースの機密データ検出ソリューションの採用の増加、および組織間のCOVID-19シナリオ中のデータ利用の重要性の高まりも、機密データ検出市場の採用を促進すると予想されます。

データセキュリティ、IoT、およびリアルタイムデータ分析への注目が高まる中、機密データ検出市場は大幅な成長を遂げています。 データをビジネスプロセスと統合し、実用的な洞察を引き出す需要の高まり、およびCOVID-19による業種全体でのデータ利用の必要性は、大手企業に市場成長の機会を提供すると予想されます。 しかし、機密データ検出ソリューションからRoIを正当化することの難しさ、と熟練した専門家の不足などの重要な要因は、市場の成長を阻害する可能性があります。 データのセキュリティとプライバシーの懸念、企業全体のデータ管理標準とガバナンスの一貫性の欠如、機密データの検出を手動システムに大きく依存することは、機密データの検出ソリューションとサービスの採用を促進する重要な課題です。

機密データ発見市場セグメント

機密データ発見市場は、コンポーネント別(ソリューション、サービス)、組織規模別(大企業、中小企業)、展開モード別(オンプレミス、クラウド)、アプリケーション別(セキュリティおよびリスク管理、コンプライアンス管理、資産管理)、業種別(BFSI、ヘルスケアおよびライフサイエンス) 、および地域別に分割されます。これらのセグメントは、さまざまな要因に基づいてさらにサブセグメント化され、各セグメントおよびサブセグメントの複合年間成長率、評価期間の市場価値およびボリュームなど、市場に関するいくつかの追加情報で構成されます。

コンポーネントに基づいて、サービスセグメントは予測期間中に高いCAGRで成長します。

コンポーネントに基づいて、機密データ検出市場はソリューションとサービスに分割されます。 サービスセグメントは、予測期間中に急速なペースで成長すると予想されます。 この成長は、複数のソースから構造化および非構造化データを収集するための機密データ検出ツールを効果的に統合するために、エンド ユーザーによる展開と統合およびコンサルティング サービスの需要が高まっていることに起因する可能性があります。

機密データ発見市場の地域概要

機密データ発見市場は地域に基づいてさらに細分化されており、各国の市場成長が評価されます。これらには、北米(米国、カナダ、およびその他の北米)、ヨーロッパ(ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、英国、およびその他のヨーロッパ)、アジア太平洋(中国、日本、インド、オーストラリア、シンガポール、およびその他のアジア太平洋)およびその他の地域が含まれます。

地域に基づいて、APAC地域の市場は予測期間中に最大のCAGRで成長します。

APAC地域の市場は、予測期間中に最大のCAGRで成長すると予想されます。 中国、インド、日本などの主要なAPAC諸国でのテクノロジー企業による投資の増加、および政府の規制とイニシアチブの増加により、APAC地域の市場の成長が促進されると予想されます。 APAC地域の企業は、統計データを生成すること、とより迅速なビジネス上の意思決定を行うために、機密データ検出ソリューションを展開しています。 中国、インド、韓国、日本などの国々は、データに基づくビジネス上の意思決定を可能にし、ビジネスプロセスを強化するために、データ管理の改善に注力しています。

機密データ発見市場の主要なキープレーヤー

機密データ発見市場の主要なキープレーヤーには、IBM(米国)、Microsoft(米国)、Oracle(米国)、AWS(米国)、Proofpoint(米国)、Google(米国)、Micro Focus(英国)、SolarWinds(米国)、PKWARE(米国)、Thales(フランス) 、Spirion(米国)、Egnyte(米国)、Netwrix(米国)、Varonis(米国)、Digital Guardian(米国)、Solix(米国)、Immuta(米国)、MENTIS(米国)、Ground Labs(米国)、Hitachi(米国) 日本)、Nightfall(米国)、Securiti(米国)、DataGrail(米国)、Dathena(シンガポール)、BigID(米国)、1touch.io(米国)、DataSunrise(米国)などがあります。この調査には、機密データ発見市場におけるこれらの主要企業の詳細な競合分析、企業プロファイル、最近の動向、および主要な市場戦略が含まれています。

レポートのサンプルURL

https://www.sdki.jp/sample-request-114085

SDKI Inc.会社概要

SDKI Inc.の目標は、日本、中国、米国、カナダ、英国、ドイツなど、さまざまな国の市場シナリオを明らかにすることです。また、リサーチアナリストやコンサルタントの多様なネットワークを通じて、成長指標、課題、トレンド、競争環境など、信頼性の高いリサーチインサイトを世界中のクライアントに提供することに重点を置いています。SDKIは、30か国以上で信頼と顧客基盤を獲得しており、他の手つかずの経済圏での足場を拡大することにさらに注力しています。

Contact info

[ 本件に関するお問い合わせ下記まで]

SDKI.Inc

電話:+ 81 50 50509159  

Eメール:sales@sdki.jp