One Stop Solution For In-Depth Market Research Reports

詳細な市場調査レポートのワンストップソリューション

Home    >    >   Respiratory antiviral treatment market

呼吸器系抗ウイルス治療市場ー業界洞察、主要プレーヤー・企業別、成長機会別、最新傾向別、開発別、主要な成長ドライバー別、主要な課題別によってセグメンテーション、予測 2031年


呼吸器系抗ウイルス治療市場ー薬物クラス別(ヌクレオシド類似体、ノイラミニダーゼ阻害剤、イオンチャネル遮断薬、など)、疾患の種類別、流通チャネル別、および地域別ーグローバル予測2022ー2031年


呼吸器系抗ウイルス治療市場は、2022年に32.6億米ドルの市場価値から、2031年までに52.0億米ドルに達すると推定され、2022-2031年の予測期間中に6%のCAGRで成長すると予想されています。

調査レポートの詳細内容について

https://www.sdki.jp/reports/respiratory-antiviral-treatment-market/111195

抗ウイルス薬は、宿主細胞に影響を与えることなくウイルスの発生と複製を防ぐ治療薬です。これらの薬は、必須の細胞内寄生体であるため、標的ウイルスを破壊しません。代わりに、これらはウイルス酵素を不活性化することによってそれらの増殖を阻害します。リバビリン、アシクロビル、オセルタミビル、ザナミビルアマンタジン、アマンタジンなど、さまざまな種類の薬が呼吸器ウイルス性疾患の治療に使用されています。世界の呼吸器系抗ウイルス治療市場の成長は、呼吸器系ウイルス性疾患と進行中の臨床試験の有病率の上昇、およびFDAの承認の増加に起因する可能性があります。

インフルエンザ、細気管支炎などの呼吸器ウイルス性疾患の有病率と発生率の上昇は、呼吸器系抗ウイルス治療の需要を後押ししています。インフルエンザの発生率と有病率は、世界中で徐々に増加しています。CDCによると、米国では毎年、人口の約5%から20%がインフルエンザの影響を受けています。また、国内では毎年推定20万人がインフルエンザ感染により入院しており、そのうち36,000人がインフルエンザの合併症で死亡しています。これは、呼吸器系抗ウイルス治療市場の成長を牽引しています。

さらに、呼吸器ウイルス性疾患の治療と予防のための好ましい政策は、予測期間中に世界の呼吸器系抗ウイルス治療市場の成長を牽引すると予測されています。疾病管理予防センター(CDC)の免疫化実施諮問委員会(ACIP)は、リスクの高いグループ向けの推奨事項を公開しています。呼吸器ウイルス性疾患の治療と予防のための抗ウイルス剤の使用に関する参考資料を提供します。これは2022ー2031年の予測期間中に呼吸器系抗ウイルス治療市場の成長に貢献しています。呼吸器ウイルス性疾患の治療、医薬品、パイプライン製品、および安全性と有効性の研究に関する進行中の臨床試験は、過去数年間で増加しています。さらに、FDAおよびさまざまな地域の他の当局による抗ウイルス療法および薬剤の販売承認は、世界の呼吸器抗ウイルス治療市場の成長を後押しすることが期待されています。

呼吸器系抗ウイルス治療市場セグメント

呼吸器系抗ウイルス治療市場は、薬物クラス別(ヌクレオシド類似体、ノイラミニダーゼ阻害剤、イオンチャネル遮断薬、および融合タンパク質阻害剤)、疾患の種類別(インフルエンザ、細気管支炎、肺炎、上気道感染症(URTI)、その他)、流通チャネル別(病院薬局、小売薬局、オンライン薬局)、および地域別に分割されます。これらのセグメントは、さまざまな要因に基づいてさらにサブセグメント化され、各セグメントおよびサブセグメントの複合年間成長率、評価期間の市場価値およびボリュームなど、市場に関するいくつかの追加情報で構成されます。

呼吸器系抗ウイルス治療市場の地域概要

呼吸器系抗ウイルス治療市場は地域に基づいてさらに細分化されており、各国の市場成長が評価されます。これらには、北米(米国、カナダ、およびその他の北米)、ヨーロッパ(ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、英国、およびその他のヨーロッパ)、アジア太平洋(中国、日本、インド、オーストラリア、シンガポール、およびその他のアジア太平洋)およびその他の地域が含まれます。

北米地域は2019年に世界の呼吸器系抗ウイルス治療市場を支配しました。これは、呼吸器ウイルス性疾患を持つ人々の数の増加、新製品の発売、および地域の主要なプレーヤーの存在に起因しています。CDCによると、2020年8月の時点で、米国では約560万人の患者がCOVID-19に苦しんでいます。一方、アジア太平洋地域の呼吸器系抗ウイルス治療市場は、2022ー2031年の間に高いCAGRで拡大すると予想されています。これは、商業ハブを持ち、事業組織の拡大、および呼吸器系抗ウイルス薬についての認識が高まっている発展途上国の存在に起因する可能性があります。また、医療インフラの改善、および技術面での企業による投資の増加も、この地域の呼吸器系抗ウイルス治療市場の成長に貢献しています。

呼吸器系抗ウイルス治療市場の主要なキープレーヤー

呼吸器系抗ウイルス治療市場の主要なキープレーヤーには、F. Hoffmann-La Roche Ltd.、Novartis AG、Takeda Pharmaceutical Company Limited、Pfizer, Inc.、Teva Pharmaceutical Industries Ltd.、Sun Pharmaceutical Industries Ltd.、GlaxoSmithKline plc、Mylan, Inc.、Merck & Co., Inc.、AstraZeneca plc.などがあります。この調査には、呼吸器系抗ウイルス治療市場におけるこれらの主要企業の詳細な競合分析、企業プロファイル、最近の動向、および主要な市場戦略が含まれています。

レポートのサンプルURL

https://www.sdki.jp/sample-request-111195

SDKI Inc.会社概要

SDKI Inc.の目標は、日本、中国、米国、カナダ、英国、ドイツなど、さまざまな国の市場シナリオを明らかにすることです。また、リサーチアナリストやコンサルタントの多様なネットワークを通じて、成長指標、課題、トレンド、競争環境など、信頼性の高いリサーチインサイトを世界中のクライアントに提供することに重点を置いています。SDKIは、30か国以上で信頼と顧客基盤を獲得しており、他の手つかずの経済圏での足場を拡大することにさらに注力しています。

Contact info

[ 本件に関するお問い合わせ下記まで]

SDKI.Inc

電話:+ 81 3 45720790  

Eメール:sales@sdki.jp

渋谷データカウント

渋谷データカウントは、最も信頼性が高く最新の調査分析レポートを確実に提供する経験豊富な調査専門家のグローバルチームが提供する、さまざまな業界のさまざまな市場調査レポートを提供する再販代理店です。

Recommended reports

+