banner

ラマン分光法市場ー業界洞察、主要プレーヤー・企業別、成長機会別、最新傾向別、開発別、主要な成長ドライバー別、主要な課題別によってセグメンテーション、予測 2031年

お客様の要件 についてお知らせください。
ラマン分光法市場ー業界洞察、主要プレーヤー・企業別、成長機会別、最新傾向別、開発別、主要な成長ドライバー別、主要な課題別によってセグメンテーション、予測 2031年

ラマン分光法市場は、2022年に約646百万米ドルの市場価値から、2031年までに約1,144百万米ドルに達すると推定され、2022-2031年の予測期間中に7.4%のCAGRで成長すると予想されています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

調査レポートの詳細内容について

https://www.sdki.jp/reports/raman-spectroscopy-market/115237

ヘルスケアにおける医薬品開発への注目の高まりと臨床応用におけるラマン分光法の採用の増加は、ラマン分光法市場の成長を推進する要因です。さらに、触媒および触媒反応のためのラマン分光技術の利用の進歩も、ラマン分光市場の成長を推進しています。また、急速な都市化、ライフスタイルの変化、投資の急増、個人消費の増加は、ラマン分光法市場にプラスの影響を与えます。しかし、所有権に関連する高コスト、および進歩に追いつくための高度なスキルを持つ労働力の要件は、市場の成長を妨げる可能性があります。

ラマン分光法によって提供される分析技術は、創薬と開発のさまざまな段階でますます実装されています。 これには、化学的同定、分子生物学の研究と診断、前製剤、固体形態のスクリーニング、生物分析、後期医薬品開発における製剤分析、プロセス分析、品質管理、原材料の認定、および偽造の識別が含まれます。 前製剤研究は、医薬品開発プロセスの重要な構成要素であり、前臨床および臨床研究の製剤開発をサポートするために、潜在的な薬剤の物理化学的特性を理解するためにプロセスが実行されます。

ラマン分光法市場セグメント

ラマン分光法市場は、機器別(顕微鏡ラマン、ハンドヘルド・ポータブルラマン)、サンプリング技術別(表面増強ラマン散乱)、アプリケーション別(製薬、ライフサイエンス)、および地域別に分割されます。これらのセグメントは、さまざまな要因に基づいてさらにサブセグメント化され、各セグメントおよびサブセグメントの複合年間成長率、評価期間の市場価値およびボリュームなど、市場に関するいくつかの追加情報で構成されます。

機器に基づいて、ハンドヘルド・ポータブルラマンセグメントは、予測期間中に最大のCAGRで成長すると予想されます。

ハンドヘルド・ポータブルラマンセグメントの市場は、予測期間中に最大のCAGRで成長すると予想されます。この成長は、ハンドヘルド・ポータブルラマン分光法の採用の増加に起因しています。これは、人間工学に基づいた設計で、シンプルなポイントアンドシュート形式と完全にポータブルなテストを提供できるためです。そのため、統合されたデジタルライブラリや既存のメソッドデータに対する未知の特性評価に迅速に対応できます。 さらに、製薬、ライフサイエンス、および材料科学アプリケーションの原材料の分子指紋を取得するために、これらの分光法は、熟練度の低い担当者が簡単に実行および操作できます。

ラマン分光法市場の地域概要

ラマン分光法市場は地域に基づいてさらに細分化されており、各国の市場成長が評価されます。これらには、北米(米国、カナダ、およびその他の北米)、ヨーロッパ(ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、英国、およびその他のヨーロッパ)、アジア太平洋(中国、日本、インド、オーストラリア、シンガポール、およびその他のアジア太平洋)およびその他の地域が含まれます。

地域に基づいて、APAC地域は2026年までにラマン分光法市場の最大のCAGRを占めると予想されます

アジア太平洋地域のラマン分光法市場は、予測期間中に最大のCAGRを記録すると予想されます。 中国、日本、韓国、インドなどの国々で製薬、ライフサイエンス、材料科学のアプリケーションからの需要が高まっているため、この地域の市場の成長は高まっています。 さらに、多数の製薬およびライフサイエンス企業と委託製造機関(CMO)の存在も、APAC地域のラマン分光法市場の成長を推進しています。 さらに、政府機関による医療費の増加、とそれぞれの国での高度な医療技術に対するイニシアチブも、この地域のラマン分光法市場の成長を牽引する主な要因です。

ラマン分光法市場の主要なキープレーヤー

ラマン分光法市場の主要なキープレーヤーには、Thermo Fisher Scientific、Inc.(米国)、Agilent Technologies、Inc.(米国)、Bruker Corporation(米国)、Mettler-Toledo International、Inc.(スイス)、Renishaw PLC(英国)、Horiba、Ltd.(日本)、 Metrohm AG(スイス)、Kaiser Optical Systems、Inc.(米国)、Rigaku Corporation(日本)、PerkinElmer、Inc.(米国)などがあります。この調査には、ラマン分光法市場におけるこれらの主要企業の詳細な競合分析、企業プロファイル、最近の動向、および主要な市場戦略が含まれています。

レポートのサンプルURL

https://www.sdki.jp/sample-request-115237

SDKI Inc.会社概要

SDKI Inc.の目標は、日本、中国、米国、カナダ、英国、ドイツなど、さまざまな国の市場シナリオを明らかにすることです。また、リサーチアナリストやコンサルタントの多様なネットワークを通じて、成長指標、課題、トレンド、競争環境など、信頼性の高いリサーチインサイトを世界中のクライアントに提供することに重点を置いています。SDKIは、30か国以上で信頼と顧客基盤を獲得しており、他の手つかずの経済圏での足場を拡大することにさらに注力しています。

Contact info

[ 本件に関するお問い合わせ下記まで]

SDKI.Inc

電話:+ 81 50 50509159  

Eメール:sales@sdki.jp