One Stop Solution For In-Depth Market Research Reports

詳細な市場調査レポートのワンストップソリューション

Home    >    >   Pseudomonas aeruginosa infection treatment market

緑膿菌感染症治療市場ー業界洞察、主要プレーヤー・企業別、成長機会別、最新傾向別、開発別、主要な成長ドライバー別、主要な課題別によってセグメンテーション、予測 2031年


緑膿菌感染症治療市場ー医薬品クラス別(アミノグリコシド、セファロスポリン、カルバペネム、モノバクタム、その他)、投薬別、投与経路別、流通チャネル別、および地域別ー世界の予測2022ー2031年


緑膿菌感染症治療市場は、2022年に11.9億米ドルの市場価値から、2031年までに19.0億米ドルに達すると推定され、2022-2031年の予測期間中に6%のCAGRで成長すると予想されています。

調査レポートの詳細内容について

https://www.sdki.jp/reports/pseudomonas-aeruginosa-infection-treatment-market/111309

緑膿菌は、カプセル化されたグラム陰性の桿菌であり、人々に病気を引き起こします。免疫力が低下している人に感染する多用途の「青緑色膿菌」であり、人工呼吸器関連肺炎や敗血症などの院内感染などの重篤な感染症と関係があります。肺炎、嚢胞性線維症、尿路感染症、血流感染症など、さまざまな種類の緑膿菌感染症が人体に発生します。緑膿菌感染症の治療には、アミノグリコシド、セファロスポリン、カルバペネム、モノバクタムなど、市場で入手可能なさまざまな抗生物質が使用されます。世界の緑膿菌感染症治療市場は、世界中で、肺炎、嚢胞性線維症、尿路感染症、血流感染症などの緑膿菌感染症の有病率の上昇によって推進されています。

緑膿菌感染症と診断される人口の増加、および緑膿菌感染症治療オプションの豊富なパイプラインにより、世界の緑膿菌感染症治療市場は急速に成長しています。また、急速に成長する抗菌剤耐性は、予測期間中に緑膿菌感染症治療市場の成長を牽引すると予想される主要な要因の1つです。米国疾病予防管理センター(CDC)の推定によると、米国では毎年、抗菌剤耐性が200万件以上感染症と23,000人の死亡の原因となっています。しかし、不適切な処方と患者のコンプライアンスは、予測期間中に世界の緑膿菌感染症治療市場の成長を妨げる可能性があります。

緑膿菌感染症治療市場セグメント

緑膿菌感染症治療市場は、医薬品クラス別(アミノグリコシド、セファロスポリン、カルバペネム、モノバクタム、その他)、投薬別(単剤療法、併用療法)、投与経路別(鼻、経口、および静脈内)、流通チャネル別(病院薬局、小売薬局、オンライン薬局)、および地域別に分割されます。これらのセグメントは、さまざまな要因に基づいてさらにサブセグメント化され、各セグメントおよびサブセグメントの複合年間成長率、評価期間の市場価値およびボリュームなど、市場に関するいくつかの追加情報で構成されます。

医薬品クラスに基づいて、世界の緑膿菌感染症治療市場は、アミノグリコシド、セファロスポリン、カルバペネム、モノバクタムなどに分割されます。セファロスポリンセグメントは、2018年に世界の緑膿菌感染症治療薬市場を支配しました。大手製薬会社は、さまざまな緑膿菌感染症の治療のための新しいクラスのセファロスポリンの開発に注力しています。これは、セファロスポリンセグメントの成長を促進すると予想されます。さらに、緑膿菌、メチシリン耐性黄色ブドウ球菌などのグラム陰性菌の治療のために、新しいセファロスポリン(第5世代)が開発されました。また、新しいセファロスポリンクラスの薬剤の発売は、セグメントの成長を後押しする可能性があります。

緑膿菌感染症治療市場の地域概要

さらに、レポートは北アメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋、ラテンアメリカ、中東・アフリカなどに分割されている、世界のすべての地域をカバーしています。ヨーロッパ地域は、予測期間中に世界の緑膿菌感染症治療市場のトップシェアを占めると予想されます。これは、緑膿菌感染症に苦しむ患者の数の増加に起因しています。ドイツでは、推定22,000ー33,000人が緑膿菌感染症に苦しんでいます。さらに、主要なプレーヤーの存在、と新製品の早期採用は、ヨーロッパの緑膿菌感染症治療市場の成長を後押しします。一方、アジア太平洋地域の緑膿菌感染症治療薬市場は、今後数年間で急速に成長すると予測されています。インド、中国、韓国は、今後数年間で、緑膿菌感染症治療市場の収益性の高い国になると予想されています。

さらに詳細な分析のために、各地域はさらに国に分割されます:

  • アジア太平洋(中国、インド、日本、韓国、インドネシア、マレーシア、オーストラリア、ニュージーランド、シンガポール、その他のアジア太平洋)
  • 北米(米国およびカナダ)
  • 中東およびアフリカ(イスラエル、GCC [サウジアラビア、アラブ首長国連邦、バーレーン、クウェート、カタール、オマーン]、北アフリカ、南アフリカ、その他の中東およびアフリカ)
  • ラテンアメリカ(ブラジル、メキシコ、アルゼンチン、その他のラテンアメリカ)
  • ヨーロッパ(英国、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、ハンガリー、ベルギー、オランダ、ルクセンブルグ、NORDIC、ポーランド、トルコ、ロシア、その他のヨーロッパ)

緑膿菌感染症治療市場の主要なキープレーヤー

緑膿菌感染症治療市場の主要なキープレーヤーには、Allergan plc、Teva Pharmaceutical Industries Ltd.、Pfizer, Inc.、Lupin Pharmaceuticals, Inc.、AstraZeneca, Merck & Co., Inc.、Bristol-Myers Squibb Co.、Janssen Pharmaceuticals, Inc.などがあります。この調査には、緑膿菌感染症治療市場におけるこれらの主要企業の詳細な競合分析、企業プロファイル、最近の動向、および主要な市場戦略が含まれています。

レポートのサンプルURL

https://www.sdki.jp/sample-request-111309

SDKI Inc.会社概要

SDKI Inc.の目標は、日本、中国、米国、カナダ、英国、ドイツなど、さまざまな国の市場シナリオを明らかにすることです。また、リサーチアナリストやコンサルタントの多様なネットワークを通じて、成長指標、課題、トレンド、競争環境など、信頼性の高いリサーチインサイトを世界中のクライアントに提供することに重点を置いています。SDKIは、30か国以上で信頼と顧客基盤を獲得しており、他の手つかずの経済圏での足場を拡大することにさらに注力しています。

Contact info

[ 本件に関するお問い合わせ下記まで]

SDKI.Inc

電話:+ 81 3 45720790  

Eメール:sales@sdki.jp

渋谷データカウント

渋谷データカウントは、最も信頼性が高く最新の調査分析レポートを確実に提供する経験豊富な調査専門家のグローバルチームが提供する、さまざまな業界のさまざまな市場調査レポートを提供する再販代理店です。

Recommended reports

+