banner

決済サービスプロバイダー市場ー業界洞察、主要プレーヤー・企業別、成長機会別、最新傾向別、開発別、主要な成長ドライバー別、主要な課題別によってセグメンテーション、予測 2031年

お客様の要件 についてお知らせください。
決済サービスプロバイダー市場ー業界洞察、主要プレーヤー・企業別、成長機会別、最新傾向別、開発別、主要な成長ドライバー別、主要な課題別によってセグメンテーション、予測 2031年

決済サービスプロバイダー市場は、2022年に約484億米ドルの市場価値から、2031年までに約1,037億米ドルに達すると推定され、2022-2031年の予測期間中に10%のCAGRで成長すると予想されています。

調査レポートの詳細内容について

https://www.sdki.jp/reports/payment-service-provider-market/110483

決済サービスプロバイダー市場の成長は、金融包摂の急速な増加(特に発展途上国における)によって推進されると予測されています。フィンテック業界の競争力の向上は、今後数年間で、決済サービスプロバイダー市場の成長を後押しすると予想されます。フィンテック業界は、世界中で指数関数的な成長を遂げています。成長は主にアジア太平洋地域と中東地域によって推進されています。インターネットの普及率の向上、および国の金融システム内の透明性を維持するためのデジタル化の採用に対する政府の焦点とイニシアチブは、アジア太平洋地域でこの市場の成長を牽引しているいくつかの要因です。

世界銀行のデータによると、世界全体で、銀行や金融機関の口座保有者(個人口座またはパートナー口座)の割合は、2011年から13%増加しており、2017年には73%に達しました。この銀行口座数の急増により、金融機関やその他の業界はデジタル決済ソリューションを採用するようになりました。これは、リスクを最小限に抑え、トランザクションを効率的に監視および制御するためです。

さらに、eコマースの世界的な急速な成長も予測期間中に決済サービスプロバイダー市場の成長に貢献しています。世界中のいくつかの国では、eコマースが前年比で2桁成長しており、これは健全な成長率です。インターネット普及のレベルが急速に拡大しているため、eコマースの消費者の数が増えています。Adyenのレポートによると、オンライン銀行振込はeコマースの主要な支払い方法であり、マレーシアでのオンライン購入の50%を占めています。オンライン小売取引は現在、タイの小売業界全体のわずか0.5%を占めていますが、インターネットの普及率が約60%に達しているため、毎年推定30%ー35%増加しています。これは、eコマースが個人による支払い方法の変革に大きな役割を果たしてきたことを示しています。

決済サービスプロバイダー市場セグメント

決済サービスプロバイダー市場は、コンポーネント別(ソフトウェア(支払いゲートウェイソリューション、支払い処理ソリューション、支払いセキュリティ・不正管理ソリューション、およびPoSソリューション)およびサービス(コンサルティングサービス、システム統合・実装サービス、サポート・保守サービス、および管理/外部委託サービス))、支払いチャネル別(デジタルウォレット、トークンシステム、ネットバンキング、リアルタイム支払い、および直接キャリア請求)、支払いタイプ別(顧客から顧客、顧客から企業、および企業から企業)、アプリケーション別(チェックアウト/定期支払いおよびeコマース)、最終用途別(レストラン、旅行・予約、ゲーム、ヘルスケア、小売、eコマース、エンターテインメント、BFSI、電気通信、およびその他)、および地域別に分割されます。これらのセグメントは、さまざまな要因に基づいてさらにサブセグメント化され、各セグメントおよびサブセグメントの複合年間成長率、評価期間の市場価値およびボリュームなど、市場に関するいくつかの追加情報で構成されます。

決済サービスプロバイダー市場の地域概要

決済サービスプロバイダー市場は地域に基づいてさらに細分化されており、各国の市場成長が評価されます。これらには、北米(米国、カナダ、およびその他の北米)、ヨーロッパ(ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、英国、およびその他のヨーロッパ)、アジア太平洋(中国、日本、インド、オーストラリア、シンガポール、およびその他のアジア太平洋)およびその他の地域が含まれます。

アジア太平洋地域は、2019年の市場規模が11,878.6百万米ドルで、世界の決済サービスプロバイダー市場の主要なリーダーであり続けています。これは主に、ミレニアル世代と高齢者の両方でスマートフォンの支払いが大幅に増加したことによるものです。したがって、スマートフォンデバイスのボリュームの指数関数的な成長は、この地域の決済サービスプロバイダー市場の成長を推進する可能性があります。一方、北米地域では、予測期間中に世界の決済サービスプロバイダー市場が大幅に成長すると予測されています。強力なネットワークインフラストラクチャ、およびウォレットやトークンなどのデジタル決済モードの採用の増加は、北米地域の決済サービスプロバイダー市場の成長を促進すると予想されます。

決済サービスプロバイダー市場の主要なキープレーヤー

決済サービスプロバイダー市場の主要なキープレーヤーには、ACI Worldwide Inc.、MasterCard International Inc.、Adyen、Global Payments Direct Inc.、CCBill LLC.、Discover Financial Services (Diners Club International Ltd)、Stripe、Total System Services Inc.、TSYS、Amazon Web Services Inc.、First Data Corporation、PayPal Inc.、Ingenico Group.などがあります。この調査には、決済サービスプロバイダー市場におけるこれらの主要企業の詳細な競合分析、企業プロファイル、最近の動向、および主要な市場戦略が含まれています。

レポートのサンプルURL

https://www.sdki.jp/sample-request-110483

SDKI Inc.会社概要

SDKI Inc.の目標は、日本、中国、米国、カナダ、英国、ドイツなど、さまざまな国の市場シナリオを明らかにすることです。また、リサーチアナリストやコンサルタントの多様なネットワークを通じて、成長指標、課題、トレンド、競争環境など、信頼性の高いリサーチインサイトを世界中のクライアントに提供することに重点を置いています。SDKIは、30か国以上で信頼と顧客基盤を獲得しており、他の手つかずの経済圏での足場を拡大することにさらに注力しています。

Contact info

[ 本件に関するお問い合わせ下記まで]

SDKI.Inc

電話:+ 81 3 45720790  

Eメール:sales@sdki.jp