banner

メタデータ管理ツール市場ー業界洞察、主要プレーヤー・企業別、成長機会別、最新傾向別、開発別、主要な成長ドライバー別、主要な課題別によってセグメンテーション、予測 2031年

お客様の要件 についてお知らせください。
メタデータ管理ツール市場ー業界洞察、主要プレーヤー・企業別、成長機会別、最新傾向別、開発別、主要な成長ドライバー別、主要な課題別によってセグメンテーション、予測 2031年

メタデータ管理ツール市場は、2022年に約75億米ドルの市場価値から、2031年までに約301億米ドルに達すると推定され、2022-2031年の予測期間中に19.0%のCAGRで成長すると予想されています。

調査レポートの詳細内容について

https://www.sdki.jp/reports/metadata-management-tools-market/115239

一元化されたデータ管理の重要性の高まり、データセキュリティにおけるメタデータ管理の重要性の高まり、およびより高いデータ品質と信頼できる分析に対するニーズの高まりは、メタデータ管理ツール市場の成長を促進する主な要因です。COVID-19のパンデミックは、地域全体の取引活動に影響を与えました。それは技術部門のすべての要素に適度な影響を与えました。ハードウェアビジネスは、IT業界で最も影響を受けると予測されています。ハードウェア供給の減速と製造能力の低下により、ITインフラストラクチャの成長は減速しています。ソリューションとサービスを提供する企業も、短期間で減速すると予想されます。

しかし、コラボレーティブアプリケーション、分析、セキュリティソリューション、AIの採用は、今年の残りの部分で増加する見込みです。製造業、小売業、エネルギー・公益事業などの業種では、緩やかな減速が見られました。一方、BFSI、政府、ヘルスケアおよびライフサイエンスの分野は、最小限の影響しか目撃していません。さらに、回復に伴い、世界のICT支出は2020-2021年にかけて約3.5%-4.5%増加すると推定されています。COVID-19の影響は短期的であると考えられています。ただし、最低8-2月間、ビジネスや予測に大きな影響を与える可能性があります。

メタデータ管理ツール市場セグメント

メタデータ管理ツール市場は、コンポーネント別(ツール、 サービス)、 メタデータタイプ別(ビジネスメタデータ、技術メタデータ、オペレーショナルメタデータ)、アプリケーション別(データガバナンス、リスク・コンプライアンス管理、インシデント管理,製品・プロセス管理、その他アプリケーション)、ビジネス機能別(人事、財務、マーケティング・セールス、法務、オペレーション)、 展開モード別(クラウド、オンプレミス)、 業種別(BFSI、小売・消費財、政府、テレコム・IT、ヘルスケア・ライフサイエンス、製造、エネルギー・公益事業、輸送・物流、その他業種、)、 地域別に分割されます。これらのセグメントは、さまざまな要因に基づいてさらにサブセグメント化され、各セグメントおよびサブセグメントの複合年間成長率、評価期間の市場価値およびボリュームなど、市場に関するいくつかの追加情報で構成されます。

コンポーネントに基づいて、ツールセグメントは、予測期間中に大きな市場規模を占めると予想されます。

コンポーネントに基づいて、メタデータ管理ツール市場は、ツールとサービスの 2 つのコンポーネントに分割されます。メタデータ管理ツールの導入は、さまざまな目的に役立つため、採用が増加しています。これらの目的には、北米およびヨーロッパの先進国の企業の内部または外部にある可能性のある機密データの違反に対するリソースの発見や厳格な違反ペナルティなどがあります。小売、製造、通信、IT、BFSIなど、すべての主要業種でメタデータ管理ツールの採用が拡大しており、これはメタデータ管理ツール市場の成長を促進しています。

アプリケーションに基づいて、リスク・コンプライアンス管理セグメントは、予測期間中に最大の市場規模を維持すると予想されます

アプリケーションに基づいて、メタデータ管理ツール市場は、データガバナンス、リスク・コンプライアンス管理、インシデント管理、製品およびプロセス管理などに分類されています。アプリケーションの中で、リスクおよびコンプライアンス管理セグメントは、予測期間中に最大の市場を占めると推定されています。組織は、リスク管理アプリケーションを使用して、リスクインテリジェンス機能を強化し、リスクエクスポージャーに対処します。

メタデータ管理ツール市場の地域概要

メタデータ管理ツール市場は地域に基づいてさらに細分化されており、各国の市場成長が評価されます。これらには、北米(米国、カナダ、およびその他の北米)、ヨーロッパ(ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、英国、およびその他のヨーロッパ)、アジア太平洋(中国、日本、インド、オーストラリア、シンガポール、およびその他のアジア太平洋)およびその他の地域が含まれます。

地域に基づいて、北米地域は予測期間中に最高の市場規模を保持しています

北米地域の市場は、予測期間中に最大の市場シェアを占めると推定されています。北米地域では、データ管理およびデータガバナンスソリューションは、ほとんどの組織および業種によって非常に効果的であると考えられています。一方、ヨーロッパは徐々にこれらの高度なソリューションを企業に組み込んでいます。デジタル化の進展と集中管理システムに対する需要の高まりにより、APACではメタデータ管理ツールの採用が大幅に増加しています。

メタデータ管理ツール市場の主要なキープレーヤー

メタデータ管理ツール市場主要なキープレーヤーには、 IBM (米国)、Microsoft (米国)、Oracle (米国)、SAP (ドイツ)、ASG Technologies (米国)、Adaptive (米国)、Cambridge Semantics (米国)、CentricMinds (オーストラリア)、Collibra (米国)、Data Advantage Group (米国)、Informatica (米国)、GlobalIDS (米国)、TopQuadrant (米国)、Atlan (シンガポール)、erwin (米国)、Infogix (米国)、Syniti (米国)、Smartlogic (米国)、Solidatus(イギリス)、Alation (米国)、Alex Solutions(オーストラリア)、Magnitude Software(米国)、Immuta (米国)、Data.World (米国)、and Zeenea (フランス)、などがあります。この調査には、メタデータ管理ツール市場におけるこれらの主要企業の詳細な競合分析、企業プロファイル、最近の動向、および主要な市場戦略が含まれています。

レポートのサンプルURL

https://www.sdki.jp/sample-request-115239

SDKI Inc.会社概要

SDKI Inc.の目標は、日本、中国、米国、カナダ、英国、ドイツなど、さまざまな国の市場シナリオを明らかにすることです。また、リサーチアナリストやコンサルタントの多様なネットワークを通じて、成長指標、課題、トレンド、競争環境など、信頼性の高いリサーチインサイトを世界中のクライアントに提供することに重点を置いています。SDKIは、30か国以上で信頼と顧客基盤を獲得しており、他の手つかずの経済圏での足場を拡大することにさらに注力しています。

Contact info

[ 本件に関するお問い合わせ下記まで]

SDKI.Inc

電話:+ 81 50 50509159  

Eメール:sales@sdki.jp