banner

インテリジェントパワーモジュール市場ー業界洞察、主要プレーヤー・企業別、成長機会別、最新傾向別、開発別、主要な成長ドライバー別、主要な課題別によってセグメンテーション、予測 2031年

お客様の要件 についてお知らせください。
インテリジェントパワーモジュール市場ー業界洞察、主要プレーヤー・企業別、成長機会別、最新傾向別、開発別、主要な成長ドライバー別、主要な課題別によってセグメンテーション、予測 2031年

インテリジェントパワーモジュール市場は、2031年までに47.9億米ドルに達すると推定され、2022-2031年の予測期間中に8%のCAGRで成長すると予想されています。

調査レポートの詳細内容について

https://www.sdki.jp/reports/intelligent-power-module-market/110450

インテリジェントパワーモジュール(IPM)は、ゲートドライブと保護回路が統合されたIGBTやMOSFETなどのパワーデバイスで構成される電子デバイスです。これらのモジュールは電力管理システムに組み込まれており、短絡や過熱による損傷から自己保護する機能を実現します。IPMの設計上の特徴により、IPMは主に家電製品で使用されており、効率と信頼性が向上しています。インテリジェントパワーモジュール(IPM)は、再生可能エネルギーの生成、家電製品、電気自動車など、複数のアプリケーションで広く使用されています。さらに、これは、モーター制御アプリケーションの電源障害検出にも使用されます。また、T&D損失を削減するための絶え間ない努力は、今後数年間で、世界のインテリジェントパワーモジュール市場に大きな影響を与えると予想されます。

エネルギー生成のための化石燃料の高い利用による温室効果ガス(GHG)、特にCO2の排出量の増加は、今後数年間で風力や太陽光などの再生可能エネルギーの需要を増大させる可能性があります。さらに、発展途上国における電力需要の増加は、再生可能エネルギーの生成に焦点を移しています。この需要の高まりにより、太陽光発電インバーター、マイクロインバーター、風力タービンインバーターの使用が増える可能性があり、インテリジェントパワーモジュールは不可欠なコンポーネントです。したがって、世界中の再生可能エネルギー生成の増加は、予測期間中に世界のインテリジェントパワーモジュール市場の成長を促進すると予想されます。

過去数年間で、世界中、特にヨーロッパで電気自動車の開発が大幅に増加しています。それは著名で評判の良い自動車メーカーのハブであるためです。電気自動車業界のこの目覚ましい成長は、CO2排出量に関する世界中の政府による厳しい規制、と人々の環境に対する意識の高まりに起因しています。電気自動車の人気が高まるにつれ、技術は進化してきました。高密度パワーモジュールは、電気自動車の電力管理回路とモータードライブに統合されており、車両の信頼性と効率を高め、システムのサイズとコストを最小限に抑えています。したがって、電気自動車(EV)とハイブリッド電気自動車(HEV)の採用の増加により、今後数年間で、世界のインテリジェントパワーモジュール市場に成長の機会が生まれると推定されています。

インテリジェントパワーモジュール市場セグメント

インテリジェントパワーモジュール市場は、パワーデバイス別(IGBTおよびMOSFET)、定格電流別(100 A未満、100 Aー600 A、および600 A以上)、動作電圧別(600 V、1,200 V、その他)、回路構成別(6パック(C)、7パック(R)、その他)、アプリケーション別(再生可能エネルギー発電、家電製品、電気自動車、サーボドライブなど)、エンドユーザー別(産業、商業、住宅)、および地域別に分割されます。これらのセグメントは、さまざまな要因に基づいてさらにサブセグメント化され、各セグメントおよびサブセグメントの複合年間成長率、評価期間の市場価値およびボリュームなど、市場に関するいくつかの追加情報で構成されます。

インテリジェントパワーモジュール市場の地域概要

インテリジェントパワーモジュール市場は地域に基づいてさらに細分化されており、各国の市場成長が評価されます。これらには、北米(米国、カナダ、およびその他の北米)、ヨーロッパ(ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、英国、およびその他のヨーロッパ)、アジア太平洋(中国、日本、インド、オーストラリア、シンガポール、およびその他のアジア太平洋)およびその他の地域が含まれます。

アジア太平洋地域は、予測期間中に世界のインテリジェントパワーモジュール市場の大幅なシェアを保持すると推定されます。これは、この地域での電子自動車の普及が進んでいるためです。たとえば、IEA(国際エネルギー機関)によると、2018年には、中国が世界の電気自動車全体の約45%を占めていました。さらに、この地域のインテリジェントパワーモジュール市場は予測期間中に最大CAGRで拡大すると予想されます。これは主に、電気自動車や家電製品でのインテリジェントパワーモジュールの採用の増加によるものです。また、地域全体に多数のメーカーが存在するため、アジア太平洋地域のインテリジェントパワーモジュール市場は、今後数年間で、より多くの革新と発展を目の当たりにすることが期待されています。

インテリジェントパワーモジュール市場の主要なキープレーヤー

インテリジェントパワーモジュール市場の主要なキープレーヤーには、Mitsubishi Electric Corp.、Fuji Electric Co., Ltd.、SEMIKRON International GmbH、Infineon Technologies AG、ON Semiconductor Corporation、STMicroelectronics N.V.、ROHM Co., Ltd.、Sanken Electric Co., Ltd.、Microchip Technology Inc.などがあります。この調査には、インテリジェントパワーモジュール市場におけるこれらの主要企業の詳細な競合分析、企業プロファイル、最近の動向、および主要な市場戦略が含まれています。

レポートのサンプルURL

https://www.sdki.jp/sample-request-110450

SDKI Inc.会社概要

SDKI Inc.の目標は、日本、中国、米国、カナダ、英国、ドイツなど、さまざまな国の市場シナリオを明らかにすることです。また、リサーチアナリストやコンサルタントの多様なネットワークを通じて、成長指標、課題、トレンド、競争環境など、信頼性の高いリサーチインサイトを世界中のクライアントに提供することに重点を置いています。SDKIは、30か国以上で信頼と顧客基盤を獲得しており、他の手つかずの経済圏での足場を拡大することにさらに注力しています。

Contact info

[ 本件に関するお問い合わせ下記まで]

SDKI.Inc

電話:+ 81 3 45720790  

Eメール:sales@sdki.jp